Top Page > インデックスファンド > eMAXIS > 保有ファンドをeMAXISインデックスシリーズへ乗換中

保有ファンドをeMAXISインデックスシリーズへ乗換中

Euro
Money-50-Euro_32705-480x360 / Public Domain Photos


保有ファンドのeMAXISインデックスシリーズへの乗換を開始 でお伝えしたように、保有ファンドを低コストファンドの eMAXISインデックスファンドへ順次移行中です。

売却額にいくらか上乗せした額で同一資産クラスのファンドをタイミングを数日ずつずらして購入しています。
まだ、移行が完全には終わっていませんが、乗り換え状況はおおむね以下の通りです。


ファンド乗り換え状況

・先進国株式
 ステートストリート外国株式インデックス ⇒ eMAXIS先進国株式インデックス   


・新興国株式
 HSBCインドオープン
 PCAインド株式オープン
 三井住友ニューチャイナファンド
 ⇒ eMAXIS新興国株式インデックス


・日本REIT
 STAM J-REITインデックス⇒ eMAXIS国内リートインデックス


・海外REIT
 STAMグローバルREITインデックスeMAXIS先進国リートインデックス



おわりに

来週には乗り換え完了予定です。
これにより、保有ファンドは全て、STAM,eMAXISインデックスファンドシリーズのみとなり、すっきりしました。



関連記事

 [2012.09.01追記] 現在の状況は以下記事を参照ください。
 SMT、eMAXIS、CMAM、Funds-i インデックスファンド実質コスト比較 (2012年6月更新)
 私が保有する全24種の全投資信託とETF一覧 (2012年6月末)

 [2013.02.28追記]
 購入ファンドを変更する場合、保有ファンドは売却するべきか?
関連記事



【theme : インデックス投資
【genre : 株式・投資・マネー

tag : eMAXIS先進国株式インデックス eMAXIS新興国株式インデックス eMAXIS国内リートインデックス eMAXIS先進国リートインデックス

⇒comment

Secret

僕も今、このファンドは失敗だったなぁというのを、eMAXISへ乗り換えています。
まよっているのは、インドや中国には単体としても投資を残しておきたいと思って
いる部分もあります。

新生銀行で購入したBRICS5やUTIインドは既に売却済みでeMAXIS新興・株を
購入しています。

HSBCインドを 今月末に販売される 野村證券のETFに乗り換えようかと・・・。

川崎って、川崎駅の近くですか?ラゾーナにはよく行きます!

>矢向さん

eMAXIS乗り換え仲間ですね。
HSBCインド等昔は新興国インデックスファンドはなかったのでしょうがなく購入していたものを、ようやく乗り換えできました。

> HSBCインドを 今月末に販売される 野村證券のETFに乗り換えようかと・・・。

それたしか、ETFでなくETNではなかったかと。ETNは債券発行体リスクを抱えるのでそこがデメリットですね。信託報酬も結構かかったような。

> 川崎って、川崎駅の近くですか?ラゾーナにはよく行きます!

いえ、矢向駅より川崎駅から離れたところです。ラゾーナは好きで川崎駅周辺に行くと必ず寄っています。

お互い川崎から近いんでしょうね。。
中原、小杉、川崎あたりに色々拠点を構えている企業で働いているので。。。

たまたま嫁さんの実家が矢向だったので、今は、矢向で過ごしています。
まだ無いけど、そろそろ子供?何って思うと、どこに移り住むかな?って
考えてしまいます。

正直、住むなら、矢向・鹿島田・武蔵中原&登戸より北あたりが希望。
今はたまたまです。

単体か複合かどっちの方が効率がいいんでしょうね?
eMAXISは見た感じ物凄く良さそうですけどね(*´∀`*)

>矢向さん

似たような境遇です。おそらく結構近距離ぽいです。
今のところは暮らしやすくて気に入っています。

> 虫さん

複合が、分散された国という意味なら間違いなく複合がお勧め。
新興国全体のインデックスに投資すると自動的に力をつけた国に重点投資されるのがポイントかと思います。

先日は私の下らないブログへの
ご訪問ありがとうございました。
現在、ブログを開始したばかりで大した記事なくて、
大変申し訳ございませんです。
しかもタイトル『ドラクエ~』と相当おふざけですから(笑)。
ですが、為替変動および貨幣価値変動の影響を取り除いた
金融市場の実質的リターンをあぶりだすことを目的にした、
長期の個人投資家にとってそこそこ意味ある
真面目なブログを目指してます。
あとまだ自身のブログで触れてませんが、
保有投信はSTAMとeMAXISのみ、
また、おそらく南武線沿線組(少なくとも川崎市民)と、
共通する部分も大いにありそうですので、
今後ともよろしくお願いします!

>SJPさん
コメントありがとうございます。
投資スタンスも住所も近そうですね!
今後ともよろしくお願いします。
プロフィール

kenz

Author:kenz
川崎在住の40代サラリーマンのケンズ (kenz)です。
妻(専業主婦)と二人です。2007年からはじめたインデックス投資の日々を記録します。

FacebooktwitterRSS

follow us in feedly



【メディア掲載履歴】
・【完全ガイドシリーズ255】投資信託完全ガイド
・Yen SPA! (エンスパ) 2019年 夏号
・ダイヤモンド・ザイ 2019年7月号
・ほったらかし投資完全ガイド 最新版
・ITmedia 個人投資家列伝
・Yen SPA! (エンスパ) 2019年 冬号
・株&投資信託大全
・投資信託完全ガイド
・日経ヴェリタス 2018年6月3日号
・日本経済新聞電子版 投信コラム
・「ほったらかし投資完全ガイド」
・東証 マネ部!にインデックス投資手法と投資に対する考え方の記事が掲載”
・「東証 マネ部!」と「webR25」初心者にオススメの投資先”
・東証 マネ部! 人気投資ブロガーが推奨する“初心者向け投資法”
・BIG tomorrow2016年12月号増刊
・BIG tomorrowマネー2016年10月号
・ビッグトゥモロウ2016年8月号
・日経ヴェリタス 2016年2月14日号
・ザイ・オンライン2016年1月13日
・Yen SPA! (エンスパ) 2016年 冬号
・日経ヴェリタス2015年11月15日号
・週間SPA!(スパ!) 2015年10/27号
・日経ヴェリタス2015年4月5日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2015年 冬号
・日経ヴェリタス2014年7月6日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2014年 夏号
・Yen SPA! (エンスパ) 2013年 夏号
・日経ヴェリタス2012年6月24日号
・日経ヴェリタス2012年4月29日号
・ネットマネー2012年6月号
・読売新聞2012年1月5日朝刊
・ビッグトゥモロウ11年12月号
・『THE21』2011年10月号
・Yen SPA (エンスパ)2011年夏号


【リンク】
当ブログはリンクフリーです。どの記事もご自由にリンク下さい。

メール(管理人への連絡はこちら)

クリックでメールフォームを表示

カテゴリ


最新記事
検索 (ブログ or Web内)
カスタム検索
スポンサーリンク
カウンター
注意事項
最終的な投資判断については自己責任でお願いいたします。未来は予見できないため、当ブログ内の情報により被った損害について一切の責任を負いかねます。
スポンサー リンク
Facebook
月次ページランキング
ブログパーツ
はてなブックマーク
月別アーカイブ
逆アクセスランキング



他の多くのお役立ち投資関連ブログは以下からどうぞ。
人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
厳選相互リンク
fx 比較