2007年から始めたインデックス投資の記録です。投資信託やETFを使って低コストで日本、先進国、新興国株式への国際分散投資を行っています。2019年にアーリーリタイア(FIRE)しました。現在はeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)をメインに積立中です。

定期預金キャンペーン金利まとめ (2013年11月版・随時更新)

秋の林道
Image: FreeDigitalPhotos.net


定期預金キャンペーン金利まとめ (2013年10月版・随時更新)の金利情報を最新版に更新します。

冬のボーナス時期が近いこともあり、いくつかの銀行で定期預金キャンペーンがスタートし定期預金金利を上げて来ています。


2013年11月の定期預金金利まとめ (2013年12月1日時点)

各満期毎に最も金利が高いものに色を付けています。次点は太字で記載。

[2013.11.3追記] 島根銀行インターネット定期預金を一覧表に追加しました。
島根銀行しまぎんインターネット定期預金金利 3ヶ月年0.225%

[2013.11.17追記] 播州信用金庫 夢みらい支店(満期1年0.41%の特別金利キャンペーン中)を一覧表に追加しました。
播州信用金庫ばんしん夢みらい特別定期預金は満期1年0.41%

[2013.11.21追記]
新生銀行が2013年11月20日より冬の特別企画として特別金利 円定期キャンペーンを開始したので、最新版の金利に修正しました。
新生銀行の特別金利の定期預金 満期1年0.3%、満期5年0.45%

[2013.11.24追記]
じぶん銀行の満期5年金利の0.30%から0.25%への変更を表に反映。

[2013.11.25追記]
新銀行東京 12月よりキャンペーン定期預金開始 満期1年0.3%

[2013.11.26追記]
じぶん銀行の新規口座開設者特別金利と特典について追記しました。
じぶん銀行 新規口座開設で満期3ヶ月1%定期+500円プレゼント

[2013.11.28追記]
楽天銀行の円定期預金特別金利キャンペーンが開始されたため、楽天銀行の金利情報を最新版に更新しました。
楽天銀行 定期預金キャンペーンスタート 満期1年0.25%など

[2013.12.01追記]
以後は以下にて金利情報を更新します。
定期預金キャンペーン金利比較表 (2013年12月版・随時更新)



2013年11月の定期預金金利まとめ
 銀行  満期(年率・税引前))     備考
 3ヶ月6ヶ月  1年3年  5年 
 SBJ銀行0.25% 0.35% 0.45% 0.60% 0.70%  2013年末まで「2013 SBJダイレクトキャンペーン」にて通常金利+0.1%の特別金利キャンペーン中。1週間定期預金「なのかちゃん」は年0.25%。ただし韓国系の銀行なのでいろいろと注意。
 播州信用金庫 夢みらい支店 0.125% 0.125% 0.41% 0.14% 0.14% ばんしん夢みらい特別定期預金 満期1年0.41% その他の金利は(300万円未満時)
 伊予銀行インターネット支店 0.225% 0.225% 0.225% 0.23% 0.23% 「インターネット支店専用定期預金」(店頭表示利率+年0.2%)実施中
 島根銀行インターネット支店 0.225% 0.225% 0.325% 0.33% 0.36% 店頭金利に上乗せキャンペーン(300万円未満時)
 愛媛銀行四国八十八カ所支店 - 0.32%0.40% 0.35% 0.35% 1年定期は100万円のみ(100万円限定だんだん定期預金)
 香川銀行セルフうどん支店 -- 0.40% 0.33% 0.35% 超金利トッピング定期預金(100万円以内)が0.40%。他は300万円未満時
 トマト銀行ももたろう支店 0.025% 0.025% 0.40% 0.32% 0.35% 300万円未満時。1年定期はスペシャルきびだんご定期預金の100万円以内のみ。
 ネットきらやかさくらんぼ支店 - 0.375% 0.39% 0.43% 3月31日まで「ネットきらきら定期」キャンペーン中。募集金額50億円まで。30万円以上より
 荘内銀行わたしの支店 - -0.40% 0.30% 0.40% 100万円以上の預入が必要
 じぶん銀行 0.15% 0.13% 0.13% 0.12% 0.25% 新規口座開設者は満期3ヶ月1.0%特別定期預金+50万円入金で500円プレゼント
 住信SBIネット銀行 0.07% 0.10% 0.12% 0.18% 0.21% 100万円未満時。円定期預金特別金利キャンペーン終了
 楽天銀行 0.08% 0.17% 0.25% 0.19% 0.33% 11月27日~12月27日まで円定期預金特別金利キャンペーン(100万円未満時)。マネーブリッジ利用で普通預金0.10%
 ソニー銀行 0.05% 0.15% 0.15% 0.11% 0.16% 
 ジャパンネット銀行 0.08% 0.095% 0.10% 0.102% 0.155% 
 大和ネクスト銀行 0.10% 0.22% 0.22% 0.17% 0.17% 
 セブン銀行 0.055% 0.055% 0.12% 0.14% 0.15% 
 イオン銀行 0.05% 0.07% 0.12% 0.17% 0.17% 300万円未満時
 新生銀行 0.03% 0.03% 0.30% 0.04% 0.45% 11月20日~2月28日まで冬の特別企画 特別金利円定期キャンペーン中
 静岡銀行インターネット支店 0.125% 0.20% 0.35% 0.35% 0.45% 11月1日から2月28日までプレミアム金利キャンペーン(募集金額2000億円に到達次第終了)
 西京銀行 0.025% 0.025% 0.40% 0.04% 0.04% 3月31日まで満期1年0.40%の「「チーム山口」応援定期預金」(10万円以上)実施中(ただし店頭のみ)。
 西京銀行ウェブ一丁目支店 - - 0.20% 0.2% 0.2% 1口100万円以上
 関西アーバン銀行いちょう並木支店   0.25% 0.30% 0.30% 100万円以上
 沖縄銀行 美ら島支店 0.03% 0.03% 0.30% 0.18% 0.18% 2013年3月31日までおきぎん美ら島支店定期預金1年もの0.3%キャンペーン中
 東日本銀行お江戸日本橋支店 0.125% 0.125% 0.225% 0.13% 0.13% 
 大阪東信用金庫 - - - - - 満期1年0.30%のひがしんEネット定期(第8回)募集終了。
 新銀行東京 - - 0.10% 0.20% 0.25% 12月1日より特別金利キャンペーン(満期1年0.30%、3年0.32%、5年0.35%)開始
 オリックス銀行 - 0.25% 0.27% 0.27% 0.30% 100万円以上必要
 紀陽銀行インターネット支店 - - 0.20% 0.24% 0.28% 預入金額に無関係に金利一定
 あおぞら銀行インターネット支店 - 0.20% 0.30% 0.30% 0.45% 11月1日から11月30日まで預金金利アップ
 野村信託銀行 0.14% 0.18% 0.20% 0.22% - 
 スルガ銀行ANA支店 - - 0.22% 0.025% - スペシャルギフト付き定期預金(300万円未満時)
 中国銀行(ちゅうぎん)晴れの国支店 0.025% 0.025% 0.025% 0.3% 0.3% 
 福岡銀行ネットワン支店 0.025% 0.025% 0.275% 0.04% 0.06% 2013年2月28日まで満期1年0.275%の ネットワン専用定期預金
 三井住友銀行 0.025% 0.025% 0.025% 0.3% 0.3% メガバンク参考




