Top Page > ETF > 1680/1681 > 上場インデックスファンド海外先進国株式(1680)/新興国株式(1681)状況

上場インデックスファンド海外先進国株式(1680)/新興国株式(1681)状況

上場MSCIコクサイ株(1680)バナー

銘柄名   上場インデックスファンド海外先進国株式(MSCI-KOKUSAI)
銘柄コード 1680
特定の指標 MSCI-KOKUSAIインデックス
信託報酬  0.2625%(税抜0.25%)程度



上場MSCIエマージング株(1681)バナー

銘柄名   上場インデックスファンド海外新興国株式(MSCIエマージング)
銘柄コード 1681
特定の指標 MSCI エマージング・マーケット・インデックス
信託報酬  0.2625%(税抜0.25%)程度



上場インデックスファンド海外先進国株式(1680)に続き、先日上場したばかりの上場インデックスファンド海外新興国株式(1681)のETFの基準価額の乖離率もチェックします。

関連記事

 [2011.10.24追記]
 東証に先進国株式、新興国株式ETFが上場へ!


基準価額の乖離率チェック

 東京証券取引所のデータ ETFの基準価格と終値の乖離について 

(2/26時点)

1680  乖離率 +1.28%  売買高 44,780 
1681  乖離率 +2.36%  売買高 88,130 

1306  乖離率+0.14%  売買高 2,111,890口 (比較対象)




所感

やはり1680,1681はずいぶんプレミアムがのっており、本来価値より割高な状態です。
売買高もまだまだなので流動性がネックです。
そのため比較対象とした1306(TOPX連動上場投信)と比べると、乖離率の高さが目立ちます。

信託報酬が激安なメリットが簡単に吹き飛ぶ割高さですが、改善されていくことを期待して今後も継続してウオッチします。


関連記事

 [2011.10.24追記]
 MAXIS海外株式(MSCIコクサイ)上場投信 設定
 MAXIS海外株式(MSCIコクサイ)上場投信がフリーETF対象に

 [2012.06.02追記] 日興アセットマネジメントETF勉強会にて詳細を聞いてきました。
 上場MSCIコクサイ株(1680)、上場MSCIエマージング株(1681)について |  日興アセットETF勉強会
関連記事



【theme : インデックス投資
【genre : 株式・投資・マネー

tag : 上場インデックスファンド 1680 1681 MSCI-KOKUSAI

⇒comment

Secret

上場投信自体が

 大和の上場投信が「」だらけで、でずっと続いているように、日本では上場投信自体が難しいのかもしれません。
 流動性を確保するには、マーケットメーカーが必要かもしれませんね。

Re: 上場投信自体が

>子@FPさん

#大和でなく1680,1681は日興ですよね。
裁定取引のため機関投資家たるマーケットメーカーの存在は必須ですね。

野村の1306のように十分な流動性のあるETFもあるので日本では特に上場投信が難しいとは思ってはいません。ブラジルだのインドだのゴールドだのマニアックな投資対象ばかりの上場を続けてきた中で1680,1681のような投資家が本命とするインデックス連動ETFが出てきたことは歓迎しています。先物を多用する特殊事情があるので今はチェックしているだけですが。。


>  大和の上場投信が「」だらけで、でずっと続いているように、日本では上場投信自体が難しいのかもしれません。
>  流動性を確保するには、マーケットメーカーが必要かもしれませんね。

いやいや

>大和でなく1680,1681は日興ですよね。
 私が言いたいのは、その投信でなく「ダイワ上場投信・TOPIX-17」のそれぞれの投資信託の実績です。1634ぐらいから1649位の奴です。
 ETFをやっている人の間では有名なのですが、売買が成立している日がある方が珍しいというETFです。

 たぶん、1680-1681も、ライバルの上場投信が出てしまうと、このダイワの様になってしまう可能性が大なんですよ

 ブラジル、インド、ゴールドの方が、現物の保管が不要かつ、現物より容易に投資ができるなので、ETFとして、価値があるんですよ。
(レアル:ボベスパ指数は公表されていますので投資家が予想や価格の算出が容易にできる)
 それですら、24H取引で、マーケットメーカーが居ないと、流通量によっては、東証の外国株の様に流動性がなく、意味がないんですけどね。

 逆に言えば、MSCIとか、「分散しすぎて予想を立てにくい」、「ぱっと見て価格が算定できない」「現物は存在していない」ものは、ETFとして魅力がないんですよね。上場投信より、401K向け商品なんですよ。
 あくまでも、現況の日本の投資家の目線の意見ですけどね
(この国の株式ですら、先物に踊らされて株価が推移する程度ですよ)

No title

だいぶかいりしてるんですねΣ(゚Д゚ υ)
乖離率はすっかり見てなくて買える値段とか普通に思ってましたw
危ないところでした(;´∀`)

楽天証券の口座開設が出来たんでEMAXISを購入しようと思ったんですが、
普通の人がやりやすい1000円積立をしてみようかと思ってるんですけど、1000円積立ってkenzが思うデメリットはありますか?
特に無いならみんなが出来る1000円積立をブログに書いて行きたいと思ってます(*´ω`*)

Re: いやいや

>子@FPさん
なるほど、「ダイワ上場投信・TOPIX-17」シリーズのことでしたか。
売買成立することがまれなのは知っていますが、ETFは分散された投資対象だからこそ価値があると考えています。そのため上記ETFの存在価値が私には理解できず話題に取り上げていませんでした。

>  たぶん、1680-1681も、ライバルの上場投信が出てしまうと、このダイワの様になってしまう可能性が大なんですよ

→ ここよくわからないのでよろしければもう少し教えていただけませんか?
  ライバルの上場投信というのはどのようなETFをさしていますでしょうか?

