インデックス投資日記@川崎

2007年から始めたインデックス投資の記録です。投資信託やETFを使って低コストで日本、先進国、新興国株式への国際分散投資を行っています。2019年にアーリーリタイア(FIRE)しました。現在はeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)をメインに積立中です。

CATEGORY

category: その他  1/3

【信託報酬4.125%】あい・パワーファンド が行政処分により6月9日に繰上償還されました

信託報酬が年4.125%(税込)もかかる超超高コストファンド、あい・パワーファンド (愛称:iパワー)が金融庁から行政処分を受け、繰上償還されました。...

  • -
  • 0

グローバル3倍3分法ファンド 債券部分の「元本部分」は為替変動の影響なし

グローバル3倍3分法ファンドは先物取引を活用し、純資産の3倍(300%)の投資を行うバランスファンドです。全体の2/3(200%)を占める債券部分のうち、日本国債の40%を除く160%は海外4ヶ国の国債が占めますが、債券先物取引により、その部分の為替リスクは極めて限定されているとのこと。内容を確認します。...

  • -
  • 0

あい・パワーファンド 信託報酬4.125%(税込)の超高コストファンドを紹介

あい・パワーファンド (愛称:iパワー)という信託報酬4.125%(税込)に加えて成功報酬もかかる超超高コストファンドを見つけたのでネタとして紹介します。...

  • -
  • 0

オリックス 先進国株式マーケット・プラス・ファンド等3ファンドをオリックス銀行が販売へ

オリックス銀行がノーロードのアクティブファンド3本を2018年5月28日より販売します。各ファンドの運用方針やコストを確認します。既にすぱいくさんが記事にされています。 オリックス銀行が投資信託の取扱スタートでまずはロべコの運用戦略を組入れた3本のノーロード型アクティブファンドを販売開始【2018年5月28日から】 | 1億円を貯めてみよう! chapter2...

  • -
  • 0

ひとくふう世界国債ファンド(為替ヘッジあり)が信託報酬0.25%のアクティブファンドとして登場

信託報酬0.25%(税抜)のノーロードの為替ヘッジ付世界債券アクティブファンドであるひとくふう世界国債ファンド(為替ヘッジあり)が4月13日より登場します。ひとくふうシリーズ第2弾として、ひとくふう日本株式ファンド(信託報酬0.25%)に続く低コストアクティブファンドです。...

  • 0
  • 1

ノーロード世界株式トップフォーカス 日興アセットのノーロードシリーズとして新たに登場

「日興アセットのノーロードシリーズ登場」のお知らせをみかけ、新しい低コストインデックスファンドシリーズの登場かと一瞬期待しました。よく見ると「アクティブファンド型のノーロードシリーズが登場する」というプレスリリースでした。同シリーズとして、日本を含む世界株式に投資するノーロードのアクティブファンド、ノーロード世界株式トップフォーカスが3月31日に設定されます。...

  • 2
  • 0