2007年から始めたインデックス投資の記録です。投資信託やETFを使って低コストで日本、先進国、新興国株式への国際分散投資を行っています。2019年にアーリーリタイア(FIRE)しました。現在はeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)をメインに積立中です。

「インデックスファンドは徹底的にコストにこだわらないとダメなんです!」 ニッセイアセットのコンテンツが登場

CATEGORYニッセイ
マネーカプセル
Image: FreeDigitalPhotos.net


ニッセイインデックスシリーズに1月から信託報酬の低い<購入・換金手数料なし>ニッセイJPX日経400インデックスファンド<購入・換金手数料なし>ニッセイ国内債券インデックスファンドが追加されます。

これに合わせ、ニッセイアセットマネジメントのサイトにも本日より「購入・換金手数料なしシリーズ~こだわりのインデックスファンド」として本日より新しいページができています。

この中で購入・換金手数料なしシリーズ 開発秘話のコンテンツが面白いので紹介します。




新規に追加されるニッセイインデックスファンドが正式にサイトに掲載

<購入・換金手数料なし>ニッセイJPX日経400インデックスファンド<購入・換金手数料なし>ニッセイ国内債券インデックスファンドが以下のようにニッセイアセットマネジメントのサイトに正式掲載されました。

どちらも同資産クラスのインデックスファンドとして信託報酬が年0.31%(税抜)と最安のファンドです。


 <購入・換金手数料なし>ニッセイ国内債券インデックスファンド | ニッセイアセットマネジメント

 <購入・換金手数料なし>ニッセイJPX日経400インデックスファンド| ニッセイアセットマネジメント




購入・換金手数料なしニッセイインデックスシリーズのページが新規登場

上の2ファンドの登場に伴い、従来のニッセイインデックスシリーズ6ファンドに新規登場2ファンドを合わせた計8ファンドが紹介されたページも登場しました。


 購入・換金手数料なしシリーズ~こだわりのインデックスファンド | ニッセイアセットマネジメント




こだわりのインデックスファンド 購入・換金手数料なしシリーズ 開発秘話

その中のスペシャルコンテンツとして、こだわりのインデックスファンド 購入・換金手数料なしシリーズ 開発秘話もあります。


「インデックスファンドは徹底的にコストにこだわらないとダメなんです!」とのことで、仕掛け人の商品開発部 課長の寺前芳康さんのインタビュー記事が載っています。


・投資家が負担する手数料を徹底的に抑えることにこだわろう!


と決意され、

PB商品のようにパッケージをシンプルにして効果的に経費を削減したいと訴えました。具体的には、ネット販売を中心とし必要な書類の多くをペーパーレス化しました。


あえて投資信託説明書の表紙画像を作成しませんでした。さまざまな努力や工夫を行い徹底的にこだわった結果、実現できた手数料水準だと思います。



とのことで、涙ぐましい努力で経費削減した結果、実現できた低信託報酬となっています。

カラフルな商品説明や、熱心なセミナーなど、運用成果には何の影響もないどころか、その経費は全て投資家にコストという形で降りかかります。

少しでもコストを抑える工夫は大変好感が持てます。

経費を抑えたからとはいえ、運用には一切手を抜いていません。


今後も投資家のみなさんの声に耳を傾け、手数料に徹底的にこだわり続けて、<購入・換金手数料なし>シリーズを日本を代表するインデックスファンドに育てていきたいと考えています。



とのことで、今後もニッセイインデックスシリーズには期待しています。


関連記事

 [2015.01.10追記]
 「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2014」はニッセイ外国株式インデックスファンドが受賞

 [2015.01.13追記]
 ニッセイ外国株式インデックスファンド等3ファンドの実質コスト(2015年1月)

 [2015.01.24追記]
 ニッセイインデックスシリーズ8ファンドの信託報酬と実質コストまとめ

 [2015.03.26追記]
 ニッセイTOPIXインデックスファンド 最安の信託報酬0.29%で4月27日に新登場

 [2015.10.27追記]
 超低コストはニッセイ ニッセイインデックスシリーズが11月より信託報酬を引き下げとの報道

 [2015.11.12追記]
 ニッセイ外国株式インデックスファンド等3ファンドが信託報酬を大幅に引き下げ(正式発表!)
関連記事
スポンサーサイト



COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.