インデックス投資日記@川崎

2007年から始めたインデックス投資の記録です。投資信託やETFを使って低コストで日本、先進国、新興国株式への国際分散投資を行っています。2019年にアーリーリタイア(FIRE)しました。現在はeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)をメインに積立中です。

ARCHIVE

archive: 2019年01月  1/2

主要ネット銀行の定期預金キャンペーン金利比較一覧 (2019年1月版)

大手ネット銀行の住信SBIネット銀行や楽天銀行、ソニー銀行、オリックス銀行などの現在の定期預金キャンペーン金利をまとめました。...

  • -
  • 0

eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)と国内株式(日経平均)が信託報酬を年0.155%に引下げへ

Smart-i TOPIXインデックスの信託報酬の最安への引下げに対抗し、eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)とeMAXIS Slim 国内株式(日経平均)も同一の信託報酬まで引下げます。...

  • -
  • 0

投資をもし今から始める場合はeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)1本にしたい

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)は、eMAXIS Slimシリーズの1つで、日本を含む先進国、新興国株式にこれ1本で丸ごと投資できる全世界株式インデックスファンドです。2018年10月31日より運用が始まりました。自分が今から投資を始めるのであればこれ1本でいいなと思い、実際に現在は本ファンドに積立投資しています。 ...

  • -
  • 0

Smart-i TOPIXインデックス他、Smart-iシリーズの中の3ファンドが信託報酬を最安に引下げへ

りそなアセットマネジメントが運用する「Smart-iシリーズ」の中の以下3ファンドの信託報酬が2月26日より引下げられ、信託報酬最安となります。Smart-i TOPIXインデックスSmart-i 先進国債券インデックス(為替ヘッジなし)Smart-i 先進国債券インデックス(為替ヘッジあり)...

  • -
  • 0

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018」 11位から20位のまとめ

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018」のトップ10に続き、11位から20位までのファンドをまとめます。...

  • -
  • 0

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018」 はeMAXIS Slim 先進国株式インデックスが受賞

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018」の表彰式が本日あり、投票結果が判明しました。投票結果トップ10をまとめます。...

  • -
  • 0

三井住友・DC日本リート、三井住友・DC外国リートインデックスファンドが18年11月に信託報酬引下げ

三井住友DCインデックスシリーズの中の「三井住友・DC日本リートインデックスファンド」と「三井住友・DC外国リートインデックスファンド」の2ファンドが、2018年11月22日に信託報酬をそれぞれ年0.01%引下げました。結果、三井住友・DC日本リートインデックスファンドは信託報酬0.25%(税抜)、三井住友・DC外国リートインデックスファンドは信託報酬0.27%(税抜)にそれぞれ引下げられています。お知らせが遅れましたが、いま...

  • -
  • 0

現在のアセットアロケーションと保有全ファンド・ETF一覧(2019年1月)

現在のアセットアロケーションと保有全ファンド・ETF一覧(2018年7月)でお伝えしたアセットアロケーション(資産配分)と保有商品一覧を最新版に更新します。...

  • -
  • 0