2007年から始めたインデックス投資の記録です。投資信託やETFを使って低コストで日本、先進国、新興国株式への国際分散投資を行っています。2019年にアーリーリタイア(FIRE)しました。現在はeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)をメインに積立中です。

個人向け国債 証券会社毎のキャッシュバック比較(2014年5月)

電卓とノートとペン

昨年12月より毎月発売されている個人向け国債が、今月も5月12日より発売されます。

先月の個人向け国債 証券会社毎のキャッシュバック比較(2014年4月)同様に、今月の各証券会社のキャッシュバック条件を比較します。

今月は、毎回キャッシュバック条件の一番良い野村證券がキャンペーンをやっていないため、いつもより条件が悪いです。
個人向け国債はできれば来月以降に購入を延期しても良さそうです。



2014年5月 個人向け国債 証券会社別キャッシュバック比較

5月に発売される個人向け国債の利率はまだ決定していません。

半年ごとに金利が変動し、金利上昇にも対応でき、購入1年後はいつでも元本保証で売却できる個人向け国債(変動10年)
の一択で良いです。


個人向け国債キャッシュバックキャンペーン2014年5月 証券会社別比較
 証券会社購入金額備考  
 50万 100万 200万 500万
 大和証券 -  3000円  6000円  2万円  現金
(売却した国債の金額は購入金額から除いて判定) 
 東海東京証券
 みずほ証券 - 
 3000円
 
 6000円

 2万円 
 現金
 SBI証券 1000円 2000円 4000円 1万円
 楽天証券 1000円 2000円 3000円 5000円 楽天ポイント



いつもなら、野村證券のホームトレード(ネット)で購入すると、100万円購入で3500円、200万円購入で6500円と+500円分お得なのですが、今月は野村證券とSMBC日興証券には個人向け国債購入キャンペーンが掲載されていません。


100万円以上購入する場合は、みずほ証券や大和証券がお得です。
50万円購入であれば、SBI証券が現金の分だけ楽天証券よりお得です。

個人向け国債はキャッシュバックもあっておいしいのですが、定期預金と異なり、購入から1年は換金できません。

利率と資金の流動性とのバランスを考えて、これから夏のボーナスキャンペーン時期に向けて各銀行から発表される定期預金キャンペーンと両方を見比べながら検討すれば良いでしょう。



関連記事

 [2014.05.13追記]
 利率情報、および、SMBC日興証券とマネックス証券のキャンペーン情報を表に追加しました。
 個人向け国債 証券会社毎のキャッシュバック比較更新(2014年5月)

 [2014.06.04追記]
 個人向け国債 証券会社毎のキャッシュバック比較(2014年6月)
関連記事
スポンサーサイト



COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.