2007年から始めたインデックス投資の記録です。投資信託やETFを使って低コストで日本、先進国、新興国株式への国際分散投資を行っています。2019年にアーリーリタイア(FIRE)しました。現在はeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)をメインに積立中です。

eMAXISインデックスシリーズ全19ファンドの信託報酬、実質コストまとめ

CATEGORYeMAXIS
データシートとピン
Image: FreeDigitalPhotos.net


eMAXISインデックスシリーズに、8月27日よりeMAXIS バランス (4資産均等型)eMAXIS 債券バランス (2資産均等型)が追加されます。

その2ファンド含むeMAXISインデックスシリーズ全19ファンドの信託報酬、実質コスト(信託報酬+その他費用)、ベンチマーク一覧をまとめます。




eMAXISインデックスシリーズ 全19ファンドの信託報酬、実質コスト、ベンチマーク

eMAXISインデックスシリーズ実質コストまとめ(2015年1月決算)でお伝えした16ファンドに加え、以下3ファンドを含む計19ファンドについてまとめました。

各ファンドの信託報酬、実質コスト、ベンチマーク一覧は以下です。

低コストインデックスファンドの実質コスト完全比較 での各資産クラス毎に信託報酬、実質コストが他のインデックスファンドシリーズよりも最安の箇所を薄桃色にしています。(他にないオリジナルな資産クラスやバランスファンドも薄桃色表示)


eMAXISインデックスシリーズ全19ファンド
 ファンド 信託報酬(税抜) 実質コスト(税抜) ベンチマーク
 eMAXIS 日経225インデックス 0.40% 0.42% 日経平均株価
 eMAXIS TOPIXインデックス 0.40% 0.41% TOPIX
 eMAXIS JPX日経400インデックス 0.40% 0.45% JPX日経インデックス400
 eMAXIS 国内債券インデックス 0.40% 0.40% NOMURA-BPI総合
 eMAXIS 国内物価連動国債インデックス 0.40% 0.40% NOMURA 物価連動国債インデックス(フロアあり)
 eMAXIS 先進国株式インデックス 0.60% 0.64% MSCI KOKUSAIインデックス
 eMAXIS NYダウインデックス 0.60% 0.95% ダウ・ジョーンズ工業株価平均(NYダウ)
 eMAXIS 先進国債券インデックス0.60% 0.61% シティ世界国債インデックス(除く日本)
 eMAXIS 新興国株式インデックス0.60% 0.84% MSCI エマージング・マーケット・インデックス
 eMAXIS 新興国債券インデックス0.60% 0.69% JPモルガンGBI-EMグローバル・ダイバーシファイド
 eMAXIS 国内リートインデックス
0.40% 0.43% 東証REIT指数(配当込み)
 eMAXIS 先進国リートインデックス
0.60% 0.72% S&P先進国REIT指数(除く日本)、配当込み
 eMAXIS 新興国リートインデックス 0.60% 1.39% S&P新興国リートインデックス(配当込み)
 eMAXIS 全世界株式インデックス0.60% 0.67% MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス(ACWI)(除く日本)
 eMAXISバランス (8資産均等型)0.50% 0.58% 8資産均等の合成指数
 eMAXISバランス (波乗り型) 0.50% 0.58% 8資産の合成指数
 eMAXIS バランス (4資産均等型) 0.50%  1月26日決算待ち TOPIX、NOMURA-BPI総合、MSCIコクサイ・インデックス、シティ世界国債インデックス(除く日本)を25%ずつ組合せた合成指数
 eMAXIS 債券バランス (2資産均等型) 0.40%  1月26日決算待ち NOMURA-BPI総合とシティ世界国債インデックス(除く日本)(円ヘッジ)を50%ずつ組合せた合成指数
 eMAXISプラス コモディティインデックス 0.85%  1月26日決算待ち ブルームバーグ商品指数トータルリターン



低コスト路線のニッセイインデックスシリーズと異なり、eMAXISインデックスシリーズはファンド数や、eMAXIS国内物価連動国債インデックスeMAXISプラス コモディティインデックスなど他のインデックスファンドシリーズにはない資産クラスのファンドを揃えてきています。

eMAXIS全世界株式インデックスeMAXISバランス(8資産均等型)などオリジナルなバランスファンドもあります。

日本株式、債券や先進国株式、新興国株式などアセットアロケーションのコアとなる各資産クラスでは、ライバルのインデックスファンドシリーズにコスト面で負けている場合が多く、今後もコストではなく独自のファンドを出す路線で行くのかどうか気になるところです。


関連記事

 [2015.09.07追記]
 eMAXISインデックスシリーズの純資産総額が2000億円超に

 [2016.01.27追記]
 eMAXISインデックスシリーズ全20ファンドの信託報酬、実質コスト、ベンチマークまとめ
関連記事
スポンサーサイト



COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.