2007年から始めたインデックス投資の記録です。投資信託やETFを使って低コストで日本、先進国、新興国株式への国際分散投資を行っています。2019年にアーリーリタイア(FIRE)しました。現在はeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)をメインに積立中です。

ソフトバンク株式会社第48回無担保社債(満期7年・年2.13%)が明日11月27日発売

駅のゴミ箱

ソフトバンク株式会社第48回無担保社債が、円建ての満期7年債(金利年2.13%)として、明日11月27日よりSBI証券等各証券会社から発売されます。

ソフトバンク社債の発行は、2015年6月のソフトバンク株式会社第47回無担保社債以来、約半年ぶりです。





ソフトバンク株式会社第48回無担保社債(社債間限定同順位特約付) 満期7年債の概要

  • 商品名 ソフトバンク株式会社第48回無担保社債(社債間限定同順位特約付)

  • 利率(税引前) 年2.13% (11月26日金利決定)

  • 募集期間 2015年11月27日(金)12:00 ~ 2015年12月9日(水)14:00 (SBI証券の場合)

  • 購入単位 100万円以上100万円単位

  • 格付け A-(JCR)

  • 利払日 毎年6月10日と12月10日の年2回

  • 償還日 2022年12月9日

  • 発行額 3700億円

  • 保証会社  ソフトバンク株式会社

  • 購入者全員特典 「お父さん応援隊長シャチハタ」をもれなくプレゼント(購入金額に無関係)(3月中旬発送)





まさにジャンク債

巨額の有利子負債を抱えたソフトバンクの信用リスクを7年も取って年2.13%の金利では割に合わない感が強いです。
途中売却も個人向け社債の場合、証券会社が取る手数料が高くほぼ確実に元本割れします。

ソフトバンク債の今回は格付けはJCRがA-としていますが、格付会社によっては投資不適格債(=ジャンク債)のBBB未満にしているところもあります。

発行額も3700億円と、前回ソフトバンク株式会社第47回無担保社債の発行額1000億円を大幅に上回っており、さらなる負債に繋がっています。

定期預金個人向け国債と異なり、ソフトバンクの信用リスクを取る為にもちろん元本保証ではありません。

最低購入額も100万円かかり分散投資もしづらいです。






SBI証券のソフトバンク社債は即時完売の可能性大

ソフトバンク株式会社第48回無担保社債は、野村證券を除く、SMBC日興証券、みずほ証券、大和証券など大手証券会社の他、ネット証券としてはSBI証券でも発売されます。

SBI証券では大幅に大手証券会社に比べると販売額が少なく、SBI証券のみネット上で購入が完結することを考えると、先着順のため、この条件でもいつものように即完売すると思われます。
(他の証券会社はコールセンターへの電話が必要など面倒です)


毎度のことですが、私はソフトバンクの社長やその手法が心から嫌いなため、全くひかれず、もちろん購入しません。

欲しい方は上記の点を十分検討ください。

SBI証券は以下より資料請求・口座開設できます。
 SBI証券
関連記事
スポンサーサイト



COMMENTS

1Comments

There are no comments yet.

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2015/11/29 (Sun) 21:02
  • REPLY