Top Page > インデックス投資 > 日経記事 インデックスがだめなら個別銘柄投資へに対する意見

日経記事 インデックスがだめなら個別銘柄投資へに対する意見

TOPIX
Placeholder / ehnmark


本日の日本経済新聞に、「その国の経済成長率に期待できない時は個別銘柄を買え」という首をかしげたくなる内容の記事がありましたので、意見を書いておきます。



日経新聞 「くすぶる国債増発懸念 金利変動にどう対応する?」より

FP仲間の木戸一郎さんは、「日本の経済成長率は長期的に見ても低くならざるを得ないため、上場投資信託(ETF)などで市場全体を買うという選択はしづらい」といいます。投資に対して高いリターンを求めようとすれば、個別銘柄を選ぶ方が有効だという見方です。



所感

どこまで本気かわかりませんが、勘違いとオーバーコンフィデンス(自身過剰)が入り混じった内容となっています。

以下にまとめます。


1.経済成長率と株式投資リターンは一致しない

棒グラフのリターン
3D Employment Graph / StockMonkeys.com


その国の期待される経済成長率が低い(高い)からといって株式投資期待リターンも低い(高い)とは限りません。

新興国投資について新興国の経済成長率が高いことが予想される分、市場参加者も期待して資金を投入しています。
現株価もそれを織り込んで高くなっている可能性に注意する必要があることと同じです。

そのため、経済成長率が低いことを理由に、インデックスファンドやETFによる投資がダメだというのは間違いです。



2.その国の市場全体が有効でないなら、個別銘柄投資も有効ではない

オーバーコンフィデンス
Overconfidence / huangjiahui


市場全体(インデックス)を買うのがだめなら、個別銘柄への投資は、市場リスクに加え個別リスクという余分なリスク(ブレ)を抱えるだけです。

その国の市場が期待できないと判断する場合、その国の株式自体に投資してはいけません。

市場全体(指数=インデックス)には期待できないのに、自分が個別銘柄を選ぶことで、下落する市場に無関係にその銘柄のリターンが得られると考えるのは、典型的な自信過剰(オーバーコンフィデンス)による間違いです。

もちろん、未来から来た方や、予知能力のある方は例外です。

関連記事

 [2011.10.01追記]
 アクティブ投信がインデックスに勝てない本当のワケ?




終わりに

地球
Earth / tonynetone


結局、日本なのか、先進国なのか、新興国投資が有効なのか未来のことはよくわからないので世界分散しましょう(地球上の資本成長に賭けましょう)といういつものインデックスファンド・ETFを使ったインデックス投資をお勧めすることになります。

リターンは、成長率と投資家の期待度の差で決まるため、どの銘柄が指数より上昇するのか、どの国がリターンが高くなるかなど事前にわかるわけがありません。


また、この記事は他にもおかしな内容があります。
住宅ローンを抱えて長期金利上昇が怖いという内容がでてきますが、10年国債とか検討している場合ではありません。

借金しながら投資するなど正気の沙汰ではありません。
キャッシュがあるからこそ、リスク資産を持つことができます。

投資資金分を繰り上げ返済するのが最も経済的に合理的と思います。



[2011.9.23追記] 記事内容に大幅に文章追記しました。
関連記事

 資産運用の前にやることチェックリスト (4項目)
 日経新聞にインデックス投資の良記事
 市場平均狙うインデックス型投信 低コストで「勝率」高く
 公的年金、新興国株にも投資 
関連記事



【theme : インデックス投資
【genre : 株式・投資・マネー

tag : インデックス投資

⇒comment

Secret

日本だけを考えるのは、結構厳しいのかなと思っていて、僕自身は、nikkeiやTOPIX連動の投信を実は持っていなくて、購入しているのはグローバル系か、新興国かチャイナかインドです。。。

これだけ腐敗してしまうとチョットひどいかなと思っています。


ズバリ?アメリカに輸出した品々に対する代金を、チャント円にしてみる?ドル資産も多いでしょうから・・・そうすると、すっごい円高になって、すっごい安く色々な品も買えるし、すっごい色々な場所で円があふれたりする??っと思っていますが。

>矢向さん
日本に期待できないから日本に投資しないという考えはありだと思います。
上記エントリーは、日本に期待できない⇒インデックスでなく個別銘柄を買う のは論点がおかしいという見解です。

私自身は、世界の時価総額比くらいは(気乗りしないけど)TOPIX連動も買っておくというスタンスです。
もちろん先進国や新興国の比重を上げておくというのも十分ありですね。
その分外貨建比率も上がるのがちょっと悩むところではあります。

あと昨日、矢向さんのブログを当ブログリンク先に追加させていただきました。

理路整然

 kenzさんのブログは理路整然とされていて勉強になります。
私もeMAXISへ乗り換え組です。これからも、遊びに来ますね!
よろしくお願いします。

 

こんにちは

こんにちは。

>その国の期待される経済成長率が低い(高い)からといって株式投資期待リターンも低い(高い)とは限りません。

そうなんですよね。どのみち未来は予想できないですし、将来どの程度経済成長するかを今の株価がどう織り込んでいるかというのは分からないですし。

世界分散というのは、いろんな意味がありそうです。
現在の世界の株式比率で投資するという人も見受けられますし、自分で国ごとの比率を決める人もいますし。

うさみみは後者です。
前者は、世界の株式比率は刻々と変化する以上、変化に対して後追いとなるためインデックスの性質上、安くなったのを打って、高くなったのを買わざるを得ない気がします。

