Top Page > 指数 > 小型株 > MSCI ACWIスモールキャップの国別構成比率(2014年7月末)

MSCI ACWIスモールキャップの国別構成比率(2014年7月末)

Stock Profit
Image: FreeDigitalPhotos.net



MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス・スモールキャップ(MSCI ACWI Small Cap Index)は、日本を含む先進国株式、新興国株式の浮動株調整時価総額比率の下位15%のうち、(最下位1%を除く)14%をカバーする指数です。

MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス(ACWI)が時価総額上位85%の大型株式をカバーしているので、MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス・スモールキャップ(MSCI ACWI Small Cap Index)と合わせ、浮動株調整時価総額比での世界株式の上位99%までを広くカバーできます。

MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス・スモールキャップの構成銘柄数や国別構成比率をMSCI社のサイト情報から確認します。



MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス・スモールキャップ (MSCI ACWI Small Cap Index)

 MSCI ACWI Small Cap Index | MSCI (英語) (PDF)

MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス・スモールキャップは、先進国23ヶ国、新興国23か国の6095株式銘柄より構成されています。

国別構成比率は以下の通りです。

MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス・スモールキャップ 国別構成比率(2014年7月31日時点)
 構成国 構成比率
 アメリカ 51.72%
 日本 9.42%
 イギリス 7.37%
 カナダ 4.41%
 オーストラリア 2.36%
 その他 24.72%


アメリカが約52%と過半数を占め、日本が9.4%で2位、以下イギリス、カナダと続きます。
約1/4の「その他」の内訳が知りたいのですが、載っていませんでした。

構成上位10銘柄も載っていますが、見事に知らない会社ばかり&上位でも構成比率は0.17%といい意味で分散が効いています。



MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス・スモールキャップは、EXE-iグローバル中小型株式ファンドの参考指数

EXE-iグローバル中小型株式ファンドは、MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス・スモールキャップを参考指数にしています。

EXE-iグローバル中小型株式ファンドは純粋なインデックスファンドではありませんが、バンガード・スモールキャップETF(VB)、i シェアーズ MSCI EAFE・スモールキャップ・ETF(SCZ)、ウィズダムツリー・エマージング・マーケット・スモールキャップ・ディビデンド・ファンド(DGS)の3つの海外ETFに投資することで、参考指数に連動するリターンを目標にしています。

EXE-iシリーズ全5ファンドの実質コストまとめ(運用会社レポートより再計算)でお伝えしたように、初年度の実質コストも年0.56%と低いです。

EXE-iシリーズ全般に、リターンが参考指数より下に大きめに乖離しているのが気になりますが、いまのところ、世界の中小型株にも気軽に投資するにはEXE-iグローバル中小型株式ファンドが便利だと考えています。

もちろん海外ETFに直接投資する場合は、全世界の小型株も含むFTSE Global All Cap Index (FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス)をベンチマークとするバンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)1本に投資して完了で良いでしょう。

小型株インデックスファンドの記事を書いた2009年ごろは小型株式に投資できるまともなファンドもなかったので、投資環境が格段に良くなっているのは驚きです。

MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス・スモールキャップについてもっと詳細な情報を見つけたら追って記事にします。


関連記事

 [2014.08.16追記]
 新興国中小型株指数の国別構成比率と値動きの確認

 [2015.05.12追記]
 MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス(ACWI) の国別時価総額比率の確認

 [2016.04.09追記]
 「小型株効果の要因と「小型株効果は実はない」という説の紹介
関連記事



【theme : インデックス投資
【genre : 株式・投資・マネー

tag : MSCI・ACWI・スモールキャップ

⇒comment

Secret

プロフィール

kenz

Author:kenz
川崎在住の40代サラリーマンのkenz (けんず)です。
妻(専業主婦)と二人です。2007年からはじめたインデックス投資の日々を記録します。

FacebooktwitterGooglePlusRSS

follow us in feedly


【メディア掲載履歴】
・東証 マネ部!にインデックス投資手法と投資に対する考え方の記事が掲載”
・「東証 マネ部!」と「webR25」初心者にオススメの投資先”
・東証 マネ部! 人気投資ブロガーが推奨する“初心者向け投資法”
・BIG tomorrow2016年12月号増刊
・BIG tomorrowマネー2016年10月号
・ビッグトゥモロウ2016年8月号
・日経ヴェリタス 2016年2月14日号
・ザイ・オンライン2016年1月13日
・Yen SPA! (エンスパ) 2016年 冬号
・日経ヴェリタス2015年11月15日号
・週間SPA!(スパ!) 2015年10/27号
・日経ヴェリタス2015年4月5日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2015年 冬号
・日経ヴェリタス2014年7月6日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2014年 夏号
・Yen SPA! (エンスパ) 2013年 夏号
・日経ヴェリタス2012年6月24日号
・日経ヴェリタス2012年4月29日号
・ネットマネー2012年6月号
・読売新聞2012年1月5日朝刊
・ビッグトゥモロウ11年12月号
・『THE21』2011年10月号
・Yen SPA (エンスパ)2011年夏号


【リンク】
当ブログはリンクフリーです。どの記事もご自由にリンク下さい。

メール(管理人への連絡はこちら)

クリックでメールフォームを表示

カテゴリ


最新記事
検索 (ブログ or Web内)
カスタム検索
スポンサーリンク
カウンター
注意事項
最終的な投資判断については自己責任でお願いいたします。未来は予見できないため、当ブログ内の情報により被った損害について一切の責任を負いかねます。
スポンサー リンク
Facebook
月次ページランキング
ブログパーツ
はてなブックマーク
月別アーカイブ
逆アクセスランキング



他の多くのお役立ち投資関連ブログは以下からどうぞ。
人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
厳選相互リンク
fx 比較