2007年から始めたインデックス投資の記録です。投資信託やETFを使って低コストで日本、先進国、新興国株式への国際分散投資を行っています。2019年にアーリーリタイア(FIRE)しました。現在はeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)をメインに積立中です。

オリックス銀行 eダイレクト2週間定期預金を12月より取扱い開始

ニュースが書かれた新聞とパン

オリックス銀行は、eダイレクト預金(インターネット専用預金)として金利が高めの定期預金を取り扱っています。

12月1日より、オリックス銀行が新たに「eダイレクト2週間定期預金」の取扱いを開始すると発表がありました。




オリックス銀行が満期2週間の定期預金を開始

 インターネット取引専用「eダイレクト2週間定期預金」の取り扱いを開始 | オリックス銀行

オリックス銀行株式会社(本社:東京都港区、社長:潮 明夫)は、2014年12月1日(月)より、インターネット取引専用の「eダイレクト2週間定期預金」の取り扱いを開始しますので、お知らせします。

「eダイレクト2週間定期預金」は、資金の運用先を選択している間や、できるだけ自由に資金を使いたいが、普通預金より少しでも高い利回りで運用したいなどの短期運用ニーズにお応えする商品です。
最低預入金額は50万円からで、これまでの当社の定期預金より少額からお預け入れいただけます。




金利

まだ不明
(金利および商品の詳細については、12月1日(月)午前0時以降、当社ウェブサイトをご覧ください。とのこと)



預け入れ金額

 50万円以上




満期2週間定期預金の競争がし烈に

オリックス銀行のeダイレクト預金は現在定期預金キャンペーンを実施中ですが、預け入れ金額は100万円以上必要です。
eダイレクト2週間定期預金は、50万円以上と預け入れしやすいのも良い点です。


満期が同じ2週間の満期預金と言えば、新生銀行の2週間満期預金(利率0.15%、50万円以上)や楽天銀行の満期2週間定期預金(利率変動、10万円以上)があります。

12月から開始されるオリックス銀行のeダイレクト2週間定期預金も金利はもちろん、中途解約のしやすさなど含め使い勝手のよいサービスに期待しています。


関連記事

 [2014.12.02追記]
 オリックス銀行のeダイレクト2週間定期預金 年0.2%で取扱いがスタート
関連記事

COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.