2007年から始めたインデックス投資の記録です。投資信託やETFを使って低コストで日本、先進国、新興国株式への国際分散投資を行っています。2019年にアーリーリタイア(FIRE)しました。現在はeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)をメインに積立中です。

Funds-i 新興国株式インデックスを本日追加購入

CATEGORYFunds-i
Three Dimensions Arrow
Image: FreeDigitalPhotos.net


今月初となる新興国株式インデックスファンドであるFunds-i 新興国株式インデックスを本日注文しました。


新興国株式インデックスファンドの購入

・新興国株式(@SBI証券)
   Funds-i新興国株式インデックス




新興国株式インデックスファンドの中で実質コストの一番低いファンド

低コストインデックスファンド6種の実質コスト比較 (2014年3月)でお伝えしたように、Funds-i新興国株式インデックスは、実質コストが年0.81%(信託報酬は0.63%)と他の新興国株式インデックスファンドより低いことから購入しています。

関連記事

 新興国株式は低コストのFunds-i新興国株式インデックスに変更



もちろんインデックスファンドは、コストだけでなくトラッキングエラー(指数とのかい離)も重要です。
トラッキングエラーは各ファンドのベンチマークが為替の影響もあり、ベンチマークが同一でも値が異なることが多く、なかなか評価しにくいのが難点です

新興国株式インデックスファンドの実質コストと実績リターン比較で調べたようにやはり実質コストが低い方がリターンが良くなる傾向があると思っているため、コストを重視しています。
(もちろん測定期間によっても違いが出ます)

実質コストは固定ではなく変化するため継続してチェックする必要がありますが、新興国株式クラスについては一番実質コストの低いFundsi-i新興国株式インデックスを購入していきます。


関連記事

 [2014.03.28追記]
 ニッセイ外国株式インデックスとFunds-i新興国株式を本日購入
関連記事
スポンサーサイト



COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.