冬のボーナス時期に向け定期預金キャンペーンスタート

12月のボーナス時期に向け、いくつかの銀行で早くも定期預金金利UPキャンペーンが始まりました。


伊予銀行インターネット支店

「インターネット支店専用定期預金」として、店頭表示利率+年0.2%の定期預金キャンペーンが実施中です。
そのため、満期3ヶ月の金利が年0.225%と上記表の中では2番目の高さとなっています。

[2013.11.03追記]
金利詳細は以下をごらんください。
伊予銀行いよぎんインターネット支店の金利上乗せキャンペーン



静岡銀行インターネット支店

静岡銀行インターネット支店が、11月1日から2月28日までプレミアム金利キャンペーンを行っています。
満期1年ものが年0.35%とまあまあの高さの金利の他、満期5年が年0.45%と上記表の中では2番目の高さとなっています。
(募集金額2000億円に到達次第終了)

詳細は以下をご覧ください。
静岡銀行しずぎんインターネット支店 定期預金キャンペーン



あおぞら銀行インターネット支店

あおぞら銀行インターネット支店は、11月1日から11月30日まで預金金利アップキャンペーンを実施中です。
満期1年0.30%はそこそこの金利です。
満期5年ものは年0.45%と静岡銀行インターネット支店に並んで全銀行で2番目の金利です。

[2013.11.04追記]
金利詳細は以下をごらんください。
あおぞら銀行インターネット支店 定期預金金利引上げを発表




来月12月から毎月購入できる個人向け国債(変動10年)も有力候補に

個人向け国債(変動10、固定5年)が12月より毎月購入可能にでお伝えしたように、来月から個人向け国債が毎月購入できるようになります。

個人向け国債(変動10年)は、満期10年と言っても1年経過すれば元本保証で換金でき、長期金利上昇にも対応できます。

各証券会社の個人向け国債のキャッシュバックキャンペーンもあるので、満期1年以上の定期預金を考えるのであれば、当然個人向け国債とどちらが有利か検討の上、預入先を決めるようにしましょう。

(「国債にもリスクがあるから」と浅ーい知識で検討対象外にするのはあまりにモッタイナイです。国債がデフォルトするときはATMから現金は引き出せないし、勤務先は潰れています。心配するだけ無駄でしょう。)


今冬向けの定期預金キャンペーンはこれから発表されていくはずですので、新しい情報を入手したらブログ記事にてお伝えします。
関連記事
スポンサーサイト



COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.