2007年から始めたインデックス投資の記録です。投資信託やETFを使って低コストで日本、先進国、新興国株式への国際分散投資を行っています。2019年にアーリーリタイア(FIRE)しました。現在はeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)をメインに積立中です。

インデックス早わかり eMAXISシリーズのベンチマーク解説コンテンツの紹介

CATEGORYeMAXIS
ベンチマークのデータ分析
Image: FreeDigitalPhotos.net


eMAXISインデックスシリーズのサイトに、「インデックス早わかり」としてeMAXISインデックスファンドで使われている14個のベンチマーク(指数)の国別構成、銘柄、特徴、過去の値動きが一覧で見えるコンテンツができています。

ベンチマークの指数の概要把握に役立つので紹介します。



eMAXIS インデックス早わかり

eMAXISインデックスシリーズのラインナップ

 インデックス早わかり | 三菱UFJ投信 eMAXISインデックスシリーズ


たとえば、eMAXIS国内物価連動国債インデックスのベンチマークであるNOMURA 物価連動国債インデックス(フロアあり)の場合、
投資対象、銘柄入替時期、構成ウェイト、構成基準、Q&A, 債券格付別の構成比率や組入上位銘柄などがすぐにわかるようになっています。


今までも、各ファンドの交付目論見書や月報を読むことで、国別構成比率や組入上位銘柄はわかりましたが、一覧で手軽に見られるので便利です。

ベンチマークごとに、TOPIXのような「時価総額型」か、日経平均やダウ・ジョーンズ工業株価平均のような「株価平均型」か明確にわかるようになっているところも良いです。

ファンドのベンチマークがどういう構成か十分理解したうえで、ファンドを購入する必要があります。
指数がどういう国のどういった銘柄に投資しているのか確認のために利用できて便利ですね。
関連記事

COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.