インデックス投資日記@川崎

2007年から始めたインデックス投資の記録です。投資信託やETFを使って低コストで日本、先進国、新興国株式への国際分散投資を行っています。2019年にアーリーリタイア(FIRE)しました。現在はeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)をメインに積立中です。

CATEGORY

category: ステート・ストリート  1/1

MSCI ACWIの日本:先進国:新興国の浮動株調整時価総額比率

全世界株式インデックス・ファンドはMSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス(ACWI) をベンチマークとする全正解株式インデックスファンドです。2017年9月8日に設定され、これ1本で、日本株式、先進国株式、新興国株式に幅広く投資できます。全世界株式インデックスファンドの初の月報から、ACWIの地域別構成比率である日本:先進国:新興国の浮動株調整時価総額比率がわかったので紹介します。...

  • -
  • 0

全世界株式インデックス・ファンドがSBI証券とマネックス証券で購入可能に!

全世界株式インデックス・ファンドは、ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズが運用する日本、先進国、新興国株式に1ファンドで丸ごと投資できる初のインデックスファンドです。設定日である9月8日以降に一般販売されるかどうか様子見していたところ、SBI証券とマネックス証券で購入できるようになりました。...

  • -
  • 0

日本、先進国、新興国株式に丸ごと投資できる「全世界株式インデックス・ファンド」が登場 

ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズが、MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(ACWI)をベンチマークとする全世界株式インデックス・ファンドを新規に設定します。これ1本で日本、先進国、新興国株式に1本で投資できる初のインデックスファンドです。既に以下のようにブロガーの皆さんも記事にされています。 ステート・ストリートがMSCI ACWI連動型インデックスファンドを新規設定 | バリュートラ...

  • -
  • 0

超低信託報酬のステート・ストリートインデックスシリーズはラップサービス用でした(終了)

ステートストリートインデックスシリーズは、たわらノーロードシリーズやニッセイインデックスシリーズよりも信託報酬の低い8つのインデックスファンドです。2016年5月9日より新規に設定されるということで期待していましたが、ネット証券含む一般販売ではなく、楽天証券のラップ口座に採用されるファンドというがっかりな結果でした。...

  • 0
  • 0

ステート・ストリートが超低信託報酬のインデックスファンド8本を5月9日に新規設定

ステート・ストリートが、新たに(たわらノーロードシリーズやニッセイインデックスシリーズをも下回る)超低コストのインデックスシリーズを設定します。例えば、ステート・ストリート先進国株式インデックス・オープンは信託報酬0.21%(税抜)と低く、特にステート・ストリート新興国株式インデックス・オープンは信託報酬0.29%(税抜)と驚異の低コストです。既にアウター・ガイさんが記事にされています。 ステート・ストリ...

  • 5
  • 0