Top Page > インデックスファンド > SMT(旧STAM) > SMT グローバル株式インデックス・オープン等10ファンドの実質コストが判明(2015年12月)

SMT グローバル株式インデックス・オープン等10ファンドの実質コストが判明(2015年12月)

iPadの株式ポートフォリオ画面

SMTインデックスシリーズ全17ファンドのうち、11月10日に決算を迎えたSMT グローバル株式インデックス・オープン等10ファンドの運用報告書がUPされました。

さっそく、運用報告書から計算した各ファンドの最新の実質コスト(信託報酬 + その他費用)をまとめました。



SMTインデックスシリーズのうち10ファンドの実質コスト更新 (2015年12月版)

最近の運用報告書のは税込でのコストも表示されていますが、以下は過去の実質コストとの比較の連続性のため、以前と同じ計算方法での実質コスト(税抜)を掲載します。

どちらの数値も簡便法によるので、ある程度の誤差があることにご注意ください。

以下表の一番右側の薄桃色部分が最新の実質コストです。

SMT グローバル株式インデックス等10ファンドはいずれも11月10日決算での分配金は0円で、無駄な税金はかかっていません。


SMTインデックスシリーズ 10ファンド(2015年11月10日決算)の実質コスト
 ファンド 信託報酬(税抜) 信託報酬その他前回実質コスト (税抜) 実質コスト(税抜)
 SMT 日経225インデックス 0.37% 44円 1円 0.38% 0.38%
 SMT TOPIXインデックス 0.37% 25円 0円 0.37% 0.37%
 SMT 国内債券インデックス 0.37% 23円 0円 0.37% 0.37%
 SMT グローバル株式インデックス 0.50% 39円 5円 0.55% 0.56%
 SMT グローバル債券インデックス 0.50% 35円 2円 0.53% 0.53%
 SMT 新興国株式インデックス 0.60% 75円 34円 0.87% 0.87%
 SMT アジア新興国株式インデックス 0.60% 131円 280円 1.11% 1.88%
 SMT 新興国債券インデックス 0.60% 51円 15円 0.79% 0.78%
 SMT J-REITインデックス 0.40% 30円 0円 0.40% 0.40%
 SMT グローバルREITインデックス 0.55% 46円 6円 0.63% 0.62%






SMT アジア新興国株式インデックス・オープンの実質コストが1.88%と高コスト

SMT グローバル株式インデックス・オープンやSMT 新興国株式インデックス・オープン等多くのファンドは前回2015年5月の決算時の実質コストとほぼ同じです。

その中でSMT アジア新興国株式インデックス・オープンは、信託報酬が0.60%に対し、実質コストが1.88%と3倍超となっています。

SMT アジア新興国株式インデックス・オープンは、信託報酬以外にかかるその他費用(売買手数料や保管費用)が毎回高めでした。
今回は特に、1万口あたり信託報酬131円に対して、その他費用が280円と信託報酬の2倍以上もの「その他費用」がかかっています。

その他費用(計280円)の内訳は、

  • 売買委託手数料:31円

  • 有価証券取引税:50円

  • 保管費用:198円

  • 監査費用:1円


と保管費用が特にかかっています。

また、売買高比率も1.68とインデックスファンドとしては高いです。

SMT 新興国株式インデックスの実質コストが高くなった理由でお伝えしたような「マザーファンドにファミリーファンド方式で投資している別ベビーファンドで大きな解約が入った」ようなことが起きたことも考えられますが、実質コストがこれほどまでに高い理由が運用報告書には何も書かれておらず、今後の運用報告書の記載の改善に期待しています。





各インデックスファンドの実質コスト比較表も更新します

今回判明した実質コストを以下の比較表にも反映しておきます。
同じ資産クラス毎のインデックスファンドの信託報酬や実質コストの比較にぜひご利用ください。

低コストインデックスファンドの実質コスト完全比較 (2015年12月更新) - インデックス投資日記@川崎



低コストインデックスファンドの先駆けとなったSMTインデックスファンドシリーズも、最近新たに登場した三井住友DCインデックスシリーズたわらノーロードシリーズ信託報酬を引き下げたニッセイインデックスシリーズの圧倒的な低信託報酬に押され気味です。

SMTインデックスシリーズも今後信託報酬引き下げを行ってくるのかどうかにも注目です。


関連記事

 [2015.12.19追記]
 SMTインデックスシリーズ17ファンドのベンチマーク、信託報酬と実質コストまとめ(2015年12月)
関連記事



【theme : インデックス投資
【genre : 株式・投資・マネー

tag : SMTアジア新興国株式インデックス・オープン 実質コスト

⇒comment

Secret

プロフィール

kenz

Author:kenz
川崎在住の40代サラリーマンのkenz (けんず)です。
妻(専業主婦)と二人です。2007年からはじめたインデックス投資の日々を記録します。

FacebooktwitterGooglePlusRSS

follow us in feedly


【メディア掲載履歴】
・東証 マネ部!にインデックス投資手法と投資に対する考え方の記事が掲載”
・「東証 マネ部!」と「webR25」初心者にオススメの投資先”
・東証 マネ部! 人気投資ブロガーが推奨する“初心者向け投資法”
・BIG tomorrow2016年12月号増刊
・BIG tomorrowマネー2016年10月号
・ビッグトゥモロウ2016年8月号
・日経ヴェリタス 2016年2月14日号
・ザイ・オンライン2016年1月13日
・Yen SPA! (エンスパ) 2016年 冬号
・日経ヴェリタス2015年11月15日号
・週間SPA!(スパ!) 2015年10/27号
・日経ヴェリタス2015年4月5日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2015年 冬号
・日経ヴェリタス2014年7月6日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2014年 夏号
・Yen SPA! (エンスパ) 2013年 夏号
・日経ヴェリタス2012年6月24日号
・日経ヴェリタス2012年4月29日号
・ネットマネー2012年6月号
・読売新聞2012年1月5日朝刊
・ビッグトゥモロウ11年12月号
・『THE21』2011年10月号
・Yen SPA (エンスパ)2011年夏号


【リンク】
当ブログはリンクフリーです。どの記事もご自由にリンク下さい。

メール(管理人への連絡はこちら)

クリックでメールフォームを表示

カテゴリ


最新記事
検索 (ブログ or Web内)
カスタム検索
スポンサーリンク
カウンター
注意事項
最終的な投資判断については自己責任でお願いいたします。未来は予見できないため、当ブログ内の情報により被った損害について一切の責任を負いかねます。
スポンサー リンク
Facebook
月次ページランキング
ブログパーツ
はてなブックマーク
月別アーカイブ
逆アクセスランキング



他の多くのお役立ち投資関連ブログは以下からどうぞ。
人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
厳選相互リンク
fx 比較