2007年から始めたインデックス投資の記録です。投資信託やETFを使って低コストで日本、先進国、新興国株式への国際分散投資を行っています。2019年にアーリーリタイア(FIRE)しました。現在はeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)をメインに積立中です。

新興国REITの世界のREIT市場に占める時価総額比率の確認

CATEGORY新興国REIT
Calculator With Pen On Graph Data
Image: FreeDigitalPhotos.net


世界24ヶ国のREIT市場の時価総額比のデータから、eMAXIS新興国リートインデックスの投資対象である新興国6ヵ国の世界のREIT市場に占める比率をチェックしてみます。


世界24ヶ国のREIT市場の時価総額比(2012年10月末時点)

 ポスト世界金融危機におけるREIT市場の動向 | ARES不動産証券化ジャーナル Vol.11 (PDF)


REIT市場のある24ヶ国のうち、S&P先進国REIT指数に含まれる先進国14ヶ国に○をつけています。
eMAXIS新興国REITインデックスのベンチマークであるS&P新興国リートインデックスの構成国6ヵ国には薄桃色を付けています。

世界24ヶ国のREIT市場の時価総額比(2012年10月末時点)
24ヶ国 時価総額比S&P先進国REIT指数14ヶ国 eMAXIS新興国REITインデックス6ヵ国  備考
 アメリカ 58.1% ○ 
 オーストラリア 9.0% ○ 
 フランス 6.1% ○ 
 日本 5.1% ○  
 カナダ 4.8% ○ 
 シンガポール 4.2% ○  
 イギリス 4.2% ○  
 香港 2.1% ○  
 ブラジル 0.9%   
 オランダ 0.9% ○  
 マレーシア 0.8%  ○ 2012年9月に過去最大規模のREIT上場
 トルコ 0.8%  ○ 
 ベルギー 0.7% ○  
 タイ 0.5%  ○ 2012年3月に過去最大規模となる上場。
 南アフリカ 0.5%  ○ 2013年4月に制度改正により香港を上回る規模に。
 ニュージーランド 0.4% ○  
 台湾 0.3%  ○ 
 メキシコ 0.2%  ○ 2011年3月にREIT初上場。2012年12月に3銘柄上場
 ドイツ 0.2% ○  
 イタリア 0.1% ○  
 ギリシャ 0.04%   
 ブルガリア 0.04%   
 イスラエル 0.02% ○  
 韓国 0.02%   




2012年10月末のS&P新興国リートインデックス投資対象国は市場のわずか3.1%

2012年10月末時点では、S&P新興国リートインデックスの構成国6ヵ国の構成比率はわずか約3.1%です。

時価総額比はわずか0.5%でマレーシアやトルコより規模が小さい南アフリカが、なぜ以下のようにS&P新興国リートインデックスの約50%を占めるのかわからなかったのですが、レポートの他のページに記載がありました。


S&P新興国リートインデックスの国別構成比率(2013年9月末時点)

 eMAXIS新興国リートインデックスの国別構成比率が判明しました

S&P新興国リートインデックスの国別構成比率(2013年9月末時点)





南アフリカREITは2013年4月以降は世界第8位の時価総額規模になっている模様

2012年10月末時点での株式時価総額は2兆円( 2,000億ランド)を越えており、2013年4月1日には香港REITを上回る世界第8位の規模のREIT市場が出現することとなる。


南アフリカのREIT市場は、現在は表にある世界第8位の規模の香港を上回る時価総額になると記載されています。
これにより、S&P新興国リートインデックスに南アフリカが50%近く含まれるのはおおむね納得です。

ただ、もう一つの新興国REIT指数であるFTSE EPRA/NAREIT Emerging Indexは、ブラジルが1/3以上入っているのに対し、S&P新興国リートインデックスにはブラジルがまったく入っていない理由がわかりません。

2013年の世界のREIT市場の時価総額比のデータが入手できていませんが、新興国リートの市場は世界のリートの数%にすぎません。

流動性やリスクを考えて、eMAXIS新興国REITインデックスへのアセットアロケーションに占める投資比率はかなり控えめにしておいた方がよいでしょう。


関連記事

 [2013.11.17追記]
 eMAXIS新興国リートインデックスの国別構成比率・国別銘柄数

 [2014.02.10追記]
 ニッセイグローバルリートインデックスは新興国含む世界リートが投資対象

 [2014.11.27追記]
 SMT 新興国REITインデックス・オープンがSMTインデックスシリーズに仲間入り
関連記事

COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.