Top Page > ベンチマーク推移 > 国際分散投資の重要性を主要7資産の過去8年間のリターン比較から再確認

国際分散投資の重要性を主要7資産の過去8年間のリターン比較から再確認

2016と書かれた矢
Image: FreeDigitalPhotos.net


日興アセットマネジメントのコラムに2007年から2014年の主要7資産クラス(配当込み指数)の年間パフォーマンス一覧が載っていました。

1年前の記事 主要資産の年間パフォーマンス(2006年-2013年)から考えること同様に内容を確認します。



主要7資産の年間パフォーマンス(2007年から2014年)

 Vol.907 過去の好パフォーマンス資産から考える | 日興アセットマネジメント

主要7資産の年間パフォーマンス(2007年から2014年)

2014年は7資産ともリターンはプラスとなり、これで2012年、2013年、2014年と3年連続で7資産ともプラスリターンとなりました。

特に、グローバルREITが38.8%、日本REITが29.7%と国内外のREIT(不動産投資信託)が高いリターンでした。

逆に日本株式が10.3%で他資産よりもリターンが低いです。
同じ株式でも、先進国株式であれば19.9%、新興国株式も11.6%のリターンが得られました。
日本株式のみ投資している場合は、外国株式に投資している投資家よりリターンが低かったことがわかります。

2013年の順位と比べても順番は大きく入れ替わっており、事前予測は不可能です。




個人のリスク許容度に合わせて、国内外の幅広い資産に分散投資を行なうことが重要

過去の主要資産の年間パフォーマンスの推移を見ると、パフォーマンスの良い資産は一定ではなく、また、各資産の騰落には法則性もみられません。そのため、中長期において運用成果を向上させるためには、好パフォーマンスをあげる資産を当てることに重きを置くのではなく、個人のリスク許容度に合わせて、国内外の幅広い資産に分散投資を行なうことが重要といえそうです。



毎回、上記の同じ文言を引用していますが、まさにこの点が地球上の地域(日本、先進国、新興国)にも幅広い資産(株式、債券、REIT等)にも分散投資する「国際分散投資」の重要性を表しています。


また、この3年間はどの資産もプラスリターンですが、上記表の2008年(リーマンショック)のように全資産マイナスになることも考慮すべきです。

2008年の日本株式 -40.6%、先進国株式 -51.6%、新興国株式 -62.0% よりひどい下落相場が今後起きても投資が継続できるように、個人のリスク許容度に合わせた安全資産とリスク資産比率、リスク資産のアセットアロケーション決めが重要です。




合わせてできるだけ低コストの投資も重要

また上の表はあくまで配当込み指数のリターンなので、ファンドにて購入する場合はこの表のリターンの数値からコスト分が確実に引かれます。
分配金だのなんだので税金が引かれる分もさらにリターンを引き下げます。

そのため、低コストインデックスファンドの実質コスト完全比較 (2014年12月)にあるようなできるだけ低コストのインデックスファンドを中心にコストを考慮しての投資も重要と考えます。


関連記事

 [2016.01.20追記]
 主要7資産の過去8年間の年間パフォーマンスからわかる国際分散投資の重要性
関連記事



【theme : インデックス投資
【genre : 株式・投資・マネー

tag : 国際分散投資

⇒comment

Secret

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

kenz

Author:kenz
川崎在住の40代サラリーマンのkenz (けんず)です。
妻(専業主婦)と二人です。2007年からはじめたインデックス投資の日々を記録します。

FacebooktwitterGooglePlusRSS

follow us in feedly


【メディア掲載履歴】
・東証 マネ部!にインデックス投資手法と投資に対する考え方の記事が掲載”
・「東証 マネ部!」と「webR25」初心者にオススメの投資先”
・東証 マネ部! 人気投資ブロガーが推奨する“初心者向け投資法”
・BIG tomorrow2016年12月号増刊
・BIG tomorrowマネー2016年10月号
・ビッグトゥモロウ2016年8月号
・日経ヴェリタス 2016年2月14日号
・ザイ・オンライン2016年1月13日
・Yen SPA! (エンスパ) 2016年 冬号
・日経ヴェリタス2015年11月15日号
・週間SPA!(スパ!) 2015年10/27号
・日経ヴェリタス2015年4月5日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2015年 冬号
・日経ヴェリタス2014年7月6日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2014年 夏号
・Yen SPA! (エンスパ) 2013年 夏号
・日経ヴェリタス2012年6月24日号
・日経ヴェリタス2012年4月29日号
・ネットマネー2012年6月号
・読売新聞2012年1月5日朝刊
・ビッグトゥモロウ11年12月号
・『THE21』2011年10月号
・Yen SPA (エンスパ)2011年夏号


【リンク】
当ブログはリンクフリーです。どの記事もご自由にリンク下さい。

メール(管理人への連絡はこちら)

クリックでメールフォームを表示

カテゴリ


最新記事
検索 (ブログ or Web内)
カスタム検索
スポンサーリンク
カウンター
注意事項
最終的な投資判断については自己責任でお願いいたします。未来は予見できないため、当ブログ内の情報により被った損害について一切の責任を負いかねます。
スポンサー リンク
Facebook
月次ページランキング
ブログパーツ
はてなブックマーク
月別アーカイブ
逆アクセスランキング



他の多くのお役立ち投資関連ブログは以下からどうぞ。
人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
厳選相互リンク
fx 比較