2007年から始めたインデックス投資の記録です。投資信託やETFを使って低コストで日本、先進国、新興国株式への国際分散投資を行っています。2019年にアーリーリタイア(FIRE)しました。現在はeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)をメインに積立中です。

日本破綻や経済崩壊がなくてもヒャッハーがあなたの街に現れる場合があります

CATEGORY日本破綻
洪水

日本が破綻したりハイパーインフレになった場合、財政破綻&経済活動が崩壊し、略奪が横行するヒャッハーな世界になる可能性があることを以前も記事にてお伝えしました。

 日本が破綻すると思うなら海外投資や金投資より格闘技を習うべし
 日本が破綻した場合、モヒカンと戦う以外にプレッパーになるという選択肢がある

ただ、日本の財政破綻や経済活動崩壊がなくてもヒャッハーは現れる場合があります。



2000年の水害時に店の品物を略奪するヒャッハー

りあるむえさんが水害時の友人のアルバイト先での体験談を書かれています。

 熊本地震関連犯罪のニュースを耳にすると、あの日の「暴徒の狂気」を思い出す | 初めてのインデックス投資

店長「浸水で配線をやられて、防犯カメラは全部壊れた。」
店長「商品を盗みにくる若者が多すぎる。なんとかしてくれ!」


店を離れた隙に、大きなリュックに商品を詰め込み、物干し竿に差し込んで、二人で担いで逃走する奴までいる。



財政破綻や経済活動崩壊で、食料もなく生きていくためにやむなくヒャッハーになることを選択したわけではありません。

完全に災害による混乱に乗じて金品を盗もうという奴らもいるということです。
その意味では、(見かけがモヒカンでない分)よりたちが悪いとも言えます。

海外でも水害や地震で被害を受けた街で、(食べるものがなく食料を盗むならまだしも)ヒャッハーが複数人で段ボールに入った大型の薄型TVを運び出す報道も見たこともあります。

こんなヒャッハーが店の品物を略奪しているところに出くわそうものなら、証拠隠しに襲ってくる可能性が高く、日本が破綻していなくても格闘技の習得は場合によっては必要そうです。

投資銘柄の研究やゴールドの投資に気を配るよりするべきことがたくさんありそうです。
関連記事
スポンサーサイト



COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.