2007年から始めたインデックス投資の記録です。投資信託やETFを使って低コストで日本、先進国、新興国株式への国際分散投資を行っています。2019年にアーリーリタイア(FIRE)しました。現在はeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)をメインに積立中です。

MAXISトピックス上場投信(1348) 年初来安値の本日指値約定

CATEGORY取引記録
ノートPCとスマートフォン

NYダウの大幅下落とのニュースを朝聞いて、いつも通りの先進国株式インデックスファンド、新興国株式インデックスファンドを購入注文しました。

また、指値しておいたカブドットコム証券のフリーETFであるMAXISトピックス上場投信(1348)が朝9時に約定していました。



先進国株式インデックスファンド、新興国株式インデックスファンドの購入 + 日本株式ETF約定

・日本株式(@カブドットコム証券 にてフリーETF)
    MAXISトピックス上場投信(1348)


・先進国株式(@SBI証券
   <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド   


・新興国株式(@SBI証券)
   Funds-i新興国株式インデックス





円高株安はリスク資産購入のチャンス

日経平均は本日が年初来安値とニュースで騒いでいたのでまあまあ良いタイミングで購入できたのはないかと思います。

円高株安に触れてもらえると、少しだけファンドが注文しやすくなって気持ちが楽です。
<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドFunds-i新興国株式インデックスとも保有比率を増やしたいファンドでしたので、ちょうど良いタイミングでした。


MAXISトピックス上場投信(1348)はカブドットコム証券で購入、売却とも手数料無料のフリーETFなので、手数料を気にせず、少額をすこしづつ購入できます。

久しぶりに指値や苦笑したので、来週以降に備えて、また指値をしておきました。


今後もファンドは低コストインデックスファンド6種の実質コスト比較 (2014年3月)でお伝えした実質コストの低いファンドをを中心に購入していきます。


関連記事

 [2014.04.14追記]
 MAXIS海外株式上場投信(1550) 本日の株価下落で指値約定
関連記事
スポンサーサイト



COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.