Top Page > インデックスファンド > 年金積立 > 「年金積立インデックスファンド海外新興国株式」 信託報酬引き下げ

「年金積立インデックスファンド海外新興国株式」 信託報酬引き下げ

手数料

年金積立インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式 信託報酬引き下げ

年金積立インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式」が2/17より信託報酬を引き下げてきました。

吊られた男さんのエントリ「信託報酬引き下げ実施 - 年金積立インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式」で知りました。
(年金積立、STAM、eMAXIS新興国のそれぞれのコスト比較をされています)


プレスリリース

日興アセットマネジメント 証券投資信託約款変更のお知らせ
受益者の皆様の利便性向上を図るため、信託報酬率を年10,000分の6(税抜き)引き下げました。



これにより年金積立インデックスファンド海外新興国株式の信託報酬は0.8295%に低下しました。



所感

本ファンドは、MSCIエマージング・マーケット・インデックスに連動する初のインデックスファンドとしてノーロードではなくても登場時は感動したものです。
(それまでは新興国株式への投資は、コスト高を承知で新興国アクティブファンドしか選択肢がありませんでした)

それが、STAM新興国株式インデックスeMAXIS新興国株式インデックスの登場でコスト優位性がなくなり純資産が伸び悩んでいたための策と思われます。私は本ファンドは保有していませんが、保有している方にとってはうれしいニュースですね。


関連記事

[2010.12.31追記]
  よく調べたら少額保有していました。
  現在の購入、保有ファンドは 保有している投資信託まとめ(2010年12月)を参照ください。

[2011.04.01追記] 全額売却しました。
  年金積立インデックス海外新興国株式 売却  

eMAXIS新興国株式インデックスの信託報酬が0.63%なので、まだまだ0.8295%の信託報酬はコスト高に感じます。
またいまどき購入手数料が1.05%の時点で検討対象外です。


関連記事

 [2011.11.20追記]
 各資産クラス毎の実質コスト最安インデックスファンドまとめ 



個人的にはSTAMシリーズがeMAXISに対抗して信託報酬を下げてくれるとうれしいのですが。
ともあれ、信託報酬引き下げ競争が起きるのは投資家としては大歓迎です。


 [2010.11.13追記] 本当にSTAMシリーズが信託報酬を下げました。
 信託報酬引下げへ(STAMシリーズ+世界経済インデックスの計9ファンド)

 [2011.02.17追記]
 年金積立インデックスファンド海外新興国債券 信託報酬引き下げ 

 [2011.11.22追記]
 年金積立インデックスファンド海外新興国株式/債券が楽天証券でノーロード化

 [2012.02.17追記]
 年金積立インデックスファンド海外新興国株式の信託報酬が大きく下がり、最も信託報酬が低い新興国株式インデックスファンドになりました。
 年金積立インデックスファンド海外新興国株式が信託報酬を大幅に引下げ

 [2012.05.29追記] マネックス証券でもノーロード化されました。
 年金積立インデックスファンド海外新興国株式/債券がマネックス証券でもノーロード化

 [2013.01.19追記]
 年金積立新興国株式/債券 信託報酬引下げ後初の実質コスト
関連記事



【theme : インデックス投資
【genre : 株式・投資・マネー

tag : 年金積立インデックスファンド海外新興国株式 信託報酬

⇒comment

Secret

No title

こんにちは。
STAMの新興国株式インデックスが出るまでの短い間、
この銘柄を新興国株式投資の中心にした時期がありました。
ですので懐かしく感じてしまいました(現役の投信なのに、、)。
購入手数料ゼロで取り扱う証券会社が出てくれば、
かつての輝きを幾らか取り戻すかもしれませんね。

今年も

今年も、eMAXISシリーズの信託報酬をさらに下回るインデックスファンドが登場するような気がします。
やはり、自由競争社会ですからねえ。

No title

吊られた男さんのブログ見てきましたが、
eMAXIS新興国株式は信託報酬が1位なんですねΣ(゚Д゚ υ)

楽天証券が来たので購入してみます(*´ω`*)

No title

STAMとeMAXISの切磋琢磨がいろいろなファンドに波及するのはいいいことですよね!
それにしてもeMAXISの隠れコストには今後注目です。

>SJPさん
私もこのファンドは出たころに少しだけ持ってました。利益確定してeMAXISに乗り換えてしまいましたが。ノーロードにしないといまは勝負にならないですよね。

>世界のREITさん
さらなるローコストファンドが出てくるとうれしいですね。アメリカ並みになってくれるともう言うことないのですが。

>虫@貯蓄さん
はいそうです。隠れコスト含めたトータルはまだ報告書発行前なのでわかっていませんが、今のところは最安と考えています。

>じろらもさん
隠れコスト含むトータルコストは早く知りたいですよね。既に新規購入分はeMAXISに切り替えていますので。

⇒trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

信託報酬引き下げ実施 - 年金積立インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式

STAM、eMAXISの陰に隠れつつありますが、MSCI Emerging連動のインデックスファンドの元祖と言えば、年金積立インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式です。 その年金積立インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式が信託報酬を下げてきました。 日興A...
プロフィール

kenz

Author:kenz
川崎在住の40代サラリーマンのケンズ (kenz)です。
妻(専業主婦)と二人です。2007年からはじめたインデックス投資の日々を記録します。

FacebooktwitterRSS

follow us in feedly



【メディア掲載履歴】
・【完全ガイドシリーズ255】投資信託完全ガイド
・Yen SPA! (エンスパ) 2019年 夏号
・ダイヤモンド・ザイ 2019年7月号
・ほったらかし投資完全ガイド 最新版
・ITmedia 個人投資家列伝
・Yen SPA! (エンスパ) 2019年 冬号
・株&投資信託大全
・投資信託完全ガイド
・日経ヴェリタス 2018年6月3日号
・日本経済新聞電子版 投信コラム
・「ほったらかし投資完全ガイド」
・東証 マネ部!にインデックス投資手法と投資に対する考え方の記事が掲載”
・「東証 マネ部!」と「webR25」初心者にオススメの投資先”
・東証 マネ部! 人気投資ブロガーが推奨する“初心者向け投資法”
・BIG tomorrow2016年12月号増刊
・BIG tomorrowマネー2016年10月号
・ビッグトゥモロウ2016年8月号
・日経ヴェリタス 2016年2月14日号
・ザイ・オンライン2016年1月13日
・Yen SPA! (エンスパ) 2016年 冬号
・日経ヴェリタス2015年11月15日号
・週間SPA!(スパ!) 2015年10/27号
・日経ヴェリタス2015年4月5日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2015年 冬号
・日経ヴェリタス2014年7月6日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2014年 夏号
・Yen SPA! (エンスパ) 2013年 夏号
・日経ヴェリタス2012年6月24日号
・日経ヴェリタス2012年4月29日号
・ネットマネー2012年6月号
・読売新聞2012年1月5日朝刊
・ビッグトゥモロウ11年12月号
・『THE21』2011年10月号
・Yen SPA (エンスパ)2011年夏号


【リンク】
当ブログはリンクフリーです。どの記事もご自由にリンク下さい。

メール(管理人への連絡はこちら)

クリックでメールフォームを表示

カテゴリ


最新記事
検索 (ブログ or Web内)
カスタム検索
スポンサーリンク
カウンター
注意事項
最終的な投資判断については自己責任でお願いいたします。未来は予見できないため、当ブログ内の情報により被った損害について一切の責任を負いかねます。
スポンサー リンク
Facebook
月次ページランキング
ブログパーツ
はてなブックマーク
月別アーカイブ
逆アクセスランキング



他の多くのお役立ち投資関連ブログは以下からどうぞ。
人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
厳選相互リンク
fx 比較