2007年から始めたインデックス投資の記録です。投資信託やETFを使って低コストで日本、先進国、新興国株式への国際分散投資を行っています。2019年にアーリーリタイア(FIRE)しました。現在はeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)をメインに積立中です。

EXE-i先進国株式ファンドの国別構成比率(2012年12月末)

CATEGORYEXE-i
Colorful Pie Chart
Image: FreeDigitalPhotos.net


EXE-iグローバル中小型株式ファンド に続き、EXE-i先進国株式ファンドの国別構成比率を確認します。



EXE-i先進国株式ファンド

以下の3つの海外ETFに投資することで、、MSCI KOKUSAIインデックス(円換算ベース)を参考指標とする先進国(日本を除く)の株式市場の値動きと同等の投資成果をめざします。


EXE-i先進国株式ファンドの投資対象ETF構成比率
 対象ETF 構成比
 シュワブU.S. ブロード マーケット ETF(SCHB) 60%
 バンガード・MSCI・ヨーロッパETF(VGK) 30%
 i シェアーズ MSCI パシフィック(除く日本)・インデックス・ファンド(EPP) 10%


信託報酬は、(運用管理費用も合わせて)年0.3515%と低く設定されています。




EXE-i先進国株式ファンドの国別構成比率(2012年12月末時点)

SBI証券 EXE-iシリーズ販売用資料 (PDF 3ページ目)


EXE-i先進国株式ファンドの国別構成比率(2012年12月末時点)




EXE-i先進国株式ファンドはしばらく購入はスルー

先進国株式インデックスファンドとしては、同じMSCI KOKUSAIインデックス(円換算ベース)連動の外国株式インデックスe や MAXIS海外株式上場投信(1550) を購入しており、設定されたばかりで実質コストが不明なEXE-i先進国株式ファンドに切り替える予定は今のところありません。

ただ、EXE-i先進国株式ファンドに30%含まれるバンガード・MSCI・ヨーロッパETF(VGK)などは、バンガードETF (VGK, VPL, VSS, VT, VWO)がさらにコスト引下げ でもお伝えしたように信託報酬を今後も引き下げてくる可能性もあります。

EXE-i先進国株式ファンドはもちろん、今後のEXE-iシリーズのさらなる低コスト化が楽しみです。

関連記事

 EXE-iシリーズ設定記念 SBI証券でのファンド購入キャンペーン
 EXE-iシリーズはSBIポイント付与対象外など9つのFAQが掲載

 [2013.04.20追記]
 EXE-iグローバルREITファンドの国別構成比率(2012年12月末)

 [2013.04.29追記]
 EXE-i先進国債券ファンド 国別構成、債券種別構成比率を確認

 [2013.05.01追記]
 EXE-i新興国株式ファンドの国別構成比率(2012年12月末)

 [2013.05.13追記]
 EXE-i(エグゼアイ)シリーズ全5ファンドの投資対象、FAQまとめ

 [2015.02.12追記]
 EXE-i グローバル中小型株式ファンド等3ファンドが投資対象ETF or 参考指標を変更



Facebookでも記事更新をお知らせしています。
 インデックス投資日記@川崎 Facebookページ
関連記事
スポンサーサイト



COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.