Top Page > 金融機関サービス > カブドットコム証券 > カブドットコム証券が米国株を業界最低水準手数料で取扱いへ

カブドットコム証券が米国株を業界最低水準手数料で取扱いへ

電卓とペンと消しゴム
Image: FreeDigitalPhotos.net


カブドットコム証券が2015年度にも、業界最低水準の手数料にて米国株取引に参入するとのことです。

とよぴ~さんの記事で知りました。
 カブドットコム証券が業界最低水準手数料で米国株取引に参戦 | 高配当ETFで戦略的インデックス投資日記



カブコム、米国株取引に参入へ 手数料は最低水準

個人投資家を対象にした米国株取引には国内証券大手のほか、マネックス証券などのネット証券大手がすでに参入している。カブコムは米国株の株式委託手数料を業界最低水準に抑えて、この分野でのシェア拡大を目指す。



カブドットコム証券からのプレスリリースではなく、まだ日経のニュース記事のみのため、具体的な手数料は不明ですが、「業界最低水準の手数料」ということから、米国株式の手数料が一取引あたり最低5ドル(税抜)のマネックス証券より低くなるかと期待できます。


特定口座対応しているマネックス証券と同様に、カブドットコム証券も特定口座対応してもらえると良いのですが、今後の詳細情報に期待です。

今のところ、カブドットコム証券はMAXISトピックス上場投信(1348)MAXIS海外株式上場投信(1550) の2つのフリーETFしか購入していませんが、米国ETFを購入したくなった際には、バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)を最有力候補に購入検討予定です。
関連記事



【theme : インデックス投資
【genre : 株式・投資・マネー

tag : カブドットコム証券 米国株取引

⇒comment

Secret

プロフィール

kenz

Author:kenz
川崎在住の40代サラリーマンのkenz (けんず)です。
妻(専業主婦)と二人です。2007年からはじめたインデックス投資の日々を記録します。

FacebooktwitterGooglePlusRSS

follow us in feedly


【メディア掲載履歴】
・東証 マネ部!にインデックス投資手法と投資に対する考え方の記事が掲載”
・「東証 マネ部!」と「webR25」初心者にオススメの投資先”
・東証 マネ部! 人気投資ブロガーが推奨する“初心者向け投資法”
・BIG tomorrow2016年12月号増刊
・BIG tomorrowマネー2016年10月号
・ビッグトゥモロウ2016年8月号
・日経ヴェリタス 2016年2月14日号
・ザイ・オンライン2016年1月13日
・Yen SPA! (エンスパ) 2016年 冬号
・日経ヴェリタス2015年11月15日号
・週間SPA!(スパ!) 2015年10/27号
・日経ヴェリタス2015年4月5日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2015年 冬号
・日経ヴェリタス2014年7月6日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2014年 夏号
・Yen SPA! (エンスパ) 2013年 夏号
・日経ヴェリタス2012年6月24日号
・日経ヴェリタス2012年4月29日号
・ネットマネー2012年6月号
・読売新聞2012年1月5日朝刊
・ビッグトゥモロウ11年12月号
・『THE21』2011年10月号
・Yen SPA (エンスパ)2011年夏号


【リンク】
当ブログはリンクフリーです。どの記事もご自由にリンク下さい。

メール(管理人への連絡はこちら)

クリックでメールフォームを表示

カテゴリ


最新記事
検索 (ブログ or Web内)
カスタム検索
スポンサーリンク
カウンター
注意事項
最終的な投資判断については自己責任でお願いいたします。未来は予見できないため、当ブログ内の情報により被った損害について一切の責任を負いかねます。
スポンサー リンク
Facebook
月次ページランキング
ブログパーツ
はてなブックマーク
月別アーカイブ
逆アクセスランキング



他の多くのお役立ち投資関連ブログは以下からどうぞ。
人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
厳選相互リンク
fx 比較