2007年から始めたインデックス投資の記録です。投資信託やETFを使って低コストで日本、先進国、新興国株式への国際分散投資を行っています。2019年にアーリーリタイア(FIRE)しました。現在はeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)をメインに積立中です。

ソフトバンク株式会社第45回無担保社債 利率1.45%に本日決定

SoftBank
ソフトバンクショップなう。 / omoon


ソフトバンク株式会社第45回無担保社債 SBI証券にて19日より発売でお伝えしたソフトバンク株式会社第45回無担保社債の利率が年1.45%(満期5年)に本日決まりました。

5月19日(来週月曜)より発売されます。


ソフトバンク株式会社第45回無担保社債 満期5年 利率は1.45%に決定

  • 商品名 ソフトバンク株式会社第45回無担保社債(社債間限定同順位特約付)

  • 利率(税引前) 年1.45%

  • 募集期間 2014年5月19日(月) ~2014年5月29日(木)

  • 購入単位 100万円以上100万円単位

  • 格付け A-(JCR)

  • 利払日 毎年5月30日と11月30日の年2回

  • 償還日 2019年5月30日

  • 発行額 3000億円

  • 保証会社  ソフトバンクモバイル株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社 (本社債についてソフトバンク株式会社が負担する元金および 利息の支払にかかわる債務につき連帯保証人となり、ソフトバンク株式会社と連帯して債務を負担)

  • 購入者全員特典 「お父さん応援隊長トートバッグ」をもれなくプレゼント(購入金額に無関係)





利率が本決定でも、もうとにかく金利引き過ぎて話にならない

仮条件は年1.15%~1.75%だったので、年1.45%はちょうど中央値です。

借金まみれ、かつ、あの孫社長がワンマンぶりを発揮しているソフトバンクの満期5年の最低100万円必要な個人向け社債に年1.45%の金利条件ではわりに合いません。


昨年のソフトバンク株式会社第43回無担保社債では、同じ満期5年でも利率は年1.74%でしたので、投資家をバカにしすぎです。


ちなみに2009年の9月の満期3年のソフトバンク株式会社 第29回無担保社債は、利率4.52%とネタとしか思えない利率でした。(無事に満期償還済)




それでもSBI証券のソフトバンク社債は瞬間蒸発のはず

この条件でも、SBI証券の割り当ては野村證券、SMBC日興証券、みずほ証券、大和証券より少ないため、5月19日の正午販売開始直後に瞬間的に完売する可能性が高いです。

やはり大手証券会社と異なり、ネット上のみでぽちっと購入できる利便性と手軽さは魅力に感じる方が多いです。

社債は定期預金と違って、信用リスクを取りますので元本保証ではありません。(満期まで保有し、債務不履行にならなければ元本割れはもちろんありません)

また、途中解約は定期預金と異なり、(債券価格にもよりますが)手数料の関係から元本割れの可能性が高いです。
欲しい方は十分に熟慮の上、資産全体のアセットアロケーションを検討の上、購入ください。


関連記事

 [2014.08.19追記]
 ソフトバンク株式会社第46回無担保社債(満期5年)が8月29日に発売

 [2014.11.20追記]
 ソフトバンク株式会社 第1回無担保社債(劣後特約付)が12月4日より発売
関連記事
スポンサーサイト



COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.