どのみち分からないのであれば、自分で国別の配分はアセットアロケーション的に決めたいなって思います。

紹介記事には「個別銘柄が有利」と書かれていますが、それはよくわかんないですよね。
日本の個別株に投資をするなら、○○国のインデックスに投資をするという○○国の成長にかけてみるのとイメージ的に同じような気がします。

 kenzさんのブログへワンクリックへ遊びに来れる様にリンクさせて頂きました。
宜しければ、相互リンク頂けると幸いです。

>lucbessonさん
当ブログへようこそ。eMAXIS乗り換えまで同じインデックス投資仲間ですね!
相互リンクしておきました。今後ともよろしくお願いします。

>うさみみさん
こんにちは。うさみみさんのブログはいつも拝見しています。
世界分散投資でも比率についての考え方はそれぞれで答えがないのでおもしろいですよね。
だからみなさんのアセットアロケーションの円グラフを見るのが大好きだったりします。
国ごとの比率はそれぞれが自分にしっくりくるやり方でよいと思います。
私は比較的、時価総額比派ですが、厳密でなくおおざっぱにとらえてTOPIX、先進国、新興国の各指数を組み合わせて楽しんでいます。

 こちらこそ、よろしくお願いします。^^
LionFXカレンダーですが、卓上か壁掛け式か調べてみましたが、情報無しでした!;

 おそらく業者が送料負担のプレゼントですので、卓上式かなぁーっと、思います。
1万通貨の取引が条件ですので、多少のリスクはありますが、相場が静かな時を狙うと
ほぼリスク無し(即売買で数秒でクローズすれば、リスクは100円、200円あるかない
位?)で入手できると思いますよ!^^

去年はサイズが載っていてたしか大きな壁掛けだった気がします。

> 1万通貨の取引が条件ですので、多少のリスクはありますが、相場が静かな時を狙うと
> ほぼリスク無し(即売買で数秒でクローズすれば、リスクは100円、200円あるかない
> 位?)で入手できると思いますよ!^^

カレンダーだとちょっと割に合わないですかね。1万通貨取引だと業者キャンペーンで5000円-9000円キャッシュバックが相場なので。

おつかれさまです。僕が思うのは株式や債権投資を通して、お金がきっとどこかに居るはずだと思っています。。。
「世界中でどこか、よい株式を買えばいい」という人も多いはず。そこらへんが有るかな。。。
ちなみに、「よく勘違いされやすいですが、その国の期待される経済成長率が低い(高い)からといって株式投資期待リターンも低い(高い)とは限りません。」に似た言葉は株式投資の未来 という、シーゲルの一冊の中にも書かれています。

結構面白くて中国とブラジルについて、株式価格が織り込み済みかどうかなどによって、成長率が高い国でも株価に織り込み済みであれば、株式投資リターンでマイナスが有る・・といったことが記載されていました。

>矢向さん
どこかで得た知識と思っていたら、シーゲル本にも記載があるのですね。
世界中の株式、債券にひろーく分散投資しておくのが正しいと思ってインデックス投資を続けたいですね。
プロフィール

kenz

Author:kenz
川崎在住の40代サラリーマンのケンズ (kenz)です。
妻(専業主婦)と二人です。2007年からはじめたインデックス投資の日々を記録します。

FacebooktwitterRSS

follow us in feedly



【メディア掲載履歴】
・【完全ガイドシリーズ255】投資信託完全ガイド
・Yen SPA! (エンスパ) 2019年 夏号
・ダイヤモンド・ザイ 2019年7月号
・ほったらかし投資完全ガイド 最新版
・ITmedia 個人投資家列伝
・Yen SPA! (エンスパ) 2019年 冬号
・株&投資信託大全
・投資信託完全ガイド
・日経ヴェリタス 2018年6月3日号
・日本経済新聞電子版 投信コラム
・「ほったらかし投資完全ガイド」
・東証 マネ部!にインデックス投資手法と投資に対する考え方の記事が掲載”
・「東証 マネ部!」と「webR25」初心者にオススメの投資先”
・東証 マネ部! 人気投資ブロガーが推奨する“初心者向け投資法”
・BIG tomorrow2016年12月号増刊
・BIG tomorrowマネー2016年10月号
・ビッグトゥモロウ2016年8月号
・日経ヴェリタス 2016年2月14日号
・ザイ・オンライン2016年1月13日
・Yen SPA! (エンスパ) 2016年 冬号
・日経ヴェリタス2015年11月15日号
・週間SPA!(スパ!) 2015年10/27号
・日経ヴェリタス2015年4月5日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2015年 冬号
・日経ヴェリタス2014年7月6日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2014年 夏号
・Yen SPA! (エンスパ) 2013年 夏号
・日経ヴェリタス2012年6月24日号
・日経ヴェリタス2012年4月29日号
・ネットマネー2012年6月号
・読売新聞2012年1月5日朝刊
・ビッグトゥモロウ11年12月号
・『THE21』2011年10月号
・Yen SPA (エンスパ)2011年夏号


【リンク】
当ブログはリンクフリーです。どの記事もご自由にリンク下さい。

メール(管理人への連絡はこちら)

クリックでメールフォームを表示

カテゴリ


最新記事
検索 (ブログ or Web内)
カスタム検索
スポンサーリンク
カウンター
注意事項
最終的な投資判断については自己責任でお願いいたします。未来は予見できないため、当ブログ内の情報により被った損害について一切の責任を負いかねます。
スポンサー リンク
Facebook
月次ページランキング
ブログパーツ
はてなブックマーク
月別アーカイブ
逆アクセスランキング



他の多くのお役立ち投資関連ブログは以下からどうぞ。
人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
厳選相互リンク
fx 比較