2007年から始めたインデックス投資の記録です。投資信託やETFを使って低コストで日本、先進国、新興国株式への国際分散投資を行っています。2019年にアーリーリタイア(FIRE)しました。現在はeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)をメインに積立中です。

護衛艦「いずも」(DDH-183) 特別公開見学レポート

CATEGORY護衛艦
護衛艦いずも

先月3月25日に海上自衛隊に引き渡されたばかりのヘリコプター搭載護衛艦「いずも」(DDH-183)の特別公開に当選したので、4月11日に見学・乗船してきました。

9000人限定公開のところ、4万人の応募があったという人気だったということで、簡単にレポートします。

(投資とは関係ありません。)



護衛艦「いずも」とは?

護衛艦「いずも」は海上自衛隊の保有する最大の大きさの護衛艦です。
多くのヘリコプターを搭載、同時発着可能にするために全通甲板となっています。

ヘリコプター搭載護衛艦(DDH)としては既にひゅうが型の「ひゅうが」、「いせ」の2隻がいますが、「いずも」はさらに巨大です。

海上自衛隊の主力となる護衛隊群は4つに分かれており、護衛隊群1つにつき1隻ずつDDHを配備する計画です。
そのため、「いずも」型はもう1隻が建造中です。


主な性能項目は以下の通りです。

  • 基準排水量: 19500トン

  • 全長: 248メートル

  • 全幅: 38メートル

  • 高さ: 49メートル

  • 速力: 30ノット(55km/h)





護衛艦「いずも」 特別公開

横須賀基地入場時に、荷物検査でリュックに水筒が入っているのを見て、係員のおねーさんに「一口飲んでいただけますか?」との指示を受けました。

ここで「喉乾いていない」とか「飲めない」とか言うと怖い人たちが来るんだろうなと思いつつ、一口飲むと無事入場できました。



護衛艦いずも側面

基地に入場するといきなり「いずも」の巨体が目の前。
過去にイージス艦「あたご」や汎用護衛艦「やまぐも」の見学も経験していますが、この大きさには圧倒されます。




護衛艦いずもの格納甲板

「いずも」の中に入るとこの広さ。複数のヘリコプターを整備できる格納甲板の広さに驚き。
バスケットボールも余裕でできます。




護衛艦いずものエレベーター
格納庫中央のエレベーター(第一プラットフォーム)からいよいよ飛行甲板へ。
このエレベーターは子供たち中心に歓声があがるほど大人気でした。





護衛艦いずも飛行甲板のヘリコプター

飛行甲板上に置いてある艦載ヘリコプター。
特に対潜水艦に威力を発揮します。




護衛艦いずもの飛行甲板

飛行甲板の広さに驚き。甲板はアスファルトではないのですが、やたらざらざらでした。




護衛艦いずも

再度エレベーターで格納甲板に戻ってから、今度はオレンジの救命胴衣を着て、タグボートでミニ軍港めぐりのサービスがありました。
いたれりつくせりでテンション高し。

海側からの「いずも」や他の艦艇もたくさんみることができました。




護衛艦いずも

満足して「いずも」から降りたところをパシャリ。


この後は汐入の高級イタリアンで窓から「いずも」を遠くに見ながら、ビールと白ワイン飲んで酔っ払ってました。

いずも型2番艦も今年の8月には進水予定とのことで、完成が楽しみです。


関連記事

 [2015.10.12追記]
 護衛艦「いずも」(DDH183)の一般公開 in 横浜を見てきたので写真付きで紹介
関連記事

COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.