Top Page > 指数 > 先進国債券 > 旧中央三井外国債券インデックスファンドを利確のため全売却

旧中央三井外国債券インデックスファンドを利確のため全売却

各種ユーロ紙幣
Euros Isolated on White Background / Images_of_Money


ブログ開始前の投資当初に購入して約5年保有していた外国債券インデックスファンド(旧中央三井外国債券インデックスファンド)を2月1日に売却しました。

利益確定と先進国債券クラスの比率を下げることを目的とした売却です。


売却ファンド

・先進国債券(@ソニー銀行)
  外国債券インデックス




外国債券インデックスファンドは旧中央三井外国債券インデックスファンド

住信アセットマネジメント株式会社と中央三井アセットマネジメント株式会社の合併に伴うファンド名称等の変更について 2012年2月22日 (PDF)

住信アセットマネジメントと中央三井アセットマネジメントとの合併により、STAMインデックスやCMAMインデックスファンドシリーズの名称変更と同一タイミングで中央三井インデックスシリーズは、「中央三井」の冠が取れています。


外国債券インデックスファンド(信託報酬0.735%)は、以前は数少ない低コストの先進国債券インデックスファンドとしてソニー銀行で購入手数料1.05%を払って投資開始当初に小額を購入しました。
(現在はノーロード(販売手数料無料)で購入可能です)

現在は、SMT、eMAXISインデックス等6シリーズ実質コスト比較 (13年1月) でもまとめているようにより低コストのインデックスファンドが揃っているため、この信託報酬では魅力がなくなっています。




先進国債券クラスの投資比率引下げ

このところのユーロ円レートが127円近くまで上昇したこともあり、通貨比率の過半数がユーロ建ての外国債券インデックスも基準価額が急上昇しています。

関連記事

 先進国国債インデックスに南アフリカ組入へ(2012年10月より)


三菱UFJ世界国債インデックス(年1回決算)の全売却・利益確定 に続く、外国債券インデックスファンドの売却となりました。

売却金額が確定していませんが、リターンは約6%程度となる見込みです。


先月末の資産配分比率 にあるようにリスク資産に占める先進国債券クラスの比率は1.9%となっており、たいした比率で先進国債券を保有しているわけではありません。

ただ理論的には外国債券も日本債券と同じ期待リターンしかないため、さらに先進国債券比率を引下げ、状況によってはゼロでも良いと考えています。

外国債券クラスの保有については以前から悩み中ですが、資産に占める比率も低いため、気長に検討を進めます。


Facebookでも記事更新をお知らせしています。
 インデックス投資日記@川崎 Facebookページ
関連記事



【theme : インデックス投資
【genre : 株式・投資・マネー

tag : 中央三井外国債券インデックスファンド

⇒comment

Secret

積立投資について。

いつも、分かりやすい情報をありがとうございます。こちらのブログを拝見するようになり、少額ながらインデックス積立を始めました。最初はマイナス・プラスがぱらぱらとありましたが、最近の上昇でプラスに転じています。
始めたばかりで少額積立のため、利益と言えるほどではありませんが、最近コツコツ投資の揺らぎが出てきました。もし、このままのプラスがいつか、大きな下落になりマイナスになるなら、いっそ売却して利益確定するべきなのか・・です。
インデックス投資は売却は「一切なし」ではないと思いますが、売却=確定をせずに、ずっと積み立てていくものなのでしょうか?ちなみに、アセットアロケーションなどは、分からないので、やっておりません。
すいません、始めたばかりで急に利益が出たので、今後どうしたらいいのか悩んでいます。

>ひかりさん
私も純粋なバイアンドホールドでなく、売却していますよ。
頻繁な売り買いは税金もかかるので効率的ではなくなりますが、不安なら一部利益確定してもよいかと。

ただ、相場下落しても逆に喜んで下がった時に買い増すくらいの気持ちでないと、リスクの取りすぎの可能性があります。

始めたばかりで小額であれば、そのまま積立継続でも良いかと思います。

ありがとうござます

ご回答ありがとうございます!
コツコツと思いながらも、つい考えを巡らせてしまいました。
焦らずもう少し勉強をしながら保有しようと思います。

資産分散やリバランス・・・覚えるべきことがまだまだ沢山です。
これからもブログを拝見させていただき、勉強させて頂きます。
ありがとうございました。
プロフィール

kenz

Author:kenz
川崎在住の40代サラリーマンのkenz (けんず)です。
妻(専業主婦)と二人です。2007年からはじめたインデックス投資の日々を記録します。

FacebooktwitterGooglePlusRSS

follow us in feedly


【メディア掲載履歴】
・東証 マネ部!にインデックス投資手法と投資に対する考え方の記事が掲載”
・「東証 マネ部!」と「webR25」初心者にオススメの投資先”
・東証 マネ部! 人気投資ブロガーが推奨する“初心者向け投資法”
・BIG tomorrow2016年12月号増刊
・BIG tomorrowマネー2016年10月号
・ビッグトゥモロウ2016年8月号
・日経ヴェリタス 2016年2月14日号
・ザイ・オンライン2016年1月13日
・Yen SPA! (エンスパ) 2016年 冬号
・日経ヴェリタス2015年11月15日号
・週間SPA!(スパ!) 2015年10/27号
・日経ヴェリタス2015年4月5日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2015年 冬号
・日経ヴェリタス2014年7月6日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2014年 夏号
・Yen SPA! (エンスパ) 2013年 夏号
・日経ヴェリタス2012年6月24日号
・日経ヴェリタス2012年4月29日号
・ネットマネー2012年6月号
・読売新聞2012年1月5日朝刊
・ビッグトゥモロウ11年12月号
・『THE21』2011年10月号
・Yen SPA (エンスパ)2011年夏号


【リンク】
当ブログはリンクフリーです。どの記事もご自由にリンク下さい。

メール(管理人への連絡はこちら)

クリックでメールフォームを表示

カテゴリ


最新記事
検索 (ブログ or Web内)
カスタム検索
スポンサーリンク
カウンター
注意事項
最終的な投資判断については自己責任でお願いいたします。未来は予見できないため、当ブログ内の情報により被った損害について一切の責任を負いかねます。
スポンサー リンク
Facebook
月次ページランキング
ブログパーツ
はてなブックマーク
月別アーカイブ
逆アクセスランキング



他の多くのお役立ち投資関連ブログは以下からどうぞ。
人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
厳選相互リンク
fx 比較