Top Page > インデックス投資 > インデックス投資の出口戦略 将来のファンド売却についての考え方

インデックス投資の出口戦略 将来のファンド売却についての考え方

refugees
「インデックス投資家はファンド購入のことばかりで出口戦略のことは考えていない。」、「売却時に基準価額が下落していたら損なので長期投資のインデックス投資なんて意味がない。」という発言をたまにみかけます。
(前者は、雑誌取材時に記者さんにも言われたことがあります。)

私のファンドの売却についての考え方をお伝えします。



リスク資産の資産配分を保ったまま、徐々に売却




インデックスファンドを時期をずらして毎月購入しているのと同様、ファンドの売却時も一括ではなく、必要な分、時期をずらして売却(解約)するつもりです。
すこしづつリスク資産を切り崩していくため、絶妙な高値で売り抜けることはできませんが、逆に極端な下落時に全売却することもなくなります。

ファンドを積み立てたまま、一度も売却しないまま寿命を終えては意味がありません。(あの世にお金は持っていけません)

定年後なり、リタイヤ後に収入が不足した分、生活費を自分の資産で補うことになりますが、一度にリスク資産をあるタイミングで一括売却する必要はありません。
(逆に、リスク資産を全売却せざるをえない事態にならないよう生活防衛資金を含めた無リスク資産の確保も重要です。)


リスク資産のアセットアロケーションの資産配分比率を維持しつつ、売却すればよいだけです。
(リスク資産の各資産クラス毎の比率は一定で、リスク資産としての総合計金額が小さくなっていくイメージ)


国際分散投資に関するエンスパ取材記事がネット上に掲載されました - インデックス投資日記@川崎






リスク資産と無リスク資産の比率も徐々に変更

また、現在は、以下でもお伝えしたように、リスク資産と無リスク資産の理想比率を50:50としています。

ザイ・オンラインに私のインデックス投資手法についての超詳細記事が掲載されました - インデックス投資日記@川崎



年齢が上がり、退職したり年収が減るなどでリスク許容度が低下するにつれて、リスク資産と無リスク資産の比率を40:60、30:70、20:80などのように無リスク資産比率を上げていく心づもりです。

将来の総資産額や年収や健康状態もわからず、具体的にどういった比率にするかはその時に応じて柔軟に決める予定です。

このように、「インデックス投資家はファンド購入のことだけでなく、出口戦略のことも考えている」とわかっていただけるとうれしいです。

ただ、この方法でも長期に株価が下落し、円高が続くと、時期をずらして売却しても結果的に損失となります。
インデックス投資は資本主義の成長にかけているので、長期に世界経済が崩壊していく場合は実りもなく、絶対に利益が出るわけではもちろんありません。

その場合は、インデックス投資、アクティブ投資、個別株投資いずれも投資自体だめでしょう。
その時は資産額のことを考えるよりも、道端に生えている食べられる雑草の知識や、格闘技を身につけてモヒカンの襲撃に備えた方がよいと真面目に思っています。
関連記事



【theme : インデックス投資
【genre : 株式・投資・マネー

tag : インデックス投資 出口戦略

⇒comment

Secret

No title

>>(逆に、リスク資産を全売却せざるをえない【自体】にならないよう生活防衛資金を含めた無リスク資産の確保も重要です。)

これですが・・・↓

(逆に、リスク資産を全売却せざるをえない【事態】にならないよう生活防衛資金を含めた無リスク資産の確保も重要です。)

ではないでしょうか?

僕も指摘されるので人の事は言えませんが・・・

Re: No title

>タカちゃんさん

誤記ご指摘ありがとうございます。
修正しました!

⇒trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

出口戦略について

1週間ほど前にインデックス投資ブロガーの先輩方が出口戦略に関する記事を書いていました。

<購入・換金手数料なし> ニッセイJリートを売却した、運用成績日記!

チクっとしますよ~(オンマウス) テリーさん、お大事に… 今月の運用成績日記の前に、アナケンズ・スカイウォーカーさんの記事をお読みください。 インデックス投資日記@川崎 『インデックス投資の出口戦略 将来のファンド売却についての考え方』 自分も、持てるだけ持って、必要が生じた時に、必要な分だけ徐々に取り崩せばいいと考えます。 ですが、サテライトは別で、...
プロフィール

kenz

Author:kenz
川崎在住の40代サラリーマンのkenz (けんず)です。
妻(専業主婦)と二人です。2007年からはじめたインデックス投資の日々を記録します。

FacebooktwitterGooglePlusRSS

follow us in feedly


【メディア掲載履歴】
・東証 マネ部!にインデックス投資手法と投資に対する考え方の記事が掲載”
・「東証 マネ部!」と「webR25」初心者にオススメの投資先”
・東証 マネ部! 人気投資ブロガーが推奨する“初心者向け投資法”
・BIG tomorrow2016年12月号増刊
・BIG tomorrowマネー2016年10月号
・ビッグトゥモロウ2016年8月号
・日経ヴェリタス 2016年2月14日号
・ザイ・オンライン2016年1月13日
・Yen SPA! (エンスパ) 2016年 冬号
・日経ヴェリタス2015年11月15日号
・週間SPA!(スパ!) 2015年10/27号
・日経ヴェリタス2015年4月5日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2015年 冬号
・日経ヴェリタス2014年7月6日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2014年 夏号
・Yen SPA! (エンスパ) 2013年 夏号
・日経ヴェリタス2012年6月24日号
・日経ヴェリタス2012年4月29日号
・ネットマネー2012年6月号
・読売新聞2012年1月5日朝刊
・ビッグトゥモロウ11年12月号
・『THE21』2011年10月号
・Yen SPA (エンスパ)2011年夏号


【リンク】
当ブログはリンクフリーです。どの記事もご自由にリンク下さい。

メール(管理人への連絡はこちら)

クリックでメールフォームを表示

カテゴリ


最新記事
検索 (ブログ or Web内)
カスタム検索
スポンサーリンク
カウンター
注意事項
最終的な投資判断については自己責任でお願いいたします。未来は予見できないため、当ブログ内の情報により被った損害について一切の責任を負いかねます。
スポンサー リンク
Facebook
月次ページランキング
ブログパーツ
はてなブックマーク
月別アーカイブ
逆アクセスランキング



他の多くのお役立ち投資関連ブログは以下からどうぞ。
人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
厳選相互リンク
fx 比較