2007年から始めたインデックス投資の記録です。投資信託やETFを使って低コストで日本、先進国、新興国株式への国際分散投資を行っています。2019年にアーリーリタイア(FIRE)しました。現在はeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)をメインに積立中です。

新興国株式インデックス 21ヶ国の国別構成比(2012年8月末)

CATEGORY新興国株式
上海の夜景


新興国株式インデックス(指数)である MSCIエマージング・マーケット・インデックスの国別構成比(2011年12月末)情報を更新します。
同指数は、SMT新興国株式インデックスやeMAXIS新興国株式インデックス等のベンチマークです。



MSCIエマージング・マーケット・インデックス 国別構成比率(2012年8月末時点)

MSCIエマージング・マーケット・インデックスは現在、21ヶ国構成です。
国別構成比率は以下の通りです。

 三井住友トラスト・アセットメント SMT新興国株式インデックス・オープン 地域別・国別構成比率


MSCIエマージング・マーケット・インデックス国別構成比率(2012年8月末時点)


MSCI規定により浮動株調整時価総額の実に85%以上の株式をカバーしています。
中国17.3%、韓国15.4%、ブラジル13.2%と上位3ヶ国で約45%を占めています。



新興国の世界経済に占める比重の増大の傾向

日本や欧米をはじめとする先進国の比率が低下する一方で、新興国が占める割合は購買力平価ベースで41.4%から52.6%へ上昇すると予測されており、将来の世界経済の成長は今後新興国が担っていくことになりそうです。



新興国の成長が期待される中、新興国株式への投資は国際分散投資には必須と考えています。

私は目標配分としては先進国株式:新興国株式 = 2:1 にしていますが投資比率に正解はありません。


関連記事

 資産配分比率(2013年1月26日)含み益20%の中での追加購入



日経記事 インデックスがだめなら個別銘柄投資へに対する意見 でもお伝えしたように経済成長率と株式投資リターンは一致しないことに注意です。

そのため、値動きの大きい新興国株式の比率を上げすぎないことも必要です。
個々のみなさんのリスク許容度に合わせて投資比率を決めれば良いでしょう。


関連記事

 [2022.01.22追記]
MSCIエマージング・マーケット・インデックスの国別構成比率など詳細は以下をご覧ください。
 MSCIエマージング・マーケット・インデックス 国別、業種別構成比率、組入上位銘柄等のまとめ
関連記事
スポンサーサイト



COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.