2007年から始めたインデックス投資の記録です。投資信託やETFを使って低コストで日本、先進国、新興国株式への国際分散投資を行っています。2019年にアーリーリタイア(FIRE)しました。現在はeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)をメインに積立中です。

第29回個人向けマネックス債 初の満期3年債が利率1.3%で発売

29回
"29" / Lincolnian (Brian)


先月の満期6か月の第28回個人向けマネックス債 に続き、今度は満期3年の個人向けマネックス債が本日より発売中です。


第29回個人向けマネックス債

  • 正式名称: マネックスグループ株式会社2016年7月19日満期1.30%円建社債

  • 発行体: マネックスグループ株式会社

  • 格付け: BBB(日本格付研究所)

  • 利率/税引前: 年1.30%

  • 利払日: 7月19日(年1回)

  • 発行日: 2013年7月19日

  • 償還日: 2016年7月19日(期間3年)

  • 申込単位: 1万円単位

  • 申込期間: 2013年7月9日(火) ~ 2013年7月19日(金)14:00

  • 発行額: 20億円




  • 個人向けマネックス債初の満期3年債

    個人向けマネックス債は、今まで、第25回個人向けマネックス債(満期1年金利1%)満期6か月の第28回個人向けマネックス債のように満期6ヵ月か1年の短期債ばかりでした。

    今回の第29回個人向けマネックス債は、初の満期3年ものです。
    格付けBBBと投資適格債ぎりぎりな割に、満期3年で利率1.30%は低いです。

    同じBBB格で満期3年なら最低でもSBIホールディングス株式会社 第4回無担保社債の利率2.16%くらいは欲しいところです。

    ただ、めずらしいことに1万円から購入できるというのは大きいです。
    小分けにして利便性を上げていることから、多少の金利の低さはやむを得ないでしょう。


    私は個人向けマネックス債は満期が短いのが魅力と考えており、満期3年は長すぎるため購入は見送ります。

    個人向け社債は発行体の信用リスクを取る見返りとして金利が高めになっています。
    途中売却も手数料などが引かれて元本割れの可能性が高く、基本的には満期まで保有する必要があります。

    元本保証の定期預金などとは商品性が異なりますので、多額の資金をつぎ込むことのないよう注意が必要です。



    関連記事

     [2013.07.10追記]
     翌日夕方には完売していました。
     満期3年の第29回個人向けマネックス債が発売翌日に完売

     [2013.10.07追記]
     第30回個人向けマネックス債 なんと初の満期5年物が発売中

     [2013.12.09追記]
     第32回個人向けマネックス債 またも満期5年で12月12日発売
    関連記事

    COMMENTS

    0Comments

    There are no comments yet.