2007年から始めたインデックス投資の記録です。投資信託やETFを使って低コストで日本、先進国、新興国株式への国際分散投資を行っています。2019年にアーリーリタイア(FIRE)しました。現在はeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)をメインに積立中です。

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2014」が11月より受付開始

投票


今年も来月11月1日より、「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2014」の投票受付が始まります。



「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2014」


 「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2014」とは?

内容

投資信託について一般投資家の目線でつねに考え、情報を集め、ブログを書いている投信ブロガーたち。投資信託の事情通である彼らが支持する投資信託はどれか?

証券会社の宣伝やうたい文句にまどわされず、自分たちにとって本当によいと思える投資信託を投信ブロガーたちが投票で選び、それを広めることで「自分たちの手でよりよい投資環境を作っていこう!」というイベントです。



投票期間

 2014年11月1日(土曜日)から11月30日(日曜日)まで。


投票資格

“投信ブロガー”であること。2014年9月30日までにブログを開始していること。
投信ブロガーか否かの判断は運営委員会が行います。



対象となる投資信託

2014年10月31日までに設定された投資信託(ETF含む)。
海外籍ETFについては、日本の証券会社を通じて買付可能なものを対象とします。




投票方法

投票者一人について5ポイントを持ち点とします。この5ポイントを1つから5つまでの投資信託に振り分けて投票してください。

1つの投資信託について1ポイントの整数倍で投票してください。つまり、5ポイントを1つのファンドに集中させてもよいですし、1ポイントずつ5つの投資信託に分散して投票することもできます。

なりすましによる投票を防ぐため、投票後は必ずご自分のブログにて「投票しました」というエントリを公開してください。運営委員会がエントリの存在を確認できないと投票が認められません。ただし、投票内容についてエントリで公開する必要はありません。





ブロガーであれば11月にぜひ投票を

去年の「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2013」と同じで、1ファンドに5ポイントでも、5ファンドに1ぽいんとずつでも持ち点5ポイントを自由に振り分けできます。

投信ブロガーかどうか自信がない方も、投票資格があるかどうか悩むよりも気にせず投票したほうが早いです。

時間もかからないのでさくっと投票しましょう。
アクティブファンドでもインデックスファンドでも、国内ETFでも海外ETFでも、毎月分配型でも、通貨選択コースでも投票できます。

なお、「投票後は必ずご自分のブログにて「投票しました」というエントリを公開してください。」とのことで、投票しました的な記事を書くようにしましょう。

エントリが確認できないために無効票が毎年あるとのことで、忘れずにエントリを書いておきましょう。

私はすでに投票するファンドを決めているので、11月になったら再度、「投票しました」エントリを公開します。


関連記事

 [2014.11.01追記]
 「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2014」投票を即日完了

 [2015.01.10追記]
 「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2014」はニッセイ外国株式インデックスファンドが受賞

 [2015.09.26追記]
 「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2015」の投票が11月より開始
関連記事

COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.