インデックス投資日記@川崎

2007年から始めたインデックス投資の記録です。投資信託やETFを使って低コストで日本、先進国、新興国株式への国際分散投資を行っています。2019年にアーリーリタイア(FIRE)しました。現在はeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)をメインに積立中です。

TAG

tag: iFreeインデックスシリーズ  1/1

iFreeインデックスシリーズ 全16ファンドの信託報酬とベンチマーク一覧

iFreeインデックスシリーズ 全ファンドの信託報酬、ベンチマークを最新版に更新します。<2022年5月3日に最新情報に更新しました。>...

  • -
  • 0

iFreeインデックスシリーズのうち6ファンドが信託報酬最安値に引下げへ

低コストインデックスシリーズの1つであるiFreeインデックスシリーズのうち、6ファンドの信託報酬が10月2日より引き下げられます。その結果、6ファンドとも信託報酬が(各資産クラス別で)最安値となります!...

  • -
  • 0

iFreeインデックスシリーズ マネックス証券でもノーロードで取扱開始

超低信託報酬のiFreeインデックスシリーズ12本が、SBI証券と楽天証券に続いて、9月30日よりマネックス証券でも購入できるようになりました。もちろんノーロードです。...

  • -
  • 0

iFreeインデックスシリーズ SBI証券と楽天証券にてノーロードで本日取扱開始

超低信託報酬のiFreeインデックスシリーズ12本が、本日9月8日に設定され、事前告知通りSBI証券と楽天証券にて一般購入できるようになりました。(もちろんノーロード)...

  • -
  • 0

iFreeインデックスシリーズのプレスリリース発表 SBI証券と楽天証券でノーロードで発売へ

超低信託報酬のiFreeインデックスシリーズ12本 大和証券投資信託委託が新規設定でお伝えしたiFreeインデックスシリーズについて、大和投資信託からも正式にプレスリリースが出ました。投資家(Investors)が⾃由(Free)に選べるインデックスファンドとして、普通にノーロード(購入手数料無料)で当初はSBI証券と楽天証券で購入できるようです。...

  • -
  • 2

超低信託報酬のiFreeインデックスシリーズ12本 大和証券投資信託委託が新規設定

大和証券投資信託委託が、超低コストのインデックスファンド「iFreeシリーズ」12本を新規設定します。そのうち、iFree TOPIXインデックス(信託報酬0.19%)やiFree 外国株式インデックス(信託報酬0.21%)等11本が既存インデックスファンドと同一または低い信託報酬と、たわらノーロードシリーズやニッセイインデックスシリーズをも下回る超低コストのインデックスシリーズです。既にアウター・ガイさんが記事にされています。 ...

  • -
  • 0