インデックス投資日記@川崎

2007年から始めたインデックス投資の記録です。投資信託やETFを使って低コストで日本、先進国、新興国株式への国際分散投資を行っています。2019年にアーリーリタイア(FIRE)しました。現在はeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)をメインに積立中です。

CATEGORY

category: ACWI  1/3

MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス(ACWI)  国別、業種別、地域別構成比率のまとめ

MSCIエマージング・マーケット・インデックスから2022年3月9日にロシアが除外され、全世界株式指数であるMSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス(ACWI)は計48ヶ国構成から47ヶ国構成になっています。ACWIの国別構成比率や業種別構成比率、日本、先進国、新興国の地域別構成比率の情報を最新版に更新し、新規情報を追加しています。<記事新規作成日: 2019年11月6日。 最終更新日: 2024年2月2日>...

  • -
  • 0

インデックスファンドMSCIオール・カントリー(全世界株式) トレカンの高コスト版が登場

インデックスファンドMSCIオール・カントリー(全世界株式)が、Tracers MSCIオール・カントリー・インデックス(全世界株式)と同じ2023年4月26日に設定されました。...

  • -
  • 0

Tracers MSCIオール・カントリー・インデックス(全世界株式) 超低コストACWIインデックスファンドのまとめ

Tracers MSCIオール・カントリー・インデックス(全世界株式)は、2023年4月26日に設定されたばかりの全世界株式インデックスファンドです。信託報酬0.0525%(税抜)と超低コストであることが最大の特徴です。Tracers MSCIオール・カントリー・インデックス(全世界株式)について過去記事も含めてポイントをまとめます。<最終更新日: 2023年5月1日>...

  • -
  • 0

Tracers MSCIオール・カントリー・インデックス(全世界株式) コスト最安をめざすのか等日興アセットへの取材記事

Tracers MSCIオール・カントリー・インデックス(全世界株式)が指数使用料を信託報酬に含めないのはなぜか、コスト最安をめざすのかなど日興アセットマネジメントに取材した記事がありました。...

  • -
  • 0

Tracers MSCIオール・カントリー・インデックス(全世界株式)がオルカンの約半分の信託報酬で登場

日興アセットマネジメントが、MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス(税引後配当込み)をベンチマークとするTracers MSCIオール・カントリー・インデックス(全世界株式)を2023年4月26日に設定します。ACWIインデックスファンドとして信託報酬0.0525%(税抜)と、従来のeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)(信託報酬0.104%(税抜)の約半分の超低コストな点が特徴です。...

  • -
  • 0

米国株式 vs 全世界株式 どちらを選ぶべきか過去データや特徴を比較した記事の紹介

SBI証券の投資情報メディアに「米国株式 vs 全世界株式 2023年を考える」として、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)とeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)のデータや特徴を比較した記事がありましたので紹介します。...

  • -
  • 0