2007年から始めたインデックス投資の記録です。投資信託やETFを使って低コストで日本、先進国、新興国株式への国際分散投資を行っています。2019年にアーリーリタイア(FIRE)しました。現在はeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)をメインに積立中です。

ゆうちょ銀行でSMTインデックスシリーズ2ファンドの取扱開始

CATEGORYSMT(旧STAM)
ゆうちょ銀行の通帳
ゆうちょ通帳 / yto


ゆうちょ銀行では、ノーロードのeMAXISインデックスシリーズ8ファンドを取り扱っています。

それ以外は全てDIAM世界好配当株式ファンド(毎月決算型)【愛称:ハッピーインカム】など販売手数料がかかる高コストファンドばかりのラインナップです。

10月6日より、SMTインデックスシリーズのうち2ファンドがラインナップに追加されました。
以下にて詳細を確認します。




ゆうちょ銀行のノーロード8ファンド

ゆうちょ銀行で購入できるノーロードファンドは以下の8ファンドのみです。
(窓口での取扱いはなく、ネット専用ファンドです)


ゆうちょ銀行のノーロードファンド
 ファンド 信託報酬(%)(税抜)
 eMAXIS TOPIXインデックス 0.40%
 eMAXIS 国内債券インデックス 0.40%
 eMAXIS 先進国株式インデックス 0.60%
 eMAXIS 先進国債券インデックス0.60%
 eMAXIS 新興国株式インデックス0.60%
 eMAXIS 新興国債券インデックス0.60%
 eMAXIS 国内リートインデックス
0.40%
 eMAXIS 先進国リートインデックス
0.60%


eMAXISインデックスシリーズ全15ファンドのうち8ファンドのみですが、基本的な資産クラスのインデックスファンドは全て網羅できています。




ゆうちょ銀行で2014年10月6日から新規取扱いが始まったファンドは全て販売手数料がかかります

 本日から投資信託商品のラインアップを拡充します! | ゆうちょ銀行

ゆうちょ銀行では、本日(2014年10月6日(月))から、新たな投資信託商品の取り扱いを開始いたしましたのでお知らせいたします。



10ファンドが追加され、そのうち2ファンドは以下のSMTインデックスシリーズです。

ゆうちょ銀行の店頭でもネットでも取扱いされていますが、eMAXISインデックスシリーズと違い、残念ながらノーロードではありません。

せっかく低コストが売りのSMTインデックスシリーズですが、どちらも、店頭では販売手数料が2.16%(税込)、ネットでも1.728%(税込)もかかります。

イラネッ。。

他の8ファンドも、新興国ハイイールド債券ファンドやアジア・ハイイールド債券ファンドと言った高コストかつ毎月分配型ファンドがてんこもりです。

ゆうちょ銀行でノーロードで購入できるeMAXISインデックスシリーズにしろ、他のネット証券で買えば済む話です。
特にゆうちょ銀行を利用する必要はありません。
関連記事
スポンサーサイト



COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.