Top Page > ブログ > ブログ運用 > ブログ記事を「詳しく書くこと」と「ただ長い文章を書くこと」は全く違う

ブログ記事を「詳しく書くこと」と「ただ長い文章を書くこと」は全く違う

iPadのgoogle検索画面

ブログを書くときに、1つの記事の文字数やテキストの量を気にされる方も多いと思います。

記事の内容を、「詳しく書くこと」と「ただ長い文章を書くこと」は全く違いますので注意が必要です。




冗長な長文やソース記事のテキストコピペはNG

「長い文を書けば、Googleの検索キーワードにかかりやすくなるから長文であるほどSEO対策に良い」のような間違ったイメージが一部で広がったせいか、何回も同じことを表現を変えて繰り返す冗長な長文記事や、ソース元記事のほぼ丸ごと引用(コピペ)で記事内のテキストの量を増やしている記事を見かけることがあります。

冗長な記事は、読者が嫌がって離脱するし、私の場合も記事を読むのをやめてしまいます。
読者を満足させられない記事をGoogle先生が評価するわけもなく、ただのネット上の無駄な記事になってしまいます。

また、、ソース元記事のほぼ丸ごと引用では、著作権違反であることと、ソース元記事と重複コンテンツ扱いでGoogleからも評価が下げられてしまいます。
(自分の書く記事に無関係の部分は、ソースを見にいけばわかる内容の場合、不要)


出展(引用元URL)を書いてあればコピペすればいいというものではなく、記事内容にて必要な箇所だけ引用部分を必ず引用タグ<blockquote>で囲む必要があります。

こんな感じ→ インデックス投資ナイト2016 7月9日(土曜日)にお台場カルカルで開催されます!




詳しく書くことで長文になるのはOK。書きたいことを読者に向けて書くべき。

以前、記事番号1000番記念 ブログを書く際に気をつけている19項目にて以下を書きました。

「ブログを書くのは、自分用ではなく、読者のためです。
少しでも読者の役に立てるような記事にすることを心がけるだけで書き方が変わります。
新しい情報のお知らせでも、一つのことを詳しく書くことでも良いです。」


文字数は1記事何文字以上必要などと気にせず、必要な内容が書ければOKです。
読者のためを思えば、冗長な長い文、引用元のコピペ文は意味がないことがわかります。

同じことを伝えるのでも短い表現の方が読みやすいです。

もちろん、詳しく書こうとすると、当然テキスト量は増えますが、「詳しく書くこと」でテキストの量が増えるのは全く問題ありません。
当然、検索で訪問する人も、キーワードに関する詳しい情報を探しているので、文量が多いのはむしろ歓迎されます。

必要に応じて絵や図をいれて内容をわかりやすくするのはさらに良いです。


Google先生も、検索キーワードに関する詳しい内容で、オリジナルの意見を書いた記事を検索結果上位にしたいはずです。
それが自然とSEOになると考えています。

ブログを書く方は、何文字以上書かないとダメなどと特に思わずに、書きたい内容を普通に(Googleにではなく)想定読者に向けて書けば良いと思います。
関連記事



【theme : ブログ
【genre : ブログ

tag : ブログ 必要文字数 テキスト量

⇒comment

Secret

プロフィール

kenz

Author:kenz
川崎在住の40代サラリーマンのkenz (けんず)です。
妻(専業主婦)と二人です。2007年からはじめたインデックス投資の日々を記録します。

FacebooktwitterGooglePlusRSS

follow us in feedly


【メディア掲載履歴】
・東証 マネ部!にインデックス投資手法と投資に対する考え方の記事が掲載”
・「東証 マネ部!」と「webR25」初心者にオススメの投資先”
・東証 マネ部! 人気投資ブロガーが推奨する“初心者向け投資法”
・BIG tomorrow2016年12月号増刊
・BIG tomorrowマネー2016年10月号
・ビッグトゥモロウ2016年8月号
・日経ヴェリタス 2016年2月14日号
・ザイ・オンライン2016年1月13日
・Yen SPA! (エンスパ) 2016年 冬号
・日経ヴェリタス2015年11月15日号
・週間SPA!(スパ!) 2015年10/27号
・日経ヴェリタス2015年4月5日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2015年 冬号
・日経ヴェリタス2014年7月6日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2014年 夏号
・Yen SPA! (エンスパ) 2013年 夏号
・日経ヴェリタス2012年6月24日号
・日経ヴェリタス2012年4月29日号
・ネットマネー2012年6月号
・読売新聞2012年1月5日朝刊
・ビッグトゥモロウ11年12月号
・『THE21』2011年10月号
・Yen SPA (エンスパ)2011年夏号


【リンク】
当ブログはリンクフリーです。どの記事もご自由にリンク下さい。

メール(管理人への連絡はこちら)

クリックでメールフォームを表示

カテゴリ


最新記事
検索 (ブログ or Web内)
カスタム検索
スポンサーリンク
カウンター
注意事項
最終的な投資判断については自己責任でお願いいたします。未来は予見できないため、当ブログ内の情報により被った損害について一切の責任を負いかねます。
スポンサー リンク
Facebook
月次ページランキング
ブログパーツ
はてなブックマーク
月別アーカイブ
逆アクセスランキング



他の多くのお役立ち投資関連ブログは以下からどうぞ。
人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
厳選相互リンク
fx 比較