Top Page > インデックス投資 > 私の初めての投信は中央三井外国株式インデックスファンド

私の初めての投信は中央三井外国株式インデックスファンド

資産配分分析データと置時計とめがめ
Image: FreeDigitalPhotos.net


相互リンク先の水瀬ケンイチさんが、初めての購入ファンドについて記事にされています。

  水瀬のデビュー投信は某アクティブファンド | 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)


私も初めて買ったファンドが中央三井外国株式インデックスファンド (現 外国株式インデックスファンド) であることを思い出しました。



初めてのファンドは中央三井外国株式インデックスファンド

私が07年3月にインデックス投資を始めたきっかけ エピソード2でお伝えしたように、勤務先の企業型確定拠出年金スタートをきっかけにインデックス投資を始めることになりました。

それまではネットバンクの金利の良い定期預金でしか運用したことがなかったため、証券会社の口座も持っておらず、既に口座を持っていたソニー銀行にて 「中央三井外国株式インデックスファンド」 (現 外国株式インデックスファンド)をどきどきしながら購入したのが最初です。

そのころはノーロードのインデックスファンドはほとんどありませんでした。
低コストは重要という認識はありましたが、中央三井外国株式インデックスファンドも販売手数料1.0%(税抜)払ったのを覚えています。

しかしながら、その当時は「販売手数料がかかっても、長期保有するのだから毎年かかる信託報酬の低さの方が重要」という風潮で、中央三井外国株式インデックスファンドは信託報酬0.80%(税抜)と信託報酬1%未満なんてすばらしい的な思いが強かったです。




その後、中央三井外国債券インデックスファンドとHSBCインドオープンを購入

その後、「株式だけでなく債券も買って分散しなきゃ」との思いで、同じ月にこちらもソニー銀行にて中央三井外国債券インデックスファンド(現 外国債券インデックスファンド)」(販売手数料1.0%、信託報酬0.70%)を1万円だけドキドキしながら購入しました。

その後、マネックス証券の口座開設をしてから、「新興国株式にも投資しなくちゃ」と(当時は新興国株式インデックスファンドなどあるわけもなく)、HSBC インド オープン(販売手数料3%、信託報酬2.0%)の超高コストファンドを買った黒歴史があります。


その後のノーロード&低コストのSTAMインデックスシリーズ(現SMTインデックスシリーズ)eMAXISインデックスシリーズの登場により、これらのファンドを売却し乗り換えていきましたが、現在の低コストファンドの豊富なラインナップを最初から購入できる方がうらやましいです。


今はすっかりファンド購入に慣れてしまってポンポン金額入れて気軽に購入していますが、投資を始めたばかりだと戸惑いながら購入することになるのはよくわかります。

「リスク許容度に応じて資産配分を決めるべき」と言われても、自分自身のリスク許容度は最初は手探りです。
購入金額は最初は控えめで良いので、購入後のリスク資産の値動きに慣れていくのが重要と考えます。
関連記事



【theme : インデックス投資
【genre : 株式・投資・マネー

tag : 中央三井外国株式インデックスファンド

⇒comment

Secret

⇒trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

10年前(2005年)に私が初めて購入したインデックスファンド

相互リンク先のブログ「Passiveな投資とActiveな未来」に「インデックス投資を開始してまもなく10年。はじめの一歩。」という興味深い記事が掲載された。
プロフィール

kenz

Author:kenz
川崎在住の40代サラリーマンのkenz (けんず)です。
妻(専業主婦)と二人です。2007年からはじめたインデックス投資の日々を記録します。

FacebooktwitterGooglePlusRSS

follow us in feedly


【メディア掲載履歴】
・東証 マネ部!にインデックス投資手法と投資に対する考え方の記事が掲載”
・「東証 マネ部!」と「webR25」初心者にオススメの投資先”
・東証 マネ部! 人気投資ブロガーが推奨する“初心者向け投資法”
・BIG tomorrow2016年12月号増刊
・BIG tomorrowマネー2016年10月号
・ビッグトゥモロウ2016年8月号
・日経ヴェリタス 2016年2月14日号
・ザイ・オンライン2016年1月13日
・Yen SPA! (エンスパ) 2016年 冬号
・日経ヴェリタス2015年11月15日号
・週間SPA!(スパ!) 2015年10/27号
・日経ヴェリタス2015年4月5日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2015年 冬号
・日経ヴェリタス2014年7月6日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2014年 夏号
・Yen SPA! (エンスパ) 2013年 夏号
・日経ヴェリタス2012年6月24日号
・日経ヴェリタス2012年4月29日号
・ネットマネー2012年6月号
・読売新聞2012年1月5日朝刊
・ビッグトゥモロウ11年12月号
・『THE21』2011年10月号
・Yen SPA (エンスパ)2011年夏号


【リンク】
当ブログはリンクフリーです。どの記事もご自由にリンク下さい。

メール(管理人への連絡はこちら)

クリックでメールフォームを表示

カテゴリ


最新記事
検索 (ブログ or Web内)
カスタム検索
スポンサーリンク
カウンター
注意事項
最終的な投資判断については自己責任でお願いいたします。未来は予見できないため、当ブログ内の情報により被った損害について一切の責任を負いかねます。
スポンサー リンク
Facebook
月次ページランキング
ブログパーツ
はてなブックマーク
月別アーカイブ
逆アクセスランキング



他の多くのお役立ち投資関連ブログは以下からどうぞ。
人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
厳選相互リンク
fx 比較