Top Page > アクティブファンド > その他アクティブ > ひとくふう日本株式ファンド 信託報酬0.25%の低コストアクティブファンドとして登場

ひとくふう日本株式ファンド 信託報酬0.25%の低コストアクティブファンドとして登場

データ分析

信託報酬0.25%(税抜)と低コストの日本株式アクティブファンドであるひとくふう日本株式ファンドが3月4日より登場します。

 新ファンド募集・設定のお知らせ 『ひとくふう日本株式ファンド』 | 大和住銀投信投資顧問



ひとくふう日本株式ファンドの詳細

HitokuhuuNihonKabushikiFund.jpg

 ひとくふう日本株式ファンド EDINET有価証券届出書 (PDF) より引用



  • ファンド名: ひとくふう日本株式ファンド

  • 設定日: 2016年3月4日

  • ベンチマーク: なし

  • 販売手数料: なし(ノーロード)

  • 信託報酬: 年0.25%(税抜)

  • 信託財産留保額: なし

  • 決算日: 年1回(3月3日)

  • 販売会社: SBI証券、楽天証券

  • 運用会社: 大和住銀投信投資顧問



JPX日経インデックス400の構成銘柄を投資対象とし、価格変動リスクを相対的に抑えることを目指した運用を行う」とのことですが、ベンチマークはJPX日経インデックス400ではないという不思議なファンドです。

アクティブファンドにも関わらず、ベンチマークなしというのは全くいただけません。
ここは、当然、JPX日経インデックス400(配当込み)をベンチマークとし、それを上回るリターンを目指すアクティブファンドであるべきです。




ひとくふう日本株式ファンドの低信託報酬には驚き

ベンチマークがないのは問題ですが、日本株式アクティブファンドにも関わらずノーロードかつ信託報酬が年0.25%(税抜)とDC専用ファンド並みの低コストであることは驚きです。

JPX日経インデックス400インデックスファンドの中で、信託報酬最安の<購入・換金手数料なし>ニッセイJPX日経400インデックスファンド(信託報酬0.31%)よりアクティブファンドの方が信託報酬が低いという逆転現象が起きています。

日本株式ファンドとして、信託報酬が年0.25%以下のものは以下の日経平均インデックスファンド3つのみです。

私が日本株式クラスに購入している<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド(信託報酬0.29%)よりも信託報酬の低いアクティブファンドの登場には驚きです。

アクティブファンドは自らのコストの高さにより低コストのインデックスファンドよりリターンが悪くなる確率が増えるわけで、インデックスファンド並みかそれ以下のコストであれば、リターンが勝つ可能性も高まります。

たわらノーロードシリーズ三井住友DCインデックスシリーズ等去年末のインデックスファンドの超低コストの影響か、アクティブファンドにも低コスト化の流れがくることは良いことです。

当初の販売会社はSBI証券と楽天証券とのことで、ひとくふう日本株式ファンドの今後の具体的な運用手腕に期待しています。


関連記事

 [2016.03.21追記]
 ひとくふう世界国債ファンド(為替ヘッジあり)が信託報酬0.25%のアクティブファンドとして登場
関連記事



【theme : 資産運用
【genre : 株式・投資・マネー

tag : ひとくふう日本株式ファンド

⇒comment

Secret

No title

> JPX日経インデックス400インデックスファンドの中で、信託報酬最安のSMT JPX日経インデックス400・オープン(信託報酬0.31%)より

あれ?、SMTより、後出しで出した、
 ニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイJPX日経400インデックスファンド
の方が、当然、最安で出してる、と思ってたんですが?
ニッセイと言えば、場合によっては対抗値下げすらしてくるので、古参のSMTシリーズなんかコスト面では相手にならない存在かと思ってましたが、サブ的なファンドだと、業界最安とか狙ってないのかな?

Re: No title

>konanさん

ご指摘ありがとうございます。

ファンド名が間違っていたので修正しました。ニッセイの方が低信託報酬ですね。

修正前)信託報酬最安のSMT JPX日経インデックス400・オープン(信託報酬0.31%)
修正後)<購入・換金手数料なし>ニッセイJPX日経400インデックスファンド(信託報酬0.31%)

⇒trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

お安いアクティブ投信が発売されましたので、買いませんか

(WATANKO「過去記事の続きなので、アイキャッチも同じです」) (妻ミサト「手抜きじゃない?それに本文にも過去記事と全く同じセリフをコピペしているわよ。」) (WATANKO「冒頭からバラさんといて!」) 先日の記事で、アクティブ投信の低コスト化についてとりあげました。 関連記事 もしもアクティブ投信とインデックス投信のコストが同水準になったとしたら、貴方はどちらを選びますか 記事中でアクティ
プロフィール

kenz

Author:kenz
川崎在住の40代サラリーマンのkenz (けんず)です。
妻(専業主婦)と二人です。2007年からはじめたインデックス投資の日々を記録します。

FacebooktwitterGooglePlusRSS

follow us in feedly


【メディア掲載履歴】
・東証 マネ部!にインデックス投資手法と投資に対する考え方の記事が掲載”
・「東証 マネ部!」と「webR25」初心者にオススメの投資先”
・東証 マネ部! 人気投資ブロガーが推奨する“初心者向け投資法”
・BIG tomorrow2016年12月号増刊
・BIG tomorrowマネー2016年10月号
・ビッグトゥモロウ2016年8月号
・日経ヴェリタス 2016年2月14日号
・ザイ・オンライン2016年1月13日
・Yen SPA! (エンスパ) 2016年 冬号
・日経ヴェリタス2015年11月15日号
・週間SPA!(スパ!) 2015年10/27号
・日経ヴェリタス2015年4月5日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2015年 冬号
・日経ヴェリタス2014年7月6日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2014年 夏号
・Yen SPA! (エンスパ) 2013年 夏号
・日経ヴェリタス2012年6月24日号
・日経ヴェリタス2012年4月29日号
・ネットマネー2012年6月号
・読売新聞2012年1月5日朝刊
・ビッグトゥモロウ11年12月号
・『THE21』2011年10月号
・Yen SPA (エンスパ)2011年夏号


【リンク】
当ブログはリンクフリーです。どの記事もご自由にリンク下さい。

メール(管理人への連絡はこちら)

クリックでメールフォームを表示

カテゴリ


最新記事
検索 (ブログ or Web内)
カスタム検索
スポンサーリンク
カウンター
注意事項
最終的な投資判断については自己責任でお願いいたします。未来は予見できないため、当ブログ内の情報により被った損害について一切の責任を負いかねます。
スポンサー リンク
Facebook
月次ページランキング
ブログパーツ
はてなブックマーク
月別アーカイブ
逆アクセスランキング



他の多くのお役立ち投資関連ブログは以下からどうぞ。
人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
厳選相互リンク
fx 比較