また、  ボベスパ指数が公表されている→ 投資家が予想や価格の算出が容易 であれば
MSCI指数も公表されていると思いますが、MSCIも現物を使って裁定取引できるのなら問題
ないはずと思っていますがなにが問題でしょうか?
(1680,1681は先物多用なので現物と交換する裁定取引が働くか怪しいという点は理解しています)

>虫@貯蓄さん

⇒はい、乖離率を見ておかないと不利な価格で買ってしまう恐れがあるので。
 (売却時に割高だと逆に有利ですが)

> 楽天証券の口座開設が出来たんでEMAXISを購入しようと思ったんですが、
> 普通の人がやりやすい1000円積立をしてみようかと思ってるんですけど、1000円積立ってkenzが思うデメリットはありますか?
> 特に無いならみんなが出来る1000円積立をブログに書いて行きたいと思ってます(*´ω`*)

⇒1000円単位での積立のデメリットは特にないと思います。
 投資できるのが月1万円だと、従来は分散したくてもできなかったのが、1000円積立によって、複数のアセットに配分比率を選んで投資できるようになったのが大きいメリットと思います。実際の想定される使い方としては、少額で複数ファンド(株式・債券等)に「好きな配分で分散投資できること」と思っています。
 例)月8000円で以下4ファンドに分散
 eMAXIS先進国株式 3000円
 eMAXIS新興国株式 2000円
 eMAXIS TOPIX   1000円
eMAXIS先進国債券 2000円
ですので、

No title

こんにちは。
相変わらずETFの仕組みは良く分からないのですが、
1680/1681を見ると売買高と乖離率は
単純に比例する訳でもないのですね。
ウリ・カイのバランスなども絡んでくるのかな??(←独り言)
ETFへのリレーを考えるタイミングまでには勉強します!

>SJPさん
まだまだ上場間もないのでなんとも言えませんが、一般的にはやはり売買高が上がると乖離率は下がる傾向にあるはずです。
ETFの仕組みは「裁定取引」で検索いただくと一発かと思います。
#人間の欲をうまく利用して適正価格に落ち着かせる絶妙な方法です。

仕組みでなにか不明な点あればお知らせください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 世界の株価

>子@FPさん
コメントありがとうございます。
お考えである集中投資で別によいと思います。反対するつもりはありません。
私は残念ながら、未来予測は全くできないと自覚していますので、インデックス連動による世界分散投資を続けます。これとて将来北斗の拳のような世界になるのなら意味ないですが。

No title

アドバイスありがとうございます(*´ω`*)
1000円積立で特にデメリットはないんですね(ノ´∀`*)
虫のブログに来てくれてる方は大体が投資は難しくてわからないけど興味があるという方が多いので、
みんなが出来る可能性の高い1000円からはじめたかったのです(*´∀`*)
1000円なら見てる人も投資をしてみようかなと考えるかもしれないのでヾ(*´∀`*)ノ

アドバイス本当にありがとうございます(>Д<)ゝ

No title

こんばんは。アドバイスありがとうございます!
まずは「裁定取引」をキーワードに調べてみます。
何かつまずいてしまったらまた教えて下さい♪
プロフィール

kenz

Author:kenz
川崎在住の40代サラリーマンのケンズ (kenz)です。
妻(専業主婦)と二人です。2007年からはじめたインデックス投資の日々を記録します。

FacebooktwitterRSS

follow us in feedly



【メディア掲載履歴】
・【完全ガイドシリーズ255】投資信託完全ガイド
・Yen SPA! (エンスパ) 2019年 夏号
・ダイヤモンド・ザイ 2019年7月号
・ほったらかし投資完全ガイド 最新版
・ITmedia 個人投資家列伝
・Yen SPA! (エンスパ) 2019年 冬号
・株&投資信託大全
・投資信託完全ガイド
・日経ヴェリタス 2018年6月3日号
・日本経済新聞電子版 投信コラム
・「ほったらかし投資完全ガイド」
・東証 マネ部!にインデックス投資手法と投資に対する考え方の記事が掲載”
・「東証 マネ部!」と「webR25」初心者にオススメの投資先”
・東証 マネ部! 人気投資ブロガーが推奨する“初心者向け投資法”
・BIG tomorrow2016年12月号増刊
・BIG tomorrowマネー2016年10月号
・ビッグトゥモロウ2016年8月号
・日経ヴェリタス 2016年2月14日号
・ザイ・オンライン2016年1月13日
・Yen SPA! (エンスパ) 2016年 冬号
・日経ヴェリタス2015年11月15日号
・週間SPA!(スパ!) 2015年10/27号
・日経ヴェリタス2015年4月5日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2015年 冬号
・日経ヴェリタス2014年7月6日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2014年 夏号
・Yen SPA! (エンスパ) 2013年 夏号
・日経ヴェリタス2012年6月24日号
・日経ヴェリタス2012年4月29日号
・ネットマネー2012年6月号
・読売新聞2012年1月5日朝刊
・ビッグトゥモロウ11年12月号
・『THE21』2011年10月号
・Yen SPA (エンスパ)2011年夏号


【リンク】
当ブログはリンクフリーです。どの記事もご自由にリンク下さい。

メール(管理人への連絡はこちら)

クリックでメールフォームを表示

カテゴリ


最新記事
検索 (ブログ or Web内)
カスタム検索
スポンサーリンク
カウンター
注意事項
最終的な投資判断については自己責任でお願いいたします。未来は予見できないため、当ブログ内の情報により被った損害について一切の責任を負いかねます。
スポンサー リンク
Facebook
月次ページランキング
ブログパーツ
はてなブックマーク
月別アーカイブ
逆アクセスランキング



他の多くのお役立ち投資関連ブログは以下からどうぞ。
人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
厳選相互リンク
fx 比較