Top Page > インデックスファンド > Funds-i > 野村インデックスファンドFunds-iシリーズ全16ファンドの実質コスト(2015年9月決算)

野村インデックスファンドFunds-iシリーズ全16ファンドの実質コスト(2015年9月決算)

地球儀とお金

野村インデックスファンド Funds-iシリーズ全16ファンド(9月7日決算)の運用報告書がUPされました。

運用報告書記載の費用明細から実質コスト(= 信託報酬 + その他費用)を計算し、野村インデックスファンドFunds-iシリーズ16ファンドの実質コストを最新の数値に更新します。




野村インデックスファンド Funds-iシリーズの実質コスト (2015年9月7日決算)

Funds-iインデックスシリーズ16ファンドは2015年9月に決算を迎え、全て分配金は0円でした。

運用報告書記載の費用明細から計算した実質コストを下記の一番右の列に書きました。(薄桃色部分)



野村インデックスファンド Fund-iシリーズの実質コスト(2015年11月版)
 ファンド 信託報酬(税抜)信託報酬 その他 前回の実質コスト(税抜) 実質コスト(税抜)
 Funds-i 日経225 0.40% 84円 3円 0.41% 0.41%
 Funds-i TOPIX 0.40% 80円 1円 0.40% 0.40%
 Fund-i JPX日経400 0.40% 54円 4円 0.40% 0.43%
 Funds-i 国内債券 0.40% 47円 0円 0.40% 0.40%
 Funds-i 外国株式 0.55% 131円 6円 0.58% 0.58%
 Funds-i 外国株式・為替ヘッジ型0.55% 75円 7円 0.58% 0.60%
 Funds-i 外国債券0.55% 93円 2円 0.56% 0.56%
 Funds-i 外国債券・為替ヘッジ型0.55% 65円 9円 0.62% 0.63%
 Funds-i 新興国株式0.60% 88円 30円 0.81% 0.80%
 Funds-i 新興国債券0.60% 87円 20円 0.72% 0.74%
 Funds-i 新興国債券・為替ヘッジ型0.60% 77円 3円 0.62% 0.62%
 Funds-i J-REIT0.40% 92円 1円 0.41% 0.40%
 Funds-i 外国REIT
0.55% 137円 20円 0.61% 0.63%
 Funds-i 外国REIT・為替ヘッジ型0.55% 74円 36円 0.96% 0.82%
 Funds-i 海外5資産バランス0.60% 84円 13円 0.69% 0.69%
 Funds-i 内外7資産バランス・為替ヘッジ型0.50% 65円 7円 0.58% 0.55%





野村インデックスファンド Funds-iシリーズの実質コストは去年と概ね変化なし

前回2014年9月決算時の実質コストとそれほど変わらない中、私も新興国株式クラスの主力として利用しているFunds-i新興国株式インデックスの実質コストが年0.81%から年0.80%に低下しています。

コストはリターンをその分だけ確実に削ります。

低コストインデックスファンドの実質コスト完全比較にあるように、Funds-i新興国株式インデックスが最も実質コストの低い新興国株式インデックスファンドです。

野村インデックスファンドFunds-iシリーズは目立った動きもありませんが、Funds-i新興国株式インデックスなど良質のファンドもあります。

さすがに資産クラスによっては、超低コスト化路線のニッセイインデックスシリーズ三井住友DCインデックスシリーズには信託報酬差が大きいため、今後の運用はもちろん、信託報酬引き下げも検討してほしいところです。


低コストインデックスファンドの実質コスト完全比較にも今回のFund-iシリーズの実質コストを反映しておきました。
よろしければぜひご覧ください。


関連記事

 [2016.07.24追記]
 野村インデックスファンドFunds-iシリーズ全18ファンドのコスト、ベンチマーク一覧(2016年7月)

 [2016.11.11追記]
 実質コスト情報を更新しました。
 野村インデックスファンドFunds-iシリーズ 16ファンドの実質コスト(2016年9月決算)
関連記事



【theme : インデックス投資
【genre : 株式・投資・マネー

tag : 野村インデックスファンド Funds-i 実質コスト 運用報告書

⇒comment

Secret

いまさら必要ないシリーズ

もう、野村のコストがどうのこうのはいいよ。
ニッセイが下げたから、いまさらこんなシリーズはくだらない。

訪問してくる必要なし

>コスト研究科さん
野村インデックスシリーズは16ファンドあり、ニッセイインデックスシリーズ9ファンドや三井住友DCインデックスシリーズ4ファンドにはない資産クラスも含まれます。

特にFunds-i新興国株式インデックスは、ニッセイにはそもそもないアセットクラスになく、三井住友DCよりも低い実質コストです。
そこだけでもチェックの意味はあると考えます。

くだらないと思えば、当ブログに来なければよいだけのことです。
それよりも、もうちょっと口のききかたに気をつけた方がよいでしょう。失礼すぎます。

No title

新興国株式は悩みますよね。

Funds-iの他にEXE-iや1582(ETF)も良いので
結局三つとも保有している状態に

Re: No title

(まともな)コメントありがとうございます。

新興国株式クラスは、実質コストやトラッキングエラーのファンド差が大きく、単純に信託報酬だけでは比較できないのがなやみどころですね。

インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式が信託報酬だけなら年0.54%と最も低いのですが、実質コストも高くトラッキングエラーも大きいです。

実質コスト等継続チェックはだからこそ必要と考えています。
プロフィール

kenz

Author:kenz
川崎在住の40代サラリーマンのkenz (けんず)です。
妻(専業主婦)と二人です。2007年からはじめたインデックス投資の日々を記録します。

FacebooktwitterGooglePlusRSS

follow us in feedly


【メディア掲載履歴】
・東証 マネ部!にインデックス投資手法と投資に対する考え方の記事が掲載”
・「東証 マネ部!」と「webR25」初心者にオススメの投資先”
・東証 マネ部! 人気投資ブロガーが推奨する“初心者向け投資法”
・BIG tomorrow2016年12月号増刊
・BIG tomorrowマネー2016年10月号
・ビッグトゥモロウ2016年8月号
・日経ヴェリタス 2016年2月14日号
・ザイ・オンライン2016年1月13日
・Yen SPA! (エンスパ) 2016年 冬号
・日経ヴェリタス2015年11月15日号
・週間SPA!(スパ!) 2015年10/27号
・日経ヴェリタス2015年4月5日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2015年 冬号
・日経ヴェリタス2014年7月6日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2014年 夏号
・Yen SPA! (エンスパ) 2013年 夏号
・日経ヴェリタス2012年6月24日号
・日経ヴェリタス2012年4月29日号
・ネットマネー2012年6月号
・読売新聞2012年1月5日朝刊
・ビッグトゥモロウ11年12月号
・『THE21』2011年10月号
・Yen SPA (エンスパ)2011年夏号


【リンク】
当ブログはリンクフリーです。どの記事もご自由にリンク下さい。

メール(管理人への連絡はこちら)

クリックでメールフォームを表示

カテゴリ


最新記事
検索 (ブログ or Web内)
カスタム検索
スポンサーリンク
カウンター
注意事項
最終的な投資判断については自己責任でお願いいたします。未来は予見できないため、当ブログ内の情報により被った損害について一切の責任を負いかねます。
スポンサー リンク
Facebook
月次ページランキング
ブログパーツ
はてなブックマーク
月別アーカイブ
逆アクセスランキング



他の多くのお役立ち投資関連ブログは以下からどうぞ。
人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
厳選相互リンク
fx 比較