インデックス投資日記@川崎

2007年から始めたインデックス投資の記録です。投資信託やETFを使って低コストで日本、先進国、新興国株式への国際分散投資を行っています。2019年にアーリーリタイア(FIRE)しました。現在はeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)をメインに積立中です。

CATEGORY

category: フロンティア株式  1/4

MSCIフロンティア・マーケット・インデックス 国別、業種別構成比率、組入上位銘柄等のまとめ

MSCIフロンティア・マーケット・インデックス (MSCI Frontier Market Index)の国別構成比率や業種別構成比率、組入上位銘柄をまとめます。...

  • -
  • 0

MSCI スタンドアローン・マーケット・インデックス 構成国の確認

MSCI スタンドアローン・マーケット・インデックス(MSCI Standalone Market Index、スタンドアローン市場指数)は、MSCI社が投資可能と規定する「最低限の流動性、投資規制」を満たしていない国が分類されている指数です。2022年3月9日にMSCI スタンドアローン・マーケット・インデックスにロシアが追加されました。MSCI スタンドアローン・マーケット・インデックスの詳細を確認します。...

  • -
  • 0

MSCI フロンティア・マーケット100インデックス クウェート除外によりベトナムが組入1位へ

フロンティア・マーケット100インデックスで組入比率1位だったクウェートがMSCIエマージング・マーケット・インデックスに格上げされたため、MSCI フロンティア・マーケット100インデックスの国別構成比率を確認します。...

  • -
  • 0

MSCI社がウクライナをスタンドアローン市場に移行(2015年9月より)

Image: FreeDigitalPhotos.netMSCI社が今月9月にウクライナをフロンティアマーケット指数からスタンドアローン市場指数に格下げしました。 Consultation: Reclassification of MSCI Ukraine Index  (英語版PDF)スタンドアローン市場指数は、「MSCI社が定める最低限の流動性を満たしていない、外国からの投資規制がある」などフロンティアマーケット指数の基準も満たせていない国が分類されます。スタンドアローン市場指数につ...

  • 0
  • 0

MSCIフロンティア100の国別構成比率と他市場との時価総額比の確認

Image: FreeDigitalPhotos.netMSCI フロンティア・マーケット100インデックス(MSCIフロンティア100)は、(MSCIの新興国株式指数のさらに下のフロンティア株式指数である)MSCI フロンティア・マーケット・インデックスの構成銘柄の中で、時価総額と流動性を基準として選出された上位約100銘柄で構成されています。MSCI フロンティア・マーケット100インデックス(MSCIフロンティア100)の現在の国別構成比率や世界に占める時価総...

  • 2
  • 0

MSCIフロンティア100 カタールとUAEが移行中の国別構成比率を確認

MSCIフロンティア100 カタールとUAEは新興国に段階的移行へにてお伝えしたように、カタールとUAE(アラブ首長国連邦)が5月から7ヶ月かけてフロンティア株式指数から新興国株式指数に段階的に組入れが進むことになっています。まだ移行の途中段階ですが、フロンティア株式指数(MSCI フロンティア・マーケット100インデックス)の現在の国別構成比率を確認します。<最終更新日:2022年4月17日>...

  • 0
  • 0