Top Page > 取引記録 > eMAXIS新興国株式インデックス 追加購入

eMAXIS新興国株式インデックス 追加購入

Market
Market / macieklew


本日の買付記録です。
株式下落の好機とみて、新興国株式インデックスファンドを購入しました。


購入ファンド

・新興国株式
 eMAXIS新興国株式インデックス




所感

今後の動きはわかりませんが、相場下落時はチャンスとみて、時間を分散させてこつこつドルコストで買っていきます。


このような下落相場の時に読み直す私の好きな一文。

「どんなに悲観的な気分になろうと、金融や世界に関するニュースがいかに悪かろうと、ドルコスト平均法による自動操縦を中断してはならない。」

  
by パートン・マルキール 「お金を働かせる10の法則」

参考記事: 「お金を働かせる10の法則」


関連記事



【theme : インデックス投資
【genre : 株式・投資・マネー

tag : eMAXIS新興国株式インデックス

⇒comment

Secret

No title

ドルコスト法を悪く言う人も居ますが、
虫はドルコスト法は間違いないと思います(*´∀`*)

ドルコスト法

 野村証券のドルコスト法のゲームがありますが、個人の判断で勝つのは、なかなか難しいです
 まして、自分のお金をかけるとなれば、なおさらですよね

No title

こんばんは。
またまた同じ日に買われてたんですね。
僕は今年に入ってから毎月ほとんど同額買い付けだったんですが先月は少し多めでした。
積み立てでポートフォリオのバランスを維持するのもなかなか難しいです。

皆様コメントありがとうございます。

>虫@貯蓄さん
ドルコストは有利でも不利でもないとの結論のようなので、それで十分と考えています。
少なくとも定期収入のあるサラリーマンには最適な方法と思います。
自分自身では全く資産運用していない大物評論家が理屈をこねているときも多いので、うのみにしないことも時には必要かと。

>子@FPさん
ドルコスト平均で定額買付していると、相場下落時に臆することなく購入できるのが強みと思います。投資はいかに継続できるかが重要と思うので。

>コータローさん
購入タイミングがいつも一緒ですね。
私も相場下落時に資金を通常より多めに投入する変形ドルコストです。私はまだ理想の配分比率ではないので、こういう時に徐々に理想の配分に近づけるチャンスと思っています。
プロフィール

kenz

Author:kenz
川崎在住の40代サラリーマンのケンズ (kenz)です。
妻(専業主婦)と二人です。2007年からはじめたインデックス投資の日々を記録します。

FacebooktwitterRSS

follow us in feedly



【メディア掲載履歴】
・Yahoo!ファイナンス
・投資信託完全ガイド 2020最新版
・【完全ガイドシリーズ255】投資信託完全ガイド
・Yen SPA! (エンスパ) 2019年 夏号
・ダイヤモンド・ザイ 2019年7月号
・ほったらかし投資完全ガイド 最新版
・ITmedia 個人投資家列伝
・Yen SPA! (エンスパ) 2019年 冬号
・株&投資信託大全
・投資信託完全ガイド
・日経ヴェリタス 2018年6月3日号
・日本経済新聞電子版 投信コラム
・「ほったらかし投資完全ガイド」
・東証 マネ部!にインデックス投資手法と投資に対する考え方の記事が掲載”
・「東証 マネ部!」と「webR25」初心者にオススメの投資先”
・東証 マネ部! 人気投資ブロガーが推奨する“初心者向け投資法”
・BIG tomorrow2016年12月号増刊
・BIG tomorrowマネー2016年10月号
・ビッグトゥモロウ2016年8月号
・日経ヴェリタス 2016年2月14日号
・ザイ・オンライン2016年1月13日
・Yen SPA! (エンスパ) 2016年 冬号
・日経ヴェリタス2015年11月15日号
・週間SPA!(スパ!) 2015年10/27号
・日経ヴェリタス2015年4月5日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2015年 冬号
・日経ヴェリタス2014年7月6日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2014年 夏号
・Yen SPA! (エンスパ) 2013年 夏号
・日経ヴェリタス2012年6月24日号
・日経ヴェリタス2012年4月29日号
・ネットマネー2012年6月号
・読売新聞2012年1月5日朝刊
・ビッグトゥモロウ11年12月号
・『THE21』2011年10月号
・Yen SPA (エンスパ)2011年夏号


【リンク】
当ブログはリンクフリーです。どの記事もご自由にリンク下さい。

メール(管理人への連絡はこちら)

クリックでメールフォームを表示

カテゴリ


最新記事
検索 (ブログ or Web内)
カスタム検索
スポンサーリンク
カウンター
注意事項
最終的な投資判断については自己責任でお願いいたします。未来は予見できないため、当ブログ内の情報により被った損害について一切の責任を負いかねます。
スポンサー リンク
Facebook
はてなブックマーク
月別アーカイブ
逆アクセスランキング



他の多くのお役立ち投資関連ブログは以下からどうぞ。
人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
厳選相互リンク
fx 比較