Top Page > ETF > 1680/1681 > 世界株価指数先物ETF(1680,1681)

世界株価指数先物ETF(1680,1681)

世界全体に投資するETF
World on a String / kretyen


過去記事 東証に先進国株式、新興国株式ETFが上場へ!でお伝えした以下ETFについて、詳細記事が載っていました。
上場インデックスファンド海外先進国株式(MSCI-KOKUSAI)(1680)
上場インデックスファンド海外新興国株式(MSCIエマージング)(1681)



QUICK MoneyLife詳細記事 まとめ(結構複雑です)

投信ニューフェース 『上場MSCIコクサイ株』『上場MSCIエマージング株』(日興AM)

・海外各国の税制の問題から株式配当金への課税が高くなって低信託報酬の意味がなくなるかもという点については、(現物株拠出に固執せず)世界各国の株価指数先物+短期金利に主に投資することにより回避をめざす。
また、売買コストも低減することをもくろむ。

・株価指数先物は配当がないが、理論上は配当金価格も上乗せした価格になるため投資家の不利にはならないことをめざす。

・このETFの日本人保有率が高いほど株式配当源泉税の一部が多く戻る(低コスト)可能性がある。



現物株ではなく主に株価指数先物に投資することから、以下問題が特に気になります。
#この辺、コモディティインデックスに投資する際のロールオーバー問題と似ています。
先物運用では株価指数先物取引の満期(最終取引日)が訪れるごとに次の限月に切り替える限月切り替え(ロールオーバー)が必要となる。限月切り替えが低コストでスムーズに進むかどうかも運用の鍵になる。先物運用でMSCI指数採用銘柄の現物株運用を完全に模擬できたとすると、(国内税引き前分配金込みの)基準価額の変動は、現地源泉課税前の配当金込みMSCI指数値の円換算値に理論的には一致するよう近づくはず。日興AMの運用力の見せ場となる。


関連記事

 コモディティ投信、ETFの問題点 その1




当面のスタンス

1680、1681とも魅力的ですが当面様子を見ることにします。
ETFは、現物株式を保有していてこそ裁定取引が働きインデックスとの乖離が少なくなることが魅力なので、先物運用でどうなるか実績がないこと、実質コストがどうなるかはまだわからないこと、流動性の問題等があることが理由です。

とはいえ、日興AMは、現在の税制でなんとかコストを引き下げる努力をしてくれているのは十分伝わりましたので、その点は高く評価します。
今後も継続してウオッチします。


ETFについて

ETFはインデックスファンドより価格決定イメージが直感的にわかりにくいため、よく質問を受けますが、ETFを利用した投資は今回のようにますますメジャーになると考えています。

ETFを用いた国際分散投資についてわかりやすく解説した本として以下を勧めます。
分量的にも読みやすいのでお勧めです。




関連記事

  上場インデックスファンド海外先進国株式(1680) その後
  上場インデックスファンド海外先進国株式(1680)/新興国株式(1681)状況
  ETFの仕組みを理解するためのお勧め情報


 [2012.06.02追記] 日興アセットマネジメントETF勉強会にて詳細を聞いてきました。ぜひご覧ください。
 上場MSCIコクサイ株(1680)、上場MSCIエマージング株(1681)について |  日興アセットETF勉強会

 [2013.04.23追記]
 上場MSCIコクサイ株が分配金を出した訳 日興アセット勉強会
関連記事



【theme : インデックス投資
【genre : 株式・投資・マネー

tag : 上場インデックスファンド海外先進国株式 上場インデックスファンド海外新興国株式 1680 1681

⇒comment

Secret

No title

恐らく、emaxisはstamと同じ動きをするでしょうという前提の下、
emaxisを購入していますが、ETFはよくわからないので、まだインデックス
投信でいいのかな?と思っています。

それ以上先は時代が、解決してくれると思っています。

>矢向さん
そうですね、私もしばらくはeMAXIS or STAMインデックスで良いと思っています。
税制がなかなか強敵のようです。

No title

ややこしいですΣ(゚Д゚ υ)
とりあえずeMAXISを買ってからもういちど読み直してみます(*´∀`*)

>虫@貯蓄さん
はい、かなりややこしいし、理論先行です。
そんなにうまくいくかな~といった疑いが入っています。

No title

難しそうですね。
完全に思考停止状態で頭に入ってこなかったです。。
自分自身の知識が追いつくまでは見送りです(笑)。

>SJPさん
理論に走りすぎていて私は気に入りません。
株式現物に投資するわけではないことが分かれば十分かと。
プロフィール

kenz

Author:kenz
川崎在住の40代サラリーマンのケンズ (kenz)です。
妻(専業主婦)と二人です。2007年からはじめたインデックス投資の日々を記録します。

FacebooktwitterRSS

follow us in feedly



【メディア掲載履歴】
・ダイヤモンド・ザイ 2019年7月号
・ほったらかし投資完全ガイド 最新版
・ITmedia 個人投資家列伝
・Yen SPA! (エンスパ) 2019年 冬号
・株&投資信託大全
・投資信託完全ガイド
・日経ヴェリタス 2018年6月3日号
・日本経済新聞電子版 投信コラム
・「ほったらかし投資完全ガイド」
・東証 マネ部!にインデックス投資手法と投資に対する考え方の記事が掲載”
・「東証 マネ部!」と「webR25」初心者にオススメの投資先”
・東証 マネ部! 人気投資ブロガーが推奨する“初心者向け投資法”
・BIG tomorrow2016年12月号増刊
・BIG tomorrowマネー2016年10月号
・ビッグトゥモロウ2016年8月号
・日経ヴェリタス 2016年2月14日号
・ザイ・オンライン2016年1月13日
・Yen SPA! (エンスパ) 2016年 冬号
・日経ヴェリタス2015年11月15日号
・週間SPA!(スパ!) 2015年10/27号
・日経ヴェリタス2015年4月5日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2015年 冬号
・日経ヴェリタス2014年7月6日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2014年 夏号
・Yen SPA! (エンスパ) 2013年 夏号
・日経ヴェリタス2012年6月24日号
・日経ヴェリタス2012年4月29日号
・ネットマネー2012年6月号
・読売新聞2012年1月5日朝刊
・ビッグトゥモロウ11年12月号
・『THE21』2011年10月号
・Yen SPA (エンスパ)2011年夏号


【リンク】
当ブログはリンクフリーです。どの記事もご自由にリンク下さい。

メール(管理人への連絡はこちら)

クリックでメールフォームを表示

カテゴリ


最新記事
検索 (ブログ or Web内)
カスタム検索
スポンサーリンク
カウンター
注意事項
最終的な投資判断については自己責任でお願いいたします。未来は予見できないため、当ブログ内の情報により被った損害について一切の責任を負いかねます。
スポンサー リンク
Facebook
月次ページランキング
ブログパーツ
はてなブックマーク
月別アーカイブ
逆アクセスランキング



他の多くのお役立ち投資関連ブログは以下からどうぞ。
人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
厳選相互リンク
fx 比較