インデックス投資日記@川崎

2007年から始めたインデックス投資の記録です。投資信託やETFを使って低コストで日本、先進国、新興国株式への国際分散投資を行っています。2019年にアーリーリタイア(FIRE)しました。現在はeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)をメインに積立中です。

CATEGORY

category: 先進国株式  2/4

S&P500 組入銘柄の採用基準や業種別構成比率、組入上位銘柄等のまとめ

S&P500は、米国株式市場の値動きを表す指数の1つで、単に時価総額の大きい銘柄で構成されているのではなく、流動性や財務健全性などを満たす米国大型株約500銘柄で構成されています。S&P500の組入銘柄採用基準と業種別構成比率、上位10銘柄の組入構成比率をまとめます。<記事新規作成日: 2021年6月6日。 最終更新日: 2023年5月14日>...

  • -
  • 0

あったら買ってもいいと思うバランスファンド

NightWalkerさんが「あったら買ってもいいかなと思うバランスファンド」を記事にされています。 こんなバランスファンドがあったら買ってしまうかもしれない  |  NightWalker's Investment Blog私もあったら購入を検討するバランスファンドを2つ考えてみました。...

  • -
  • 0

FTSE Kaigai Indexの国別構成比率(2015年1月末)

Image: FreeDigitalPhotos.netEXE-i グローバル中小型株式ファンド等3ファンドが投資対象ETF or 参考指標を変更 にてお伝えしたように、EXE-i先進国株式ファンドの参考指標が今までのMSCI KOKUSAIインデックスからFTSE Kaigai・インデックスに変更されました。両インデックスとも、日本を除く海外先進国株式を対象とする先進国株式指数です。FTSE Kaigai・インデックスの国別構成比率を確認し、MSCI KOKUSAIインデックスとの違い...

  • 0
  • 1

ヘッジ付先進国株式インデックスオープン 信託報酬最安だがラップ口座専用

Image: FreeDigitalPhotos.netヘッジ付先進国株式インデックスオープンが信託報酬最安かつノーロードで登場でお伝えした「ヘッジ付先進国株式インデックスオープン」は、為替ヘッジ付の先進国株式インデックスファンドとしては信託報酬年0.50%と最安のファンドです。6月27日に設定されたばかりで当初の取扱いは三菱UFJ信託銀行のみとのことだったので、販売会社が増えていないか三菱UFJ投信のサイトを確認したところ、残念ながら...

  • 0
  • 0

ヘッジ付先進国株式インデックスオープンが信託報酬最安かつノーロードで登場

為替ヘッジ付の先進国株式インデックスファンドとして信託報酬最安となる「ヘッジ付先進国株式インデックスオープン」がeMAXISインデックスシリーズを運用している三菱UFJ投信から新たに登場します。既にみなさん記事にされています。 ダークホース?  先進国株式 ・為替ヘッジ型 最安信託報酬ファンド 6月27日設定 | 【M】マネーの作法 [投信] ヘッジ付先進国株式インデックスオープン | かえるの気長な生活日記...

  • 2
  • 0

先進国株式インデックス 国別構成比率の確認(2014年1月)

Image: FreeDigitalPhotos.netMSCI-KOKUSAIインデックスは、日本を除く先進国株式の代表的な指数です。先進国株式インデックスファンドのベンチマークとして使われています。先進国株式(MSCI-KOKUSAIインデックス)国別構成比(13年5月)を更新し、国別構成比率を再確認します。前回と比べギリシャが外れ、全22ヵ国構成となっています。...

  • 0
  • 0