2007年から始めたインデックス投資の記録です。投資信託やETFを使って低コストで日本、先進国、新興国株式への国際分散投資を行っています。2019年にアーリーリタイア(FIRE)しました。現在はeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)をメインに積立中です。

三井住友DCインデックスシリーズ4ファンドが楽天証券にて9月18日より取扱開始

CATEGORY三井住友
金融データ分析
Image: FreeDigitalPhotos.net



三井住友・DC全海外株式インデックスファンド(信託報酬0.25%)等DC向け低コストファンド4つが楽天証券より発売でお伝えした三井住友DCインデックスシリーズ4ファンドが9月18日より楽天証券で購入できるようになりました。




三井住友DCインデックスシリーズ4ファンドが楽天証券で販売開始

 低コストを可能にした年金専用ファンド4銘柄新規取り扱い | 楽天証券

9月18日(金)より、三井住友アセットマネジメントの4銘柄を積立専用ファンドとして取り扱います。
今回取扱う4銘柄は、すべて年金専用ファンド(DCファンド)であり、低コスト(楽天証券取り扱い中で最低レベルの信託報酬)となっております。ローコスト、ローリスクファンドであり貯蓄から投資への第一歩となるファンドです。




楽天証券では積立購入のみ可能 (スポット購入不可)

上記を確認すると、楽天証券での購入は4ファンドとも(最低1000円からの)積立購入のみでスポット購入不可です。
スポット購入不可な理由がわかりませんが、できれば他のファンド同様に通常のスポット購入も可能にしてもらいたいところです。




三井住友DCインデックスシリーズの販売会社

三井住友DCインデックスシリーズの販売会社を以下にまとめました。

三井住友・日本債券インデックス・ファンドは、SMBC日興証券(インターネットのみ)と楽天証券で購入できます。
他の三井住友・DC全海外株式インデックスファンドなど3ファンドは、楽天証券でのみ投信積立で購入できます。

三井住友DCインデックスシリーズ 4ファンド
 ファンド 信託報酬(税抜)ベンチマーク  販売会社
  三井住友・日本債券インデックスファンド 0.16%NOMURA-BPI総合SMBC日興証券、楽天証券
 三井住友・DC外国債券インデックスファンド 0.21%シティ世界国債インデックス(除く日本)楽天証券
 三井住友・DC全海外株式インデックスファンド 0.25%MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本)楽天証券
 三井住友・DC新興国株式インデックスファンド 0.56%MSCIエマージング・マーケット・インデックス(配当込み)楽天証券


ぜひ、私のメイン証券としているSBI証券など他のネット証券でも取り扱って欲しいところです。




新興国株式部分はマザーファンドの規模が小さく、トラッキングエラー大

ただ、これらの中で、三井住友・DC全海外株式インデックスファンドと三井住友・DC新興国株式インデックスファンドの2ファンドについては、新興国株式マザーファンドの規模が小さいこともあり、ベンチマークからの下方かい離が大きいです。
リターンが他のファンドより悪く、信託報酬が低いからと言って現時点では最良と言えない点もあります。

実質コストやリターン比較等、詳細については別記事にてお伝えします。


関連記事

 [2015.09.20追記]
 三井住友・DC全海外株式インデックスファンド等4ファンドの実質コストまとめ

 [2015.10.26追記]
 日本株式や先進国株式クラスのDC専用投信が楽天証券にて年内発売開始との報道

 [2015.10.30追記]
 三井住友DCインデックスシリーズが楽天証券で積立だけでなく金額指定購入も可能に

 [2015.11.30追記]
 三井住友DCインデックスシリーズに超低コストバランスファンド(マイパッケージシリーズ)4本が追加

 [2015.12.20追記]
 たわらノーロード5ファンド、三井住友DCインデックスシリーズ8ファンドがSBI証券で取扱開始

 [2016.01.03追記]
 三井住友DCインデックスシリーズ全8ファンドの信託報酬、実質コスト一覧(2016年1月)
関連記事
スポンサーサイト



COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.

TRACKBACK

1Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  • インデックス投資実践記~国内債券編
  • またまた、国内”債権”を発見してしまいました。 そんなときは、kenz 師匠の登場ですね… 現在、自分は国内債券インデックスファンドの積み立てはやめ、課税口座で保有していたSMT国内債券も売却して、個人向け国債変動10にリレーしていってます。 少しタイムラグはありますが、今月も100万円分購入しました。
  • 2015.09.23 (Wed) 15:24 | ますいっちと世界分散投資?