2007年から始めたインデックス投資の記録です。投資信託やETFを使って低コストで日本、先進国、新興国株式への国際分散投資を行っています。2019年にアーリーリタイア(FIRE)しました。現在はeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)をメインに積立中です。

SMT JPX日経インデックス400・オープンがSBI証券にて取扱開始

CATEGORYSMT(旧STAM)
証券取引所の株価

SMT JPX日経インデックス400・オープンが、本日設定され、SBI証券と三井住友信託銀行で取扱いが始まりました。
(どちらもノーロード(販売手数料無料)です)

もちろん、SBI証券の投信マイレージサービスの対象です。



SMT JPX日経インデックス400・オープン SBI証券と三井住友信託銀行でノーロードで取扱開始

SMT JPX日経インデックス400・オープンは、JPX日経インデックス400をベンチマークとするインデックスファンドとして信託報酬が年0.3885%と最も低いです。


設定当日の本日21日より、SBI証券と三井住友信託銀行にてノーロード(購入手数料無料)で発売開始されました。
(さらに1月27日からカブドットコム証券でも取扱が開始されます)



SBI証券の投信マイレージサービス対象

私がメインとしているSBI証券では、本ファンドについて、「新規取扱ファンドにつきましても、投信マイレージサービスの対象となります。」とのことで、投信残高によるポイント還元率が他証券よりも有利なSBI証券の投信マイレージサービスの対象なのがうれしいですね。


本日より、SMT JPX日経インデックス400・オープンもSMTインデックスシリーズに追加されており、今後も実質コスト等他ファンドと同様にチェックしていきます。


関連記事

 [2014.01.23追記]
 MAXIS JPX日経インデックス400上場投信(1593) 2月新規設定

 [2014.01.26追記]
 SMT JPX日経インデックス400・オープンが楽天証券で取扱開始

 [2014.01.27追記]
 MAXIS JPX日経インデックス400上場投信(1593)がフリーETFに

 [2014.02.20追記]
 インデックスファンドJPX日経400  SBI証券、楽天証券にて販売中
関連記事
スポンサーサイト



COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.