Top Page > インデックスファンド > iFree > iFreeインデックスシリーズのプレスリリース発表 SBI証券と楽天証券でノーロードで発売へ

iFreeインデックスシリーズのプレスリリース発表 SBI証券と楽天証券でノーロードで発売へ

news

超低信託報酬のiFreeインデックスシリーズ12本 大和証券投資信託委託が新規設定でお伝えしたiFreeインデックスシリーズについて、大和投資信託からも正式にプレスリリースが出ました。

投資家(Investors)が⾃由(Free)に選べるインデックスファンドとして、普通にノーロード(購入手数料無料)で当初はSBI証券と楽天証券で購入できるようです。



「iFreeインデックスシリーズ」(アイフリーインデックスシリーズ)は2016年9月8日よりSBI証券と楽天証券で発売

 新しいインデックスファンド・シリーズ「iFree」のお知らせ  | 大和投資信託 (PDF)


iFreeインデックスシリーズ

当社はインターネットを通じてお取引される投資者の皆さま向けに、低コストでさまざまな投資ニーズにお応えするインデックスファンド・シリーズとして「iFree」(アイフリー)を新たに設定します。
当シリーズは「投資、もっと⾃由に」をコンセプトに、投資者の皆さま(investors)が⾃由(Free)に選べるファンドシリーズであること、購⼊・換⾦時の⼿数料が無料※(Free)でインターネット (internet)でもご購⼊いただけることから「iFree」と名づけました。


各ファンドの設定と運⽤開始は、平成 28 年 9 ⽉ 8 ⽇を予定しております。



とのことで、ラップ口座用や、確定拠出型年金(401k)専用という単語もなく、ノーロード(購入手数料無料)でSBI証券楽天証券にて購入できるとのことです。




iFree 日本債券インデックスも信託報酬0.14%と従来ファンドより低いファンド

また、iFreeインデックスシリーズ12本の一覧表では、他の11本と異なりiFree 日本債券インデックスだけは、信託報酬0.22%(税抜)とニッセイ国内債券インデックスファンドやたわらノーロード 国内債券(信託報酬0.15%)より高い信託報酬と思っていました。

よく見ると上の図ではiFree 日本債券インデックスの信託報酬は年0.14%(税抜)となっており、当初は見逃していましたが

  • 新発10年国債の利回りが1%未満の場合: 信託報酬0.14%

  • 新発10年国債の利回りが1%以上の場合: 信託報酬0.22%

と、なっており、今のように当然1%未満だと、信託報酬は年0.14%になっています。

iFreeインデックスシリーズ12本の一覧表も情報追加しておきます。




画期的な超低コストインデックスシリーズ

個人的には、自分のアセットアロケーション構成のために、今購入してるファンドより信託報酬の低い

  • iFree TOPIXインデックス (信託報酬0.19%)

  • iFree 外国株式インデックス (信託報酬0.21%)

  • iFree J-REITインデックス (信託報酬0.29%)

  • iFree 外国REITインデックス (信託報酬0.31%)


が投資対象候補です。

iFree 新興国株式インデックスは普通にMSCIエマージング・マーケット・インデックスをベンチマークとしてほしかったのですが、ファンダメンタル・インデックスであるFTSE RAFIエマージングインデックスをベンチマークとしているのが残念で候補に入れていません。

iFreeインデックスシリーズが、9月8日に無事に一般販売されることを楽しみにしています。

低コストインデックスファンドの実質コスト完全比較にもiFreeインデックスシリーズ情報は今後追加します。


関連記事

 [2016.09.08追記]
 iFreeインデックスシリーズ SBI証券と楽天証券にてノーロードで本日取扱開始

 [2016.10.01追記]
 iFreeインデックスシリーズ マネックス証券でもノーロードで取扱開始
関連記事



【theme : インデックス投資
【genre : 株式・投資・マネー

tag : iFreeインデックスシリーズ アイフリーインデックスシリーズ

⇒trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ダイワ投資信託の、iFree 新興国株式インデックスに乗り換える?

アナケンズ・スカイウォーカーさんのブログで、iFreeシリーズのことを知りました。 インデックス投資日記@川崎 『iFreeインデックスシリーズのプレスリリース発表 SBI証券と楽天証券でノーロードで発売へ』 低コストインデックスファンドの新シリーズがリリースされるそうです。 個人的には新興国株式クラスに期待したのですが、少し様子が違いました。 何が違うのか...

新たな超低コストインデックスファンドシリーズ「iFree」の誕生

kenzさんのブログや日本経済新聞で紹介されていますが、以前に紹介した超低コストなiFreeインデックスシリーズがSBI証券・楽天証券で登場するかも?これは期待!では一般販売の予想と期待でしかありませんでしたが、大和投資信託ホームページからプレスリリースが発表されました。 新たな超低コストインデックスファンドシリーズ「iFree」の誕生です!  参考  新...
プロフィール

kenz

Author:kenz
川崎在住の40代サラリーマンのkenz (けんず)です。
妻(専業主婦)と二人です。2007年からはじめたインデックス投資の日々を記録します。

FacebooktwitterGooglePlusRSS

follow us in feedly


【メディア掲載履歴】
・東証 マネ部!にインデックス投資手法と投資に対する考え方の記事が掲載”
・「東証 マネ部!」と「webR25」初心者にオススメの投資先”
・東証 マネ部! 人気投資ブロガーが推奨する“初心者向け投資法”
・BIG tomorrow2016年12月号増刊
・BIG tomorrowマネー2016年10月号
・ビッグトゥモロウ2016年8月号
・日経ヴェリタス 2016年2月14日号
・ザイ・オンライン2016年1月13日
・Yen SPA! (エンスパ) 2016年 冬号
・日経ヴェリタス2015年11月15日号
・週間SPA!(スパ!) 2015年10/27号
・日経ヴェリタス2015年4月5日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2015年 冬号
・日経ヴェリタス2014年7月6日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2014年 夏号
・Yen SPA! (エンスパ) 2013年 夏号
・日経ヴェリタス2012年6月24日号
・日経ヴェリタス2012年4月29日号
・ネットマネー2012年6月号
・読売新聞2012年1月5日朝刊
・ビッグトゥモロウ11年12月号
・『THE21』2011年10月号
・Yen SPA (エンスパ)2011年夏号


【リンク】
当ブログはリンクフリーです。どの記事もご自由にリンク下さい。

メール(管理人への連絡はこちら)

クリックでメールフォームを表示

カテゴリ


最新記事
検索 (ブログ or Web内)
カスタム検索
スポンサーリンク
カウンター
注意事項
最終的な投資判断については自己責任でお願いいたします。未来は予見できないため、当ブログ内の情報により被った損害について一切の責任を負いかねます。
スポンサー リンク
Facebook
月次ページランキング
ブログパーツ
はてなブックマーク
月別アーカイブ
逆アクセスランキング



他の多くのお役立ち投資関連ブログは以下からどうぞ。
人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
厳選相互リンク
fx 比較