2007年から始めたインデックス投資の記録です。投資信託やETFを使って低コストで日本、先進国、新興国株式への国際分散投資を行っています。2019年にアーリーリタイア(FIRE)しました。現在はeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)をメインに積立中です。

世界経済インデックスファンド、株式シフト型、債券シフト型の実質コスト(2016年2月)

CATEGORYSMT(旧STAM)
地球儀

世界経済インデックスファンド、世界経済インデックスファンド(株式シフト型)、世界経済インデックスファンド(債券シフト型)の3ファンドが1月20日に決算を迎え、本日運用報告書がUPされました。

各運用報告書記載の「1万口当たりの費用明細」から実質コスト(=信託報酬+その他費用)を計算し、世界経済インデックスファンドシリーズの実質コストを更新します。



世界経済インデックスファンドシリーズ3ファンド 実質コスト (2016年1月決算)

信託報酬以外にかかる費用は、売買頻度や純資産総額により増減するために固定ではありません。
実質コスト(=信託報酬+その他費用)を運用報告書記載の費用明細から計算したものが以下表の薄桃色部分になります。

3ファンドも1月20日決算での分配金は0円で、2015年の分配金を出したときと異なり、無駄な税金吐き出しなく運用できています。


世界経済インデックスファンドシリーズの実質コスト(2016年1月20日決算)
 ファンド 信託報酬(税抜) 信託報酬その他  前回の
実質コスト
(税抜)
実質コスト(税抜)
 世界経済インデックスファンド 0.50%112円 20円  0.65% 0.59%
 世界経済インデックスファンド(株式シフト型) 0.55%74円 14円  0.76% 0.65%
 世界経済インデックスファンド(債券シフト型) 0.45%57円 9円  0.59% 0.52%






世界経済インデックスファンドシリーズ3ファンド 実質コストは昨年よりいずれも減少

世界経済インデックスファンドに株式シフト型、債券シフト型登場でお伝えしたように、世界経済インデックスファンドシリーズは、いずれも日本:先進国:新興国=10 : 45 : 35 の地域別比率で株式と債券に分散投資できる低コストのバランスファンドです。

株式と債券比率のみ異なっており、世界経済インデックスファンドは、株式:債券が50:50、 世界経済インデックスファンド(株式シフト型)は株式:債券が75:25、 世界経済インデックスファンド(債券シフト型)が株式:債券が25:75の比率です。


上記表のように、信託報酬以外にかかるその他費用が昨年より抑えられ、3ファンドとも実質コストは低下しています。
コストがかさみがちな新興国クラスを35%と比重を高くしている割には、実質コストは低いです。

NISA口座用は世界経済インデックスファンドからニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型)に切替でお伝えしたように過去2年はNISA口座で私も世界経済インデックスファンドを購入しており、実質コストの低下はうれしい限りです。

世界経済インデックスファンドシリーズ3ファンドは、SMTインデックスシリーズと同じ各マザーファンドに投資しているバランスファンドです。


SMTインデックスシリーズ等、他の低コストインデックスファンドの実質コストについては以下をご覧ください。


低コストインデックスファンドの実質コスト完全比較 (2016年1月更新) - インデックス投資日記@川崎





関連記事

 [2017.03.04追記]
 世界経済インデックスファンド、株式シフト型、債券シフト型の実質コスト(2017年2月)
関連記事
スポンサーサイト



COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.