2007年から始めたインデックス投資の記録です。投資信託やETFを使って低コストで日本、先進国、新興国株式への国際分散投資を行っています。2019年にアーリーリタイア(FIRE)しました。現在はeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)をメインに積立中です。

iFreeインデックスシリーズのプレスリリース発表 SBI証券と楽天証券でノーロードで発売へ

CATEGORYiFree
news

超低信託報酬のiFreeインデックスシリーズ12本 大和証券投資信託委託が新規設定でお伝えしたiFreeインデックスシリーズについて、大和投資信託からも正式にプレスリリースが出ました。

投資家(Investors)が⾃由(Free)に選べるインデックスファンドとして、普通にノーロード(購入手数料無料)で当初はSBI証券と楽天証券で購入できるようです。



「iFreeインデックスシリーズ」(アイフリーインデックスシリーズ)は2016年9月8日よりSBI証券と楽天証券で発売

 新しいインデックスファンド・シリーズ「iFree」のお知らせ  | 大和投資信託 (PDF)


iFreeインデックスシリーズ

当社はインターネットを通じてお取引される投資者の皆さま向けに、低コストでさまざまな投資ニーズにお応えするインデックスファンド・シリーズとして「iFree」(アイフリー)を新たに設定します。
当シリーズは「投資、もっと⾃由に」をコンセプトに、投資者の皆さま(investors)が⾃由(Free)に選べるファンドシリーズであること、購⼊・換⾦時の⼿数料が無料※(Free)でインターネット (internet)でもご購⼊いただけることから「iFree」と名づけました。


各ファンドの設定と運⽤開始は、平成 28 年 9 ⽉ 8 ⽇を予定しております。



とのことで、ラップ口座用や、確定拠出型年金(401k)専用という単語もなく、ノーロード(購入手数料無料)でSBI証券楽天証券にて購入できるとのことです。




iFree 日本債券インデックスも信託報酬0.14%と従来ファンドより低いファンド

また、iFreeインデックスシリーズ12本の一覧表では、他の11本と異なりiFree 日本債券インデックスだけは、信託報酬0.22%(税抜)とニッセイ国内債券インデックスファンドやたわらノーロード 国内債券(信託報酬0.15%)より高い信託報酬と思っていました。

よく見ると上の図ではiFree 日本債券インデックスの信託報酬は年0.14%(税抜)となっており、当初は見逃していましたが

  • 新発10年国債の利回りが1%未満の場合: 信託報酬0.14%

  • 新発10年国債の利回りが1%以上の場合: 信託報酬0.22%

と、なっており、今のように当然1%未満だと、信託報酬は年0.14%になっています。

iFreeインデックスシリーズ12本の一覧表も情報追加しておきます。




画期的な超低コストインデックスシリーズ

個人的には、自分のアセットアロケーション構成のために、今購入してるファンドより信託報酬の低い

  • iFree TOPIXインデックス (信託報酬0.19%)

  • iFree 外国株式インデックス (信託報酬0.21%)

  • iFree J-REITインデックス (信託報酬0.29%)

  • iFree 外国REITインデックス (信託報酬0.31%)


が投資対象候補です。

iFree 新興国株式インデックスは普通にMSCIエマージング・マーケット・インデックスをベンチマークとしてほしかったのですが、ファンダメンタル・インデックスであるFTSE RAFIエマージングインデックスをベンチマークとしているのが残念で候補に入れていません。

iFreeインデックスシリーズが、9月8日に無事に一般販売されることを楽しみにしています。

低コストインデックスファンドの実質コスト完全比較にもiFreeインデックスシリーズ情報は今後追加します。


関連記事

 [2016.09.08追記]
 iFreeインデックスシリーズ SBI証券と楽天証券にてノーロードで本日取扱開始

 [2016.10.01追記]
 iFreeインデックスシリーズ マネックス証券でもノーロードで取扱開始
関連記事
スポンサーサイト



TRACKBACK

2Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  • ダイワ投資信託の、iFree 新興国株式インデックスに乗り換える?
  • アナケンズ・スカイウォーカーさんのブログで、iFreeシリーズのことを知りました。 インデックス投資日記@川崎 『iFreeインデックスシリーズのプレスリリース発表 SBI証券と楽天証券でノーロードで発売へ』 低コストインデックスファンドの新シリーズがリリースされるそうです。 個人的には新興国株式クラスに期待したのですが、少し様子が違いました。 何が違うのか...
  • 2016.08.26 (Fri) 01:10 | ますい画伯とインデックス投資?
この記事へのトラックバック
  • 新たな超低コストインデックスファンドシリーズ「iFree」の誕生
  • kenzさんのブログや日本経済新聞で紹介されていますが、以前に紹介した超低コストなiFreeインデックスシリーズがSBI証券・楽天証券で登場するかも?これは期待!では一般販売の予想と期待でしかありませんでしたが、大和投資信託ホームページからプレスリリースが発表されました。 新たな超低コストインデックスファンドシリーズ「iFree」の誕生です!  参考  新...
  • 2016.08.26 (Fri) 06:47 | ほったらかし投資のまにまに