2007年から始めたインデックス投資の記録です。投資信託やETFを使って低コストで日本、先進国、新興国株式への国際分散投資を行っています。2019年にアーリーリタイア(FIRE)しました。現在はeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)をメインに積立中です。

SMT 新興国REITインデックス・オープンがSMTインデックスシリーズに仲間入り

CATEGORYSMT(旧STAM)
紙幣の上の家
Image: FreeDigitalPhotos.net


SMT 新興国REITインデックス・オープンSMTインデックスシリーズに11月28日より新規追加されます。

SMT 新興国REITインデックス・オープンは、eMAXIS新興国リートインデックスに続く2つ目の新興国リートインデックスファンドとなります。



 
SMT 新興国REITインデックス・オープンが11月28日に設定

  • ファンド名: SMT 新興国REITインデックス・オープン

  • 設定日: 2014年11月28日

  • ベンチマーク: S&P新興国REIT指数(配当込み)

  • 信託報酬: 年0.60%(税抜)

  • 信託財産留保額: 年0.3%

  • 決算: 年2回(4月20日、10月20日)

  • 当初の販売会社: SBI証券、マネックス証券

  • 運用会社:三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社




SMT 新興国REITインデックス・オープンは、eMAXIS新興国リートインデックスとベンチマーク、コストも同一

SMT 新興国REITインデックス・オープンは、eMAXIS新興国リートインデックスとベンチマークはS&P新興国REIT指数(配当込み)であることはもちろん、信託報酬0.60%、信託財産留保額0.3%も全く同一です。

新興国リートインデックスファンドが欲しい方は、eMAXIS新興国リートインデックスとSMT 新興国REITインデックス・オープンのどちらを買っても良いでしょう。

私は海外リートクラスは、日本を除く先進国と新興国双方のリートに信託報酬0.45%で投資できる<購入・換金手数料なし>ニッセイグローバルリートインデックスファンドを利用しています。

<購入・換金手数料なし>ニッセイグローバルリートインデックスファンドのベンチマークであるS&Pグローバルリートインデックス(除く日本、配当込み)は、SMT 新興国REITインデックス・オープンのベンチマークであるS&P新興国REIT指数も含んでいます。

世界リート市場に占める新興国リートの時価総額比率は3%台です。

まだまだ新興国リート市場の規模は小さいため、ほんのスパイス程度に保有すれば十分でしょう。


関連記事

 [2014.11.28追記]
 SMT インデックスバランス・オープンがSMTインデックスシリーズに本日追加

 [2014.12.19追記]
 SMT インデックスバランスとSMT 新興国REITインデックスが立花証券にて販売開始

 [2015.05.23追記]
 SMT インデックスバランス・オープン等6ファンドの実質コスト判明(2015年5月)
関連記事
スポンサーサイト



COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.