2007年から始めたインデックス投資の記録です。投資信託やETFを使って低コストで日本、先進国、新興国株式への国際分散投資を行っています。2019年にアーリーリタイア(FIRE)しました。現在はeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)をメインに積立中です。

個人向け国債 証券会社毎のキャッシュバック比較(2014年9月)

ノートパソコンと電卓
Image: FreeDigitalPhotos.net


今月2014年9月の個人向け国債の利率も決定し、各証券会社での個人向け国債キャッシュバックキャンペーンも出そろいました。

個人向け国債 証券会社毎のキャッシュバック比較(2014年8月)同様、今月9月の証券会社の個人向け国債キャッシュバックキャンペーンを一覧表にまとめました。

今月も、野村證券にて個人向け国債をネット購入する(=ホームトレードで購入する)のが一番お得です。
(3年債だけはキャンペーン対象外)

ただ、コールセンターに電話したり、店頭に行く手間をかけてよいのであれば、大和証券にて100万円以上定期預金(満期1ヶ月・年2.0%)にするのが一番お得です。



2014年9月の個人向け国債 利率

  • 個人向け国債 変動10年(第54回): 年0.34% (半年ごとに変動)

  • 個人向け国債 固定5年(第42回): 年0.12%

  • 個人向け国債 固定3年(第52回): 年0.06%


利払い日は、いずれも年2回(4月15日・10月15日)です。

個人向け国債は上記3種類がありますが、事実上、半年ごとに金利が変動するために世の中の金利上昇にも追随でき、購入1年後はいつでも元本保証で売却できる個人向け国債 変動10年の一択でしょう。




2014年9月 個人向け国債 証券会社別キャッシュバック比較

個人向け国債キャッシュバックキャンペーン2014年9月 証券会社別比較
 証券会社購入金額備考  
 50万 100万 200万 500万
 野村證券(ネット(野村ホームトレード)) 1500円 3500円 6500円 20500円 現金
(3年債は対象外)
 野村證券(ネット以外) 1000円 3000円 6000円 2万円 現金(3年債は対象外)
 大和証券 - 3000円 6000円 2万円 現金 (売却した国債の金額は購入金額から除いて判定) コールセンターまたは店頭限定で2014年10月14日満期の年2%円定期預金が利用可能(ネット不可。100万円以上)
 みずほ証券 - 
 3000円
 
 6000円

 2万円
 現金
 SMBC日興証券 -
 SBI証券 1000円  2000円  4000円  1万円 
 楽天証券 1000円 2000円 4000円 1万円 地方債(福岡市平成26年度第4回公募公債)も対象



ネットのみであれば、今月も野村證券のホームトレードで個人向け国債を購入するのが一番お得です。

ただ、大和証券では、 コールセンターまたは店頭限定で2014年10月14日満期の年2%円定期預金が利用可能です。
(なぜかネット上では申込み不可)

約1ヶ月間100万円以上を(個人向け国債購入資金以外に)用意できるのであれば、1350円ほどの金利が得られるため、野村證券ホームトレードよりお得です。

手間との兼ね合いを考慮の上、検討ください。

私は、今月、野村證券にてネット購入予定です。

 [2014.09.19追記]
 個人向け国債変動10年(第54回)を野村證券ホームトレードで購入

 [2014.10.09追記]
 個人向け国債 証券会社毎のキャッシュバック比較(2014年10月)
関連記事
スポンサーサイト



COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.