Top Page > 指数 > フロンティア株式 > MSCI社がウクライナをスタンドアローン市場に移行(2015年9月より)

MSCI社がウクライナをスタンドアローン市場に移行(2015年9月より)

ウクライナ
Image: FreeDigitalPhotos.net


MSCI社が今月9月にウクライナをフロンティアマーケット指数からスタンドアローン市場指数に格下げしました。

 Consultation: Reclassification of MSCI Ukraine Index  (英語版PDF)

スタンドアローン市場指数は、「MSCI社が定める最低限の流動性を満たしていない、外国からの投資規制がある」などフロンティアマーケット指数の基準も満たせていない国が分類されます。

スタンドアローン市場指数について詳細を確認します。



スタンドアローン市場指数とは

MSCI社の株式指数分類を以下にまとめました。

MSCI株式指数分類
 指数 市場 投資国指数 サブ指数
MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス (ACWI) 先進国市場日本 MSCIワールド・インデックス  MSCIジャパンインデックス
海外先進国 MSCI-KOKUSAIインデックス
新興国市場MSCI エマージング・マーケット・インデックス 
 -フロンティア市場MSCI フロンティア・マーケットインデックス
 -スタンドアローン市場MSCIスタンドアローンインデックス


スタンドアローン市場指数(MSCI Standalone County Index)は、MSCI社が規定する先進国市場、新興国市場、フロンティア市場のいずれの基準も満たさない「最低限の流動性を満たしていない、または、基準以上の外国からの投資規制がある」市場指数です。

既に水瀬ケンイチさんも記事にされています。
 スタンドアローン市場って何? | 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)


上の表の薄桃色部分がスタンドアローン市場になります。
投資家がファンドやETFを通して投資できるのは、フロンティア市場の株式までです。

スタンドアローン市場の株式への投資は事実上できなくなります。




スタンドアローン市場構成国

 MARKET CLASSIFICATION | MSCI (英語)

MSCI Jamaica, MSCI Trinidad and Tobago, MSCI Ukraine, MSCI Bosina and Herzegovina, MSCI Botswana, MSCI Ghana, MSCI Zimbabwe, and MSCI Saudi Arabia are currently standalone county indexes and are not included in MSCI Frontier Market indexes.




MSCI社の上記サイト掲載情報から、スタンドアローン市場に分類されている国々は以下になります。
今月9月から新たにウクライナがスタンドアローンに分類されています。(上記サイトの後半に記載)


スタンドアローン市場の構成国
 スタンドアローン市場 スタンドアローン国指数
 MSCIスタンドアローンインデックス ジャマイカMSCI Jamaica
 トリニダード・トバゴMSCI Trinidad and Tobago
 ウクライナ MSCI Ukraine
 ボスニア・ヘルツェゴビナ MSCI Bosina and Herzegovina
 ボツワナ MSCI Botswana
 ガーナ MSCI Ghana
 ジンバブエ MSCI Zimbabwe
 サウジアラビア MSCI Saudi Arabia



ジンバブエやトリニダード・トバゴ、ボスニア・ヘルツェゴビナなど、世界最貧国の1つであったり、いろんな意味でヒャッハーな国々がスタンドアローン市場に分類されています。

一方、MSCI新興国株式指数にサウジアラビアが2017年に新規組入検討へでお伝えしたように、中東最大の経済国でありながら外国からの投資規制があるためスタンドアローン国に分類されているサウジアラビアも入っています。




今後はギリシャがスタンドアローン市場に分類される可能性も

現在は新興国株式指数であるMSCI エマージング・マーケット・インデックスに入っているギリシャも、最近のデフォルト(債務不履行)危機により、MSCI社がギリシャをスタンドアローン市場に移行させることを検討中です。

 MSCI:ギリシャをスタンドアローン分類も-ジンバブエ並み | ブルームバーグ

MSCIの発表資料によると、MSCIギリシャ指数 が「スタンドアローン市場」に分類される可能性がある。



インデックスファンドやETFのベンチマークは、時勢や政治、紛争など状況に応じて構成国や比率も変動していきます。

スタンドアローン市場について気にしていなくても、スタンドアローン国に投資できないだけですが国際分散投資をする立場として、どういった国が投資対象外となっているのか概要を理解しておく必要があると考えています。
関連記事



【theme : インデックス投資
【genre : 株式・投資・マネー

tag : MSCIスタンドアローンインデックス

⇒comment

Secret

プロフィール

kenz

Author:kenz
川崎在住の40代サラリーマンのkenz (けんず)です。
妻(専業主婦)と二人です。2007年からはじめたインデックス投資の日々を記録します。

FacebooktwitterGooglePlusRSS

follow us in feedly


【メディア掲載履歴】
・「東証 マネ部!」と「webR25」初心者にオススメの投資先”
・東証 マネ部! 人気投資ブロガーが推奨する“初心者向け投資法”
・BIG tomorrow2016年12月号増刊
・BIG tomorrowマネー2016年10月号
・ビッグトゥモロウ2016年8月号
・日経ヴェリタス 2016年2月14日号
・ザイ・オンライン2016年1月13日
・Yen SPA! (エンスパ) 2016年 冬号
・日経ヴェリタス2015年11月15日号
・週間SPA!(スパ!) 2015年10/27号
・日経ヴェリタス2015年4月5日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2015年 冬号
・日経ヴェリタス2014年7月6日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2014年 夏号
・Yen SPA! (エンスパ) 2013年 夏号
・日経ヴェリタス2012年6月24日号
・日経ヴェリタス2012年4月29日号
・ネットマネー2012年6月号
・読売新聞2012年1月5日朝刊
・ビッグトゥモロウ11年12月号
・『THE21』2011年10月号
・Yen SPA (エンスパ)2011年夏号


【リンク】
当ブログはリンクフリーです。どの記事もご自由にリンク下さい。

メール(管理人への連絡はこちら)

クリックでメールフォームを表示

カテゴリ


最新記事
検索 (ブログ or Web内)
カスタム検索
スポンサーリンク
カウンター
注意事項
最終的な投資判断については自己責任でお願いいたします。未来は予見できないため、当ブログ内の情報により被った損害について一切の責任を負いかねます。
スポンサー リンク
Facebook
月次ページランキング
ブログパーツ
はてなブックマーク
月別アーカイブ
逆アクセスランキング



他の多くのお役立ち投資関連ブログは以下からどうぞ。
人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
厳選相互リンク
fx 比較