Top Page > 記事感想 > 公的年金、新興国株に投資へ 10年度にも、利回り向上狙う

公的年金、新興国株に投資へ 10年度にも、利回り向上狙う

新興国株式市場
Emerging Markets Now / markhillary


本日のNIKKEI NETさん記事です。日経新聞にも同内容が載っています。

我々の国民年金を運用するGPIFが、先進国株式だけでなく、新たに新興国株式にも投資する検討に入ったとの内容です。


日経新聞記事 

公的年金の積立金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2010年度にも新興国・地域の株式に投資する検討に入った。中国やインドなど先進国より高い経済成長を期待できる国に投資対象を広げ、運用利回りの向上を目指す。09年度中に新たな運用資産の構成を決める。国内債券に偏った資産構成を見直し、新興国株式を債券運用などを補完する投資の中核と位置づける狙いだ。

 GPIFは約150兆円の公的年金積立金のうち約92兆円(3月末)を市場で運用している。資産構成は国内債券が67%を占め、国内株式12%、外国債券11%、外国株式10%と続く。ただ外国株式はこれまで原則として先進22カ国のみに限定していた。




所感

リスク
Risk / The Fayj


従来投資していなかった新興国株式へも投資を行うのは利回り向上、分散効果のためにも有効です。
ただ、利回り向上=リスク(ぶれ)増大 なので、最近の下落程度でこれだけビービー騒いでいるマスコミ含め耐えられない人もいることが問題と考えます。

周囲の雑音に惑わされず、決定した配分を守って新興国株式に低コストで投資し続けてくれることを期待します。


関連記事

 [2010.10.11追記]
 公的年金、新興国株にも投資



[2011.09.23追記] 以下追記。

終わりに

個人の場合、新興国株式への投資は低コストの新興国株式インデックスでよいと考えます。
現在最も低コストな新興国株式インデックスファンドは以下です。
 
 eMAXIS新興国株式インデックス

関連記事

 各資産クラス毎の実質コスト最安インデックスファンドまとめ
 新興国株式インデックス 国別構成比(2011年6月末)

 [2012.10.04追記]
 SMT、eMAXIS、CMAM、Funds-i インデックスファンド実質コスト比較 (2012年6月更新)
関連記事



【theme : 資産運用
【genre : 株式・投資・マネー

tag : 年金積立金管理運用独立行政法人 GPIF 新興国株式

⇒comment

Secret

おつかかれ様です。

書き込みます。新興国・・への投資とのことですが、インドなどは一日でマイナス10%やプラス10%などの動きを見せるので、新興国は正直難しいのかな??っと感じます。

上海も、バブル期にものすごいおかしなお金の使い方をする人が出てきました。

正直、新興国は不安です。

そういったところを見極めたうえで、GPIFには運用してほしいと思います。

>矢向さん
コメントありがとうございます。
GPIFの場合、個人同様に、ドルコスト的な資金投入になりますので、新興国クラス自体の短期の振れの大きさは私としてはそれほど気にしていませんが、そのリスク(振れ)よりもリターンのほうが気になります。
もちろん新興国の市場の小ささや売買コストが大きいことは注意が必要と思います。
個人的には、ホールド自体では価値を生まないコモディティあたりに資金投入されるよりよほど新興国投資のほうがよいと考えています。
プロフィール

kenz

Author:kenz
川崎在住の40代サラリーマンのケンズ (kenz)です。
妻(専業主婦)と二人です。2007年からはじめたインデックス投資の日々を記録します。

FacebooktwitterRSS

follow us in feedly



【メディア掲載履歴】
・【完全ガイドシリーズ255】投資信託完全ガイド
・Yen SPA! (エンスパ) 2019年 夏号
・ダイヤモンド・ザイ 2019年7月号
・ほったらかし投資完全ガイド 最新版
・ITmedia 個人投資家列伝
・Yen SPA! (エンスパ) 2019年 冬号
・株&投資信託大全
・投資信託完全ガイド
・日経ヴェリタス 2018年6月3日号
・日本経済新聞電子版 投信コラム
・「ほったらかし投資完全ガイド」
・東証 マネ部!にインデックス投資手法と投資に対する考え方の記事が掲載”
・「東証 マネ部!」と「webR25」初心者にオススメの投資先”
・東証 マネ部! 人気投資ブロガーが推奨する“初心者向け投資法”
・BIG tomorrow2016年12月号増刊
・BIG tomorrowマネー2016年10月号
・ビッグトゥモロウ2016年8月号
・日経ヴェリタス 2016年2月14日号
・ザイ・オンライン2016年1月13日
・Yen SPA! (エンスパ) 2016年 冬号
・日経ヴェリタス2015年11月15日号
・週間SPA!(スパ!) 2015年10/27号
・日経ヴェリタス2015年4月5日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2015年 冬号
・日経ヴェリタス2014年7月6日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2014年 夏号
・Yen SPA! (エンスパ) 2013年 夏号
・日経ヴェリタス2012年6月24日号
・日経ヴェリタス2012年4月29日号
・ネットマネー2012年6月号
・読売新聞2012年1月5日朝刊
・ビッグトゥモロウ11年12月号
・『THE21』2011年10月号
・Yen SPA (エンスパ)2011年夏号


【リンク】
当ブログはリンクフリーです。どの記事もご自由にリンク下さい。

メール(管理人への連絡はこちら)

クリックでメールフォームを表示

カテゴリ


最新記事
検索 (ブログ or Web内)
カスタム検索
スポンサーリンク
カウンター
注意事項
最終的な投資判断については自己責任でお願いいたします。未来は予見できないため、当ブログ内の情報により被った損害について一切の責任を負いかねます。
スポンサー リンク
Facebook
月次ページランキング
ブログパーツ
はてなブックマーク
月別アーカイブ
逆アクセスランキング



他の多くのお役立ち投資関連ブログは以下からどうぞ。
人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
厳選相互リンク
fx 比較