Top Page > インデックスファンド > D-I’s > D-I’s インデックスシリーズ ファンダメンタルインデックス含む8ファンドまとめ

D-I’s インデックスシリーズ ファンダメンタルインデックス含む8ファンドまとめ

ファイナンスデータの分析
Image: FreeDigitalPhotos.net



D-I’s インデックスシリーズ(ディーアイズ インデックスシリーズ)と呼ばれる低コストインデックスシリーズが2013年12月より新たに登場しています。

以下サイトで知りました。
 D-I’s インデックスシリーズ・評価とまとめ | ノーロード投資信託徹底ガイド


特に、D-I’s 新興国株式インデックスはFTSE RAFIエマージング インデックスをベンチマークとするファンダメンタルインデックスファンドです。
大和証券投資信託委託が運用するD-I’s インデックスシリーズのラインナップを確認します。



D-I’s インデックスシリーズ 信託報酬とベンチマーク

D-I’s インデックスシリーズ 全8ファンド
 ファンド 信託報酬(税抜)ベンチマーク  販売先
 D-I’s 日経225インデックス0.40%日経平均株価 日の出証券
 D-I’s TOPIXインデックスTOPIX
 D-I’s 日本債券インデックスダイワ・ボンド・インデックス(DBI)
 D-I’s 新興国株式インデックス0.60%FTSE RAFIエマージング インデックスりそな銀行、埼玉りそな銀行、近畿大阪銀行
 D-I’s 新興国債券インデックスJPモルガン・ガバメント・ボンド・インデックス・エマージングマーケッツ・グローバル・ディバーシファイド
 D-I’s 外国株式インデックス0.55%MSCI コクサイインデックス愛媛銀行
 D-I’s 外国債券インデックスシティ世界国債インデックス(除く日本)
 D-I’s グローバルREITインデックスS&P先進国REIT指数(除く日本)





D-I’s インデックスシリーズは通常購入可能だが、購入先はりそな銀行や愛媛銀行

D-I’s インデックスシリーズは、(同じ大和証券投資信託委託が運用する)大和証券限定のNISA専用ファンドであるダイワ・インデックスセレクトシリーズと全く同じマザーファンド、信託報酬です。

同じ運用会社がNISA専用ファンドと一般売りファンドを別々に設定するのか謎ですが、D-I’s インデックスシリーズの方は口座を開けばインターネット上で誰でも購入できます。

ただし、D-I’s インデックスシリーズの中でも日経225、TOPX、日本債券の3ファンドは日の出証券のみでの取扱いで、しかも購入手数料が2%(税抜)かかります。

D-I’s 新興国株式インデックス、 D-I’s 新興国債券インデックスはりそな銀行、埼玉りそな銀行、近畿大阪銀行でのみノーロードで購入できます。

またD-I’s 外国株式インデックス、D-I’s 外国債券インデックス、D-I’s グローバルREITインデックスはなぜか愛媛銀行のみで購入できます。(ノーロード)

マイナーな販売先ばかりでアクセスしづらいです。
(なぜか大和証券では取り扱っていません)



D-I’s 新興国株式インデックスは一般購入可能な初の新興国株式ファンダメンタルインデックス

D-I’s インデックスシリーズは信託報酬が低いとは言え、SMTインデックスシリーズFunds-iシリーズなど既存のインデックスシリーズより低い信託報酬ではありません。

その中で、「D-I’s 新興国株式インデックス」は、FTSE RAFIエマージング インデックスをベンチマークとするファンダメンタルインデックスです。

FTSE RAFIエマージング インデックスをベンチマークとするインデックスファンドとしては、DC(確定拠出年金)専用のDCダイワ新興国株式ファンダメンタル・インデックスファンドやNISA専用ファンドのダイワ・インデックスセレクト新興国株式はありましたが、一般売りは初めてです。

FTSE RAFI エマージング インデックスは、(時価総額比率でなく)各企業の財務データである売上高、キャッシュフロー、株主資本、配当を元に算出される指数(ファンダメンタル・インデックス)です。

DCダイワ新興国株式ファンダメンタル・インデックスのリターン確認でお伝えしたように実質コストが高くなりがちでリターンも近年はよくありません。

ただ、りそな銀行、埼玉りそな銀行、近畿大阪銀行のインターネットのみでの発売とは言え、確定拠出年金やNISAに関係なく購入できるのは良い点です。

販売チャネルが限られているので純資産の増加も厳しそうですが、 D-I’s 新興国株式インデックスの今後のリターンや実質コスト等も確認していきます。



【theme : インデックス投資
【genre : 株式・投資・マネー

tag : D-I’sインデックスシリーズ ディーアイズ

⇒comment

Secret

プロフィール

kenz

Author:kenz
川崎在住の40代サラリーマンのkenz (けんず)です。
妻(専業主婦)と二人です。2007年からはじめたインデックス投資の日々を記録します。

FacebooktwitterGooglePlusRSS

follow us in feedly


【メディア掲載履歴】
・東証 マネ部!にインデックス投資手法と投資に対する考え方の記事が掲載”
・「東証 マネ部!」と「webR25」初心者にオススメの投資先”
・東証 マネ部! 人気投資ブロガーが推奨する“初心者向け投資法”
・BIG tomorrow2016年12月号増刊
・BIG tomorrowマネー2016年10月号
・ビッグトゥモロウ2016年8月号
・日経ヴェリタス 2016年2月14日号
・ザイ・オンライン2016年1月13日
・Yen SPA! (エンスパ) 2016年 冬号
・日経ヴェリタス2015年11月15日号
・週間SPA!(スパ!) 2015年10/27号
・日経ヴェリタス2015年4月5日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2015年 冬号
・日経ヴェリタス2014年7月6日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2014年 夏号
・Yen SPA! (エンスパ) 2013年 夏号
・日経ヴェリタス2012年6月24日号
・日経ヴェリタス2012年4月29日号
・ネットマネー2012年6月号
・読売新聞2012年1月5日朝刊
・ビッグトゥモロウ11年12月号
・『THE21』2011年10月号
・Yen SPA (エンスパ)2011年夏号


【リンク】
当ブログはリンクフリーです。どの記事もご自由にリンク下さい。

メール(管理人への連絡はこちら)

クリックでメールフォームを表示

カテゴリ


最新記事
検索 (ブログ or Web内)
カスタム検索
スポンサーリンク
カウンター
注意事項
最終的な投資判断については自己責任でお願いいたします。未来は予見できないため、当ブログ内の情報により被った損害について一切の責任を負いかねます。
スポンサー リンク
Facebook
月次ページランキング
ブログパーツ
はてなブックマーク
月別アーカイブ
逆アクセスランキング



他の多くのお役立ち投資関連ブログは以下からどうぞ。
人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
厳選相互リンク
fx